2006年07月

2006年07月31日

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は8月12日(土)に行われます水戸ホーリーホック戦の観戦チケットをペアで1組の方にプレゼント致します。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆メールネームorFAXネーム
◆今週のキーワード
◆番組もしくはブログの感想など

を明記の上、どしどしご応募下さい。

今週のキーワードは“取りこぼしは厳禁!!”

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは8月3日(木)必着。
当選者は来週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

※また“あの選手にこんなことを聞いて欲しい!”と言うような質問・ご意見などもお待ちいたしております。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

ベガルタ仙台 VS サガン鳥栖 試合後選手コメント

【選手インタビュー:小針選手・村上選手・梁選手・ロペス選手】

<小針選手>

「ホームで勝てないというのはサポーターの方たちには本当申し訳ない気持ちです。勝たなきゃいけない試合も引き分け含めて落としてるし、今日も実際負けてしまいましたし・・・」

―後ろから見てて数的優位になったにもかかわらず攻めあぐねてる感じはあった?
「一人少なくなってから、あれが鳥栖のやり方だと思うので、新居一人残して、全員が守備でというのは後ろから見ててはっきりわかりましたし、ああいう風にしてくるだろうとはハーフタイムに話してました。とにかく後ろとしては次の一点入れられたら完全に終わりという意識でやってましたから、後ろは新居に注意して、あとは前の選手になんとか一点取って、まだ45分あるから、逆転しよう!と話をしてハーフタイムは終わったんですけど。」

―失点の場面もナイスセーブでしたが
「はじいた瞬間に、あそこに人が来てたから、一瞬オフサイドかな?と思ったんですが、ラインズマンはオフサイドの判定はしてなかったので、次のボールの対処をしようと思った時にセンタリングが上がって、ドフリーで打たれてしましました。その前に、試合の流れの中で、新居っていう点を取ってるFWがいて、実際動きも良かったし、ケアしなきゃいけなかったんですけど、新居にシュート打たれる場面で打たせなかったりだとか、打たれたとしても次のボールのところに反応するなり、僕自身がうまくはじき切れていれば、こういう失点につながらなかったと思うんですけど。」

―後ろから見てて、前節とホームゲームとの違いは感じましたか?
「特別明らかに何かが違うというのは感じなかったですけど、状況が前半のうちに相手が一人少なくなって11対10で戦う状況で、全体の流れとして決定機を作るということが出来なかったかなと思います。」

―ホームで5試合勝ちなし。そろそろ勝たないとという意識は?
「ホームで勝ちたいという気持ちは強くありましし、ホームで勝つということは勢いに乗る一つの要因でもあると思うので、どうしても勝ちたかったのが正直なところです。」

<村上選手>

―試合を振り返って
「監督が言うようにどのチームもよく、うちと試合するときは形を変えてくるというか、具体的に言えばロペスに一人つけてきて、退場しても更に一人つけてきてっていう事はあると思います。相手が一人少なくなったということで、もっとアドバンテージはあったと思うし、もっとチームとして攻めのバリエーションだとか、一つのやり方が相手に潰されるんであれば次、次としていかないといけないと思います。ハーフタイムとか監督からいろんな指示が出るんですけど、それを徹底出来ないというところがあると思います。」

―後半人数の優位が感じられなかったが
「ここ何試合かホームの試合で、分厚い攻撃が始まるのが後半半分過ぎてからというイメージもあります。この前の湘南戦が前半から前からみんなで行けたので、そういうイメージを持って入ったんですけど・・・。」

―ホームで勝てないことについて
「ホームゲームでこれだけたくさんのサポーターが応援してくれるチームというのは他にはないですし、サポーターの勝ちに飢えてる気持ちは良く感じてるので、何故か結果が出ないということは責任もあります。」

―良いゲームの後に悪い試合と、乗り切れない原因は何だと思いますか?
「選手の中で気持ちにムラがあるとかそういうのはないと思うんですけど、一つ一つの試合に対して、常に大切な試合だという認識を持って準備はしてますし、ホームもアウェーも変わらない気持ちでやってるんですけど・・・」

―次節神戸戦に向けて
「ここからまた1週間ずつ試合が空く流れになるので、まずしっかりまた神戸に対して良い準備をして、誰が試合に出ても良いように、みんなコンディション上げなきゃいけないと思います。また更に暑い時期になりますし、フィジカルの部分だけは最低限しっかり準備して、走り負けないのは大事だと思うんで、気持ちの部分をもっと全面に押し出していかなきゃいけないと思います。8月は上位との対戦が続くんで、今度は逆にその相手に良い準備をして良い戦いをして結果として残していけるようにしたいと思っています。」

<梁選手>

―久々のユアスタでのプレーでしたけど
「ちょっと緊張しましたけど、やっぱ良かったですね。」

―監督からは何と言われて入りましたか?
「ポジションについてはサイドバックじゃないけど、とりあえずロペスを中に入れて、お前は右サイドで攻撃しろという指示はありました。守備の時は右サイドバックにいなきゃいけないということもあって、ボールを取った後はどうしても低い位置からになっちゃうから、ちょっと自分的にもやってて難しい部分はありました。」

―初めてのポジションでしたか?
「いや、たぶん人生初めてのポジションです。前まで距離が遠かったですね。監督的にはロペスをもっと中でプレーさせたいというのが一番大きかったと思います。」

―次節神戸戦に向けて
「チーム的にも湘南戦で良い形で勝って、自信を取り戻せたと思ってた時にホームで負けてしまって、ちょっと自信という面で失くしかけてる状態かなとは思うんで、練習からやっていくしかないと思います。」

<ロペス選手>

―試合を振り返って
「今日はチーム全体が自分たちのサッカーが出来ず、良い流れをつかむことが出来ませんでした。ですが、まだ上に上がるチャンスというのは次の試合にも残されていますし、チャンスがあるということがチームにとっては良いことだと思います。」

―マンマークできつい試合になったと思いますが
「なかなか自分のプレーが出来なかったのが非常に残念です。今回マークが僕についてた分、僕はサイドに開いて、ギリギリサイドラインのところでなるべくプレーするように心がけました。そして真ん中の空いたスペースに新しい選手を中にどんどん入れてそこにパスを入れてチャンスを作ろうと思っていたんですけど、チーム自体がなかなか良いプレーが出来ていなかったので、そういうチャンスにつなげることが出来ませんでした。」

―なかなかホームで勝てないことに関しては?
「(ホームで勝てない原因の中で)考えられるのはホームの試合になるとみんな少し落ち着きをなくしてプレーをし合ってるところがあると思います。で、そこからミスが出てきたり、そこから攻撃されるのが多くなっています。アウェーの試合だと逆に選手のみんなが落ち着いてプレー出来ているので、やっぱりみんなが自分自身のプレーを信じてサッカーを出来ているのがアウェーの勝利につながっているのだと思います。次の試合までにもう一度トレーニングの中でそういうことを話し合って改善していきたいと思います。」

「今日、相手の選手一人が退場して僕たちが一人多かったにもかかわらず、落ち着いてきっちりボールを運んでゴールを決めることが出来ませんでした。その辺もしっかり落ち着きを持ってプレーしなきゃいけないというところに繋がると思うし、ここ5試合勝ててない原因だと思います。」

―試合中に落ち着きを取り戻すことは出来ますか?
「落ち着きを取り戻すのも必要なんですけど、やっぱりホームの試合で勝ちたいという気持ちが強いですし、それが少し自分たちの中でプレッシャーになっている部分もあると思います。サポーターのみなさんもホームで勝利が見たい、そして僕たちもサポーターに勝利を見せてあげたい、というのが自分たちの中でプレッシャーになっているところだと思います。次の試合では、もっと落ち着いてプレーしたいと思っています。」

―神戸戦に向けてとサポーターのみなさんに
「次の試合は落ち着きを持ってきっちりプレーして、頑張って勝利したいと思っています。僕たちに必要なのはサポーターのみなさんの応援だとも思います。そして一日も早くホームでサポーターのみなさんに勝利をプレゼント出来るように僕たちも頑張りますので、次も応援よろしくお願いします。」

「サポーターのみなさんも最後まで信じてくれて良いですし、僕たちもいつも100%を尽くしてJ1昇格という目標を実現できるように頑張っています。最後まで僕たちと一緒に戦い続けてJ1昇格を目指しましょう。」

2006年07月28日

7月29日(土)サガン鳥栖戦に向けて

           ボルジェス

  チアゴ      ロペス      関口          
         
        熊林      千葉      

村上     池田      木谷     中田
 
            小針


水曜日に行われたアウェー湘南戦からわずか中2日という強行日程で、明日はホームに鳥栖を迎えます。

続きを読む "7月29日(土)サガン鳥栖戦に向けて" »

2006年07月24日

ベガルタ仙台 VS 愛媛FC 試合後選手コメント

【選手インタビュー:池田選手・磯崎選手・関口選手】

<池田選手>

―初めて戦った愛媛の印象は?
「積極的にプレスもかけてくるし、攻めになったらリスクを背負ってでも両サイドバックはどんどん攻撃してくるし、攻めに枚数をかけて、勢いのある攻めをしてくる印象があったので、まぁ予想通りでしたね。」

―ホームでベガルタらしいプレーがなかなか出来てない感じがしますが
「ホームで勝てないというのは、あれだけたくさん来てくれるサポーターの皆さんに申し訳ない気持ちがありますし、そこは一番僕達が気にしてるところです。もちろんアウェーもそうですけど、ホームできっちり勝たないとなかなか勝ち点も伸びていかないんじゃないかと思います。」

―チアゴ選手の得点が入ってから流れが変わりましたね
「もちろんリスクを背負って攻めに出たというのも一つですけど、点を取らなきゃという気持ちが強くなったんだと思います。ホームなんでもっと前半からああいう攻め方をしないと。それまでもちろんチャンスも作ってましたけど、最初からああいう攻撃ができればもっと僕らは良くなると思います。」

―次節湘南に向けて
「僕個人としては気持ちの切り換えは出来るので、この引き分けてしまった悔しさをぶつけるしかないですね。気持ちの面だと思うので、ドローという結果を引きずらないようにしたいです。」

<磯崎選手>

―1点目を入れるまでチームの流れが悪かったように思えたが原因は?
「攻撃になってからの切り換えが遅いところとか、決めるところを決めれないとかいろいろ原因はあったと思います。」

―ホームでなかなか結果が出てないですが
「本当あとは決めるだけだと思います。」

―次節湘南戦に向けて
「はい。もう切り替えないとすぐ試合なので。切り替えてまた修正するところはして、湘南戦に臨みたいと思っています。」

<関口選手>

―どんなことを意識して試合に臨みましたか?
「攻撃に関しては裏に抜けることを意識してやっていたし、守備の時はサイドバックに対してしっかり前からプレスをかけれたらと良いなと思って試合に入って行きました。」

―前半15分くらいまでは3トップらしい攻撃に見えましたが
「そうですね。でも攻撃が単発になってしまってたんで。もっと厚みのある攻撃をしないと。点も奪い取れないんで。もっと枚数をかけたいです。」

―自身のパフォーマンスについては?
「前回と比べて最初から思い切っていけたし、ドリブルも仕掛けられたんで悪くはなかったと思います。」

―次節湘南戦に向けて
「またチャンスがあったら、もっと厚みのある攻撃をしたいです。サポーターの方も最後ブーイングで終わっちゃったんで、楽しめるサッカーをしていきたいなと思います。」

2006年07月21日

7月22日(土)愛媛FC戦に向けて

      ボルジェス     関口  

           ロペス        
         
     磯崎          熊林

           千葉      

村上     池田      木谷     中田
 
           小針

明日は、ホームに愛媛FCを迎えます。前節草津戦を振り返り「闘いの部分、ガッツの部分、根性を見せる部分が良かった」とサンタナ監督。

続きを読む "7月22日(土)愛媛FC戦に向けて" »

2006年07月18日

中島選手インタビュー

nakashima.jpg

取材日:4月25日

―現在のチームにはだいぶ慣れたことと思います
「慣れてきましたね。結構みんなと喋る機会も増えたし、仲良くやってます。」

―自分に何を期待されていると感じますか?
「やっぱりゴールじゃないですかね?FWなんで。」

―得意とするプレーは?
「ボールのない時の動き出しだったり、ディフェンスの裏を取る動きだったり、そういうのが得意です。」

続きを読む "中島選手インタビュー" »

2006年07月15日

7月16日(日)ザスパ草津戦に向けて

   ボルジェス   ロペス     関口          
         

     磯崎    千葉     熊林
      
 
村上     池田      木谷     菅井

 
            小針


明日は、アウェーで草津と対戦します。草津は現在12位。前節は神戸相手に逆転負けこそしましたが、一時はリードするなど決して油断は出来ない相手です。

続きを読む "7月16日(日)ザスパ草津戦に向けて" »

2006年07月13日

ベガルタ仙台 VS 東京ヴェルディ1969 試合後選手コメント

【選手インタビュー:高桑選手・池田選手・菅井選手・磯崎選手・ボルジェス選手・萬代選手】

<高桑選手>

―ゲームを振り返って
「失点は自分のミスで失点してしまってから、せっかく流れが良かった時にああいう、失点をしてしまって、自分の中でも反省してますし、やってはいけないことだと思うので、今後このようなことがないように切り替えていくことと、前半から相手のペースに合わせてしまってすごく全体的にミスが多かったのも事実ですし、やはりホームなのにこういうゲームをしてしまうということは、全体的によくなかったのかなと思います。」

―2失点目の状況は?
「ディフェンスにボールが来た時に、マイボールだったし、昇平もフリーだったので、自分が「オッケー」と声をかけました。その時に思った以上にボールが跳ねてしまって、ああいう失点をしてしまったということで、本当に申し訳なく思っています。」

―相手の脅威は感じなかったが
「ほとんど感じませんでした。本当に僕らがミスして自爆してしまったということで、情けなく思います。」

―次節までの修正点は?
「僕自身もまた一から切り替えてやることと、全体としてはもう少し、パス回しをうまくして、最後フィニッシュを確実に、ものにするということを意識していけば大丈夫なのかなと思います。」

<池田選手>

―ゲームを振り返って
「あんま振り返りたくないんですけど、非常に悔しいし、前半から自分達のサッカーがなかなか出来てなかったような気もします。ですが、すぐ次に試合があるので、反省するところは反省して、切り替えてやっていきたいです。」

―相手のマルクス選手は脅威でしたか?
「ボランチの2人直樹さんと敬太さん)でマルクスを見るということで、4人で2トップとマルクスを見るという約束事ではやっていました。マルクスはちょっとでもフリーにすると一発で仕事してくる選手なんで、注意してたつもりですし、守れたところは守れてたと思うんですけど…」

―個人的に振り返ると
「2失点してしまったところは反省点ですし、どこかしら課題もあるので、個人的には抑えることが出来たところもあったんですけど、結果が出なかったので、残念です。」

―4位に後退してしまいましたが
「次、すぐに試合があるので、この負けを引きずらないようにしていきたいし、次、勝って良い流れに乗っていきたいです。本当、引きずらないでいきたいです。」

<菅井選手>

―監督が「今シーズン最悪のパフォーマンスだった」と言っていたが
「それは正しいコメントだと思うし、戦えてない部分で、失点もしてるし、次に切り替えてというか、うまく草津戦につなげていければと思いますけど。やっぱり第三クールも始まったばかりなので、下を向いてる暇があったら、やっぱりもっとトレーニングをして勝てるチームにしていかなければと思います。」

<磯崎選手>

―自分の動きに点数をつけるとすれば?
「点数つけるというより、負けてるんで、結果は残らないですけど…。」

―マルクス選手について
「直樹さんと俺でうまく見れれば見ようということだったんですけど、俺が前目に出ちゃったことがあって、直樹さんに負担がかかって、ちょっとマルクスをフリーにさせる場面があったんで、それはまた修正する点の一つです。」

―1失点目の対処はどうするべきだったか?
「自分がやっぱりしっかり裏に抜けた選手に付いてれば、ああいう形にならなかったんですけど。自分のマーカーだったんで、自分の問題ですね。」

<ボルジェス選手>

―ゲームを振り返って
「今日の試合では、外してはいけない、外す方が難しいというゴールを外してしまいました。ああいう形で失点してはいけないシーンで失点してしまいました。逆に攻撃陣ではこれは失ってはいけないというゴールチャンスを失ってしまったのもたくさんあります。やっぱり一つのミスが全部につながってくるとも思いますし、今日の試合はもう終わりです。次の大切な試合も近づいてます。」

―PKの場面について
「今日のPKを3本蹴ったんですけど、2本目、3本目は1本目よりも落ち着いて蹴ることが出来ました。ですが、PKの得点というのは、僕達は勝たなきゃいけない試合を落としてしまったので、僕にはもう何の価値も無いゴールになりました。」

―4位に後退してしまいましたが
「この第三クールで全部を返して行きたいと思います。やっぱり今はもう全部忘れて、早く僕達のポジションである1位に帰ることだけを目標に、そして一つ一つ勝つということを目標にしていきたいと思います。次の試合も難しい試合になると思います。ここで勝つことを頭に入れてトレーニングしていきたいと思います。」

<萬代選手>

―ゲームを振り返って
「前半を負けた形で折り返すと、なかなか勝ちに結びつかないというか、やっぱり前半は最悪でも0-0の状態で、折り返したいという気持ちはあります。」

―個人的には?
「PKを取れたのはもちろん良かったですけど、それよりもその後の2本のチャンスを外してしまった方が悔しいし、最後の10分15分を見ると勝てる試合だったと思うし、そういう部分では本当に悔しい方が大きいです。(2本の決定機は)2つともトラップをしていれば、もうちょっと冷静に打つことが出来たと思うし、それは去年からも毎回、ゴール前では焦るなと言われて来たことなので、もう一度練習をし直してやっていきたいと思います。」

―4位に後退してしまいましたが
「今、4位というのは現実なので受け止めなきゃいけないし、もちろんこれからいくらでも挽回するチャンスはあるので。これから1試合1試合大事にして、最初の方は〝もちろん次があるから〟と切り替えられてましたけど、これからは1試合1試合が勝負となる時期なので、もう本当に死に物狂いで戦って行きたいと思います。」

2006年07月09日

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は7月22日(土)に行われます愛媛FC戦の観戦チケットをペアで1組の方にプレゼント致します。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆メールネームorFAXネーム
◆今週のキーワード
◆番組もしくはブログの感想など

を明記の上、どしどしご応募下さい。

今週のキーワードは“第二クールラストゲーム完封勝利!!”

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月12日(水)必着。
当選者は来週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

※また“あの選手にこんなことを聞いて欲しい!”と言うような質問・ご意見などもお待ちいたしております。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

【7月12日(水)東京ヴェルディ1969戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

「東京ヴェルディ1969戦観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。多数ご応募いただきました中から厳選に抽選を行いました。

当選者:青葉区 メールネーム : ゴウさん

当選いたしました。おめでとうございます。
「ゴウ」さんには東京ヴェルディ1969戦観戦チケットを発送いたしましたのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2006年07月07日

7月8日(土)ヴィッセル神戸戦に向けて

         ボルジェス          
         
  チアゴ              ロペス

     磯崎   千葉    梁      
 
村上     池田     木谷     菅井
 
           高桑


第二クール最終戦の明日は、勝ち点差わずか2ポイントで現在4位に迫るヴィッセル神戸との対戦です。

続きを読む "7月8日(土)ヴィッセル神戸戦に向けて" »

2006年07月04日

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は7月12日(水)に行われます東京ヴェルディ1969戦の観戦チケットをペアで1組の方にプレゼント致します。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆メールネームorFAXネーム
◆今週のキーワード
◆番組もしくはブログの感想など

を明記の上、どしどしご応募下さい。

今週のキーワードは“第二クール勝ち切れ!!”

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月6日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

※また“あの選手にこんなことを聞いて欲しい!”と言うような質問・ご意見などもお待ちいたしております。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。