« ベガルタ仙台 VS サガン鳥栖 | メイン | 4月23日(土)ザスパ草津戦に向けて  »

ベガルタ仙台 VS サガン鳥栖 試合後選手コメント

<根引選手>

―今日の試合の問題点は
「結局、立ち上がりに1点取られたことによって、全てが台無しになったというか、前半に失点されるケースがずっと続いてて、試合前から今日は気をつけてアグレッシブに前まで行こうとプランではいたんですけども、立ち上がり早々の失点で全てが台無しになってしまって、結局追いかけるというか、ばたついた試合展開になってしまったと思いますけど。」

―試合の入り方の統一感という部分では
「試合前の円陣を組んだ時にアグレッシブに行こうというところで、ちょっとしたとこのミスというか、それを突かれた形ですけど、ああいう失点をしてはいけないし、やっぱり学ばなくちゃいけないとは思います。」

―試合の入り方の課題としては
「監督もそうだし、選手の中でも前半はしっかり、リスクを負わずにゼロで行って少ないチャンスの中から1点を取れれば良しという大まかなプランの中で、それを選手が消化しきれてないというか、監督が求めてる答えの中でちょっと僕ら選手が応えられてないのかなと思いました。」

―後半、メンバーが代わった事で落ち着きがなくなったのでは
「もう、点を取りに行かなくてはという、監督からしてみればメッセージだし、僕らもそういうつもりで行ったんですけど、少し前がかったところの裏をつかれてしまったのかなとは思います。」

―ホームで結果が出ないということについて
「本当に心強いサポーターが居る中で結果が残せないというのが悔しいことですし、ここんとこホームでは負けていますけど、ホームではいつも気持ち良くプレーしているつもりではいるんです。なかなか結果が伴っていなくて、本当にサポーターには申し訳ないと思ってます。」

<木谷選手>

―前線からラインまで間延びしていたように見えたが
「プレッシャーをかけに行くタイミングが悪かったと思います。行ける時に行かなかったり、相手のサイドバックが上がってきた時に、ボールを運ばせすぎたし、相手のサイドハーフへのプレッシャーが足りなかったと思います。ま、サイドハーフだけに問題があるわけじゃなくて、全体のコーチングとか、スライドの速さだとかそういうのも足りなかったと思います。」

―ホームで4連敗
「結果が出ていないからしようがないです。」

―ゲームへの入り方に問題があったように思うが
「入り方に関しては、常に試合前に言ってるんですけど。結局そこでやられているので。」


<梁選手>

―今日の試合を振り返って
「結果が、負けと言う事なんであまり言う事はないんですけども、今日もやっぱり立ち上がりがすごく悪くて、15分20分ぐらいで先に点を奪われて、そこで初めてエンジンが掛かり始めたのかなとはやってて感じました。」

―初めてのトップ下での出場だったが、連携などはどうだったか
「もうちょっとボールを引き出してそこから攻撃にかかっていければ良かったんですけども、なかなか前半は・・・相手も厳しく来るし、自分がスペースを空けてそこをFWの選手を使うように話をしてたんですけども、試合中になるとそういうのがうまくいかなくて、しっくりいかない試合でした。」

―前半と後半で、最後の方は圧倒的に攻め込んでいたように見えたがなかなか点が入らなかった
「結構、中が薄い場面がありました。ボールサイドに寄り過ぎて中が薄くなってしまって、ボールを上げてもそんな大きな選手もいないですし、こぼれ球を拾うということを意識しないといけないんですけど、皆がボールサイドに寄り過ぎて、中にボールが入ってもその時は中が孤立してるというか、そういう面もありました。」

―後半、選手が代わったことによって連携の悪さが失点につながった部分はある
「後半の失点は、前がかりになってて、カウンターで一発でやられた部分があって、あそこをしのいでおけばまたこういう展開になっていないと思うし、あそこで2点目を先に取られたということが全てだと思います。」

<富澤選手>

―今日の試合を振り返って。後半からの初出場だったが
「試合を通して、正直相手のチームを見習わなくてはいけない部分もあると思います。それは気持ちの部分だったり戦うという姿勢、皆が一丸となって戦っているという相手のスタイルというものは、戦術云々フ含め、チームでやるスポーツであったら持たなくてはならない部分なので、そういったところで相手を上回れなかったというのは思います。」

―後半、監督からどのような指示があった
「負けてる状況で、修正というものは前半相手のペースで、こっちがうまくいってない部分を改善するため、前半思い描いているパフォーマンスがうまく出せていなかったのか、チームの戦術としてフィットしていなかったそういう部分での交代だったので、まずはそういうところを意識して、自分の出来る事をこなそうというイメージを持ってピッチに入りました。」

―最終ラインから見て足りなかったものは
「戦う姿勢です。やっぱり足りないと思います。」

―今日、初めて仙台スタジアムに立ってみてどうだった
「負けてしまったんで、何も良いものは残らなかった状態ではありますけど、その中で振り返ってみて、後半何度か良いチャンスはあってチームとして良い形はあったんですけども。そこは自分も含め、皆高い位置から相手にプレッシャーをかけてどんどんずらしてボールを奪おうという姿勢が見えてたんで、そこは良い材料になったと思います。次はそこを最初からやっていきたいという気持ちです。」

―試合が終わり、一番最後にゆっくり引き上げてきたがあの時何を考えていた
「正直な事を言うと、何でああいった相手に負けたのか―自分で不思議で仕方ない気持ちでいっぱいだったんで、そういった気持ちを整理しながら引き上げて来ました。今日はとにかくサポーターの皆さんに非常に申し訳ない試合を見せてしまった気持ちが強いんで、今からでもグラウンドの方に立って謝りたいという気持ちがあります。とにかく、選手である以上、次の試合もあるんで、切り替えることが大事だと思います。皆、毎回毎回多少引きずっている部分があると思うんで、切り替えなくては次、良いパフォーマンスは出来ないんで、自分としてはまず切り替えて、そういう姿勢をチームに見せて行きたいと言う気持ちはあります。」

<試合終了後、スタンド席に残ったサポーターに対応した都並監督のコメント>
「市民から給料を貰っていると言う感覚もありますから、話をして不満を少しでも和らげてもらえればと思って話したんですけども・・・。この間バスを囲まれた時もそうですけど、愛が強いのはわかりますし、それは僕も誠意を持って応えるしかないので―。この間も話しましたけど危害を与えられる以外は何でもやります。ただ「辞めることを公約して欲しい」というようなことを言われましたけども、今の僕にはそのようなことはないということを言いました。ま、新人監督で力が足りないということで、僕は監督業をやりたくてこの仕事に就いて、日々勉強や経験も出来ているし、チームを前に進める自信はあるので、今は辞める気はないと言いました。」

―誰の判断でサポーターの前に立った
「僕です。自分自身の判断で。GMと社長が話をするからそれでおさめてくれと話をしたんですが、それじゃ済まされないということで。ここで僕が話さないと逆に不満を大きくされて、一番サポーターとしてやってはいけない暴動とか暴力みたいな形になるのはお互いにとっても良くないし、僕が出て話をすることで少しは不満がおさまるかなと思ったんですが、全然おさまらなく・・・。ま、納得はしないでしょうが、了解はして下さい、と言う事は言いました。」

―今後スタイルを変える気は
「スタイルは変えたくはないですけど、システムとかそんな問題じゃなくて、今日鳥栖が我々に見せてくれたものというのは非常に勉強になる部分はあるんじゃないかと思います。ひたむきさ、粘り強さ、激しさ、そういうもので、僕のサッカーのやり方がそれに蓋をしているのであれば、それは考え直さなきゃいけない―。だからシステム云々ではないと思うし、そこが多分サポーターの一番の不満の元であったんじゃないかと思います。全力で1つ1つのプレーに激しくぶつかっていくような、何かがそれを止めてしまっているような気がするんでそこを考えていかなきゃと思っています。」

コメント (5)

ベガ父:

居座ったサポーターといった言い方はどうか?
あなたがた取材スタッフは現場にいなかったのか?
現場にいたとして居座ったといった言い方をするのだとしたら傲慢に感ずる

Gフラッグ:

ま、だからこそあの場所からマスコミを遠ざけたのでしょう。
他局を見ても遠目からの映像等しかなかったですし…
サポが聞きたかったのは、監督からの直接の声。
何かのフィルターを通したものではなく…ですね。

あの場所に出てきて、話をしてくれた、という事だけでも
充分評価に値すると思いますよ。
だからこそ、最後は頑張れ、という声も飛んだでしょうし。

応援頑張り屋さん:

Gフラッグさん,そのとおりだと思います。
私は選手を応援するためバスが出てくるのを待っていたのですが
監督が乗っていないバスの中の選手は沈痛な表情をしてました。

きっと12番の声も届いていると思います。
みんなそれぞれの持ち場(?)で頑張りましょう。

ティー:

あの場で監督にコメントを求めても誰も納得しないのは当然。誰に不満をぶつけるべきか?相手を間違えてると思います。
気持ち的には充分理解はできるんですけどね。
もっと一昨年からの継続ということで考えて、目先の試合結果だけでない部分で意見をハンドレッド側にぶつける必要性はあるのでは?
ああいつるし上げの状態になるのを分かっていながら出てきてくれた都並監督には賞賛の声を素直に上げたいですね。

Gフラッグ:

メディアなんか見ていると、つるし上げとか罵声が飛んだとか
そういう面ばかりが目立っていましたが、決してそんな事は
無かったですよ(苦笑)

それに本来だったら結果が出ない段階で、自主的にサポの前に出て
謝罪なりする意志を見せるべきだったのかもしれません。

スタジアムに足を運ぶサポは、やはり目先の結果にこだわりますからねぇ…(苦笑)
もっとサポが成長しろっていう見方もありますが、それをやっては
観客選別に繋がるので、やはりどんな形のサポにでもフォローは
必要なのかなーと思いました。
その延長線上での出来事だったんですよ、このあいだのは。

これがあったからこそ、草津にも多数のサポが訪れたという事も
あるでしょうし。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)