2006年10月

2006年10月30日

ベガルタ仙台 VS モンテディオ山形 試合後選手コメント

【選手インタビュー:チアゴ選手・大柴選手・ボルジェス選手・木谷選手・中田選手】

<チアゴ選手>

―点が取れませんでした
「ダービーと言うことで特別な雰囲気でしたし、もともと難しい試合なので、点数もそう簡単に取れる試合ではないと思ってました。もちろんトライはしましたし、お互い点を取りに行ったけど結果的には点が入りませんでした。」

―点が取れ切れなかった原因は?
「山形のディフェンスの中のマークがやっぱりブラジル人に対してきつかったのが一つの原因だと思います。」

<大柴選手>

―この試合、梁選手からチアゴ選手に代わってみて
「2人は違う人間なんで、全く同じにようにならないのはわかってましたけど、本当にイメージが噛み合って、しっかり体も動いてというプレーはなかったと思います。」

―それはシュート数の数字にも出ていますか?
「そうですね。決定機がなかったから、その前のところで、良い形に持っていけなかった。やっててもチャレンジして失敗するという形ではなくて、みんなのイメージが合わなくてボールを奪われてというプレーが多過ぎたと思います。」

<ボルジェス選手>

―試合を振り返って
「引き分けの結果は、残念ですが、選手はみんな力一杯戦ったと思います。ですが、なかなかゴールシーンに繋がるチャンスというところでは少なかったので難しかったと思います。」

―点を取りに行く形で前線を攻撃的にしたが、それでも点が取れませんでした
「僕が現在J2の得点王ということもあって、僕に3番のブラジル人の選手が常にマークについてて、そのブラジル人の選手の後ろに更にもう一人ディフェンスが居た感じになっていました。その中でなかなかチャンスができなかったというのと、ロペス選手、チアゴ選手、大柴選手の3人も前掛かりのポジションに入っていたんですけど、僕達一人一人が自分達の役割を発揮できなかったと思います。」

―勝ち点を落としてはいけない状況で連続で引き分けですが
「徳島、水戸戦と続いて、今日の試合も引き分けに終わってしまって、本当に取らなくてはいけない勝ち点を落としてしまったことに関し居てはどうしようもなく寂しい、辛い思いで一杯です。」

―今日の結果で自動昇格がなくなってしまいましたが
「もう余計なことは考えないで、残り試合、自分達にできること、一つ一つの試合を勝って、その後どうなっているかと言うことを待つしかないと思います。」

―なかなか勝ち点3が取れませんが残り試合どう戦いますか?
「残りの試合を全試合勝たないといけないという言い方をしたんですけど、本当は近い試合から一試合一試合を勝っていくことが大切になると思います。そこで勝ってチームが勝利すれば、自然に次の試合も勝てると思うし、連勝が出来るようになると思います。まずは一つ勝つことが大事だと思います。」

<木谷選手>

―試合を振り返って
「もちろん勝たなければいけない状況ですし、勝ちにいきましたけど、引き分けてしまったということは自分達の結果ですから受け止めるしかないと思います。」

―今日の引き分けの内容については
「なかなかシュートまで行けなかったというのもありますし、結果、引き分けは引き分けですから。」

―シュート数が山形の半分だったことに関しては?
「ペナルティエリアの近くまでは行ってたと思うんですけど、そこからのアイディアが少し足りなかったと思います。周りのサポートもちょっと足りない時間帯もありましたし。いつものことではありますが。」

―前半に比べて後半良くなったと思うんですが
「多少セカンドボールが拾えるようになったと思いますが、前半がそこまで劣勢だったかというと、そうでもないと思います。」

―今日の結果で自動昇格が消滅しましたが
「今日引き分けたから決定したのではなく、40何試合の積み重ねの結果だと思います。それは選手一人一人が感じていかなければならないことだと思います。」

―次節3位柏戦に向けて
「とにかく柏戦に向けて、良い準備をするだけです。」

<中田選手>

―試合を振り返って
「前半はあんまり良くなかったんですけど、後半は多分山形よりも、山形の相手陣地にいることが多かったので、その中で一点でも取れたら勝てた試合だったと思います。」

―中田選手は90分間頑張っていて、後半は攻撃にも絡んでいました
「あのくらい頑張るのは、自分の中では当たり前だと思ってるので、その中でセンタリングにしても、トラップしてちゃんと相手に繋げることなど、ミスがあったので、そこをまずしっかりして、その上で頑張りがあって、そこから点に結びつくようなプレーをこれからも心がけて行きたいです。」

―ダービーと言うことで意地と意地のぶつかり合いでしたが内容的には?
「前半は悪かったと思います。シュート数も相手の半分くらいしか打ってないし、ボルジェスのところで、今日はあっちの章吾(小原選手)が狙っていて裏はないというようなディフェンスの仕方で完全にもう前だけ狙ってたんで、あれをやられるとボルジェスもキープしづらいのかなと言う感じはしましたけど。」

―数字上、自動昇格は消えましたが残り試合どんな気持ちで
「やっぱり見に来てくれるお客さんがいる限り、僕達はプロなのでやらなきゃいけないし、その中でも来年に繋がるようなプレーを毎試合毎試合心がけて行きたいです。」

―決定機が作れなかった原因は?
「一つは縦パス狙い過ぎで、カットされるか、ボルジェスでキープ出来なかったか、そこが全てだったんじゃないかなと思います。簡単に外を使って、また貰ってそこから縦パスと言う感じの方が相手も嫌なんじゃないかなという感じはしますけど。」

―富田選手が入ってから流れも変わったように見えましたが
「晋伍のところで、こぼれ球をうまく拾ったりだとか、うまく落ち着かせてくれたので、その間に自分がディフェンスラインから抜けて前へ上がれたのが、後半はすごく多かったので、それは良かったと思います。」

「本当だったらああいうプレーは前半からやりたいのが本音ですね。ただ我慢するところは我慢しなきゃ失点を食らったら意味が無いので、そこは上がるタイミングも考えながらやってました。」

―今後に向けて
「あのくらいのプレーは全員が体張ってやらないと見に来てくれるお客さんも満足しないし、その中でも自分もセンタリングミスとかトラップミスがあったんで、そういう部分は課題かなと思います。自分達はプロなので、1試合1試合勝利目指してみんなでやるだけです。」

2006年10月27日

【みちのくダービー】10月28日(土)モンテディオ山形戦に向けて

          ボルジェス

大柴        チアゴ         ロペス

    熊林            千葉          
 
磯崎     池田     木谷     中田
 
            小針

明日は今季最後の、みちのくダービー山形戦。ホームユアスタに山形を迎えます。

続きを読む "【みちのくダービー】10月28日(土)モンテディオ山形戦に向けて" »

2006年10月25日

ボルジェス選手インタビュー

<ボルジェス選手>

P1010864_1.jpg

―現在、自分のコンディションなどをキープするために心がけていることなどはありますか?
「僕はタバコも吸いませんし、お酒も飲みません。そして食事にも気を遣っています。ビタミンも摂りますし、ゲームや練習が終わった後も何か体をケアするためにいろいろやったりしています。」

―ブラジルとのプレースタイルに一時は悩んだそうですが、今に至るまでどのように吹っ切れましたか?
「良い結果を残すようになり、自分も得点することが出来るようになってからだと思います。でも実際、ブラジルのサッカーと日本のサッカーは大きく違います。」

続きを読む "ボルジェス選手インタビュー" »

2006年10月24日

【モンテディオ山形戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

10月28日(土)に行われます今季最後のみちのくダービー、モンテディオ山形戦の観戦チケットプレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただきました中から厳選に抽選を行いました。

当選者:青葉区 メールネーム : ダラックマさん

当選いたしました。おめでとうございます。
「ダラックマ」さんにはモンテディオ山形戦観戦チケットを発送いたしますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2006年10月21日

10月22日(日)水戸ホーリーホック戦に向けて

          ボルジェス

大柴        ロペス         梁

    熊林            千葉          
 
村上     池田     渡辺     中田
 
            小針


明日はアウェー笠松運動公園陸上競技場で水戸ホーリーホックと対戦します。

続きを読む "10月22日(日)水戸ホーリーホック戦に向けて" »

2006年10月19日

ベガルタ仙台 VS 徳島ヴォルティス 試合後選手コメント

【選手インタビュー:磯崎選手・富田選手・小針選手】

<磯崎選手>

―今日はどんな気持ちで試合に臨みましたか?
「いつもと変わらないですね。平常心で。」

―何度も攻撃に参加する場面が目立っていましたね
「攻撃参加しても、もっと良いクロス上げないといけないし、もっと良いタイミングでサポートしなきゃいけないんで、回数は増えて来ましたけど、質をもっと上げていきたいです。」

―イエローを貰ってしまって次節出れませんが
「あの場面はファウルしないで止められれば一番なんですけどね。もちろんファウルするつもりはなかったんですけど、イエローを貰ってしまって残念です。」

―引き分けの結果には
「もちろん勝つつもりでやってますし、勝ち点3を取らなきゃいけなかったんですけど…。まだ試合は続くんで、最後まで全力で戦って行きたいです。」

―試合後、拍手もブーイングもなかったことについては?
「1試合1試合全力で戦うだけなんで、そんなに気にしてないです。」

―残り6試合に向けて
「最後まで頑張ります。」

<富田選手>

―試合を振り返って
「引き分けじゃ全然納得できないし、勝つしかないんで、自分ではどんどん前に出て、攻撃の意識を強く持ってやったつもりだったんですけど、自分でもボールを貰ったのに下げる場面が結構あったし、それではボールを貰っても意味ないんで、もっと前を向いてプレーしないと攻撃の起点にはなれないですね。」

―サイドからの攻撃の指示は出てましたか?
「いや、そういう指示は出てないですけど、ボールを持ったらとりあえず自分はさばいて、ちょっと前でプレーしろとは言われました。もうちょっと前でボールを貰えたら良かったんですけど…。」

―富田選手が入ってから流れが変わったように見えましたが
「勝ちたかったので。自分の中でも前でプレーしたいというのがあったので出来るだけ前でプレーするように意識してました。」

―攻撃のチャンスも何度も作れてた
「自分じゃわからないですけど、流れを変えたいと言うのはありました。交代で入るからには変えないと意味がないですし。でも勝てないと本当意味がない。引き分けとか全然負けに等しいです。」

―引き分けの結果には
「可能性がなくなるまで全部勝って、そうすれば何かが起こるかもしれない。全然諦めてないし、勝つしかないです。下を向いててもしょうがないので、本当にまだ可能性はあるし、残りの試合も全部勝つ気持ちでやりたいと思います。」

<小針選手>

―試合を振り返って
「いつもと変わった雰囲気でゲームに入ったわけではなかったですね。失点した時間帯というのも後半開始早々で、その後も得点するチャンスも何回もあったのに、そこで決め切れなかったことが今日の結果を招いてしまったと思います。」

―3位柏と勝ち点差10というのは
「今日引き分けた結果によってというより、何試合も前から厳しい状況だったんで、今日の引き分けによって更に厳しくなったことには変わりないです。僕達選手は数字の可能性がある限りやるし、例え可能性がなくなったとしても試合がある限り戦わなくちゃならないんで、その辺は考え過ぎずに一戦一戦大事に戦って行きたいと思います。」

2006年10月15日

【今週のプレゼントのお知らせ】

10月28日(土)に行われます今季最後のみちのくダービー、モンテディオ山形戦の観戦チケットをペアで1組の方にプレゼント致します。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆メールネームorFAXネーム
◆今週のキーワード
◆番組もしくはブログの感想など

を明記の上、どしどしご応募下さい。

今週のキーワードは“モチベーションを高く!!”

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは10月19日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

※また“あの選手にこんなことを聞いて欲しい!”と言うような質問・ご意見などもお待ちいたしております。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

【10月18日(水)徳島ヴォルティス戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

「徳島ヴォルティス戦観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。多数ご応募いただきました中から厳選に抽選を行いました。

当選者:泉区 メールネーム : ホーリーパパさん

当選いたしました。おめでとうございます。
「ホーリーパパ」さんには徳島ヴォルティス戦観戦チケットを発送いたしますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2006年10月13日

10月14日(土)愛媛FC戦に向けて

         ボルジェス

大柴        ロペス         梁

    熊林            千葉          
 
磯崎     池田     木谷     中田
 
           小針


明日はアウェー愛媛県総合運動公園陸上競技場で愛媛FCと対戦します。

続きを読む "10月14日(土)愛媛FC戦に向けて" »

2006年10月09日

【今週のプレゼントのお知らせ】

10月18日(水)に行われます徳島ヴォルティス戦の観戦チケットをペアで1組の方にプレゼント致します。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆メールネームorFAXネーム
◆今週のキーワード
◆番組もしくはブログの感想など

を明記の上、どしどしご応募下さい。

今週のキーワードは“今後に繋がる戦いを!!”

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは10月12日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

※また“あの選手にこんなことを聞いて欲しい!”と言うような質問・ご意見などもお待ちいたしております。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

【菅井選手のサイン入りミニフラッグ当選者発表のお知らせ】

「菅井選手のサイン入りミニフラッグ」プレゼントの当選者を発表致します。多数ご応募いただきました中から厳選に抽選を行いました。

当選者:泉区 メールネーム : Mikeさん

当選いたしました。おめでとうございます。
「Mike」さんには菅井選手のサイン入りミニフラッグを発送いたしますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2006年10月07日

【天皇杯3回戦】10月8日(日)ロッソ熊本戦に向けて

          ボルジェス

大柴        ロペス         梁

    熊林            千葉          
 
磯崎     丸山     木谷    中田
 
            小針


明日は第86回天皇杯3回戦。ユアスタにロッソ熊本を迎えます。

続きを読む "【天皇杯3回戦】10月8日(日)ロッソ熊本戦に向けて" »

2006年10月02日

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週の“この選手に直撃~!”のコーナーのゲスト、菅井選手のサイン入りミニフラッグを抽選で1名の方にプレゼント致します。

present.jpg

present2.jpg

菅井選手のサイン入りミニフラッグです。“交通安全”と貴重なメッセージ入りです!

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆メールネームorFAXネーム
◆今週のキーワード
◆番組もしくはブログの感想など

を明記の上、どしどしご応募下さい。

今週のキーワードは“奇跡を信じて最後まで諦めるな!!”

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは10月5日(水)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

※また“あの選手にこんなことを聞いて欲しい!”と言うような質問・ご意見などもお待ちいたしております。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

ベガルタ仙台 VS ザスパ草津 試合後選手コメント

【選手インタビュー:ボルジェス選手・チアゴ選手・ロペス選手・熊林選手・池田選手・中田選手・小針選手・梁選手】

<ボルジェス選手>

―チアゴも復帰してブラジル人3人でゴール出来たことに関しては?
「チアゴ選手は良い形でチームに合流出来たと思います。チアゴ選手はこれで自分自身のモチベーションを上げることになるでしょうし、今日の勝利についてはブラジル人選手だけじゃなくて、選手みんなの力が揃っての勝利だと思っています。」

―3ゴールのうち、いちばん印象的なゴールは?
「3点目です。自分のスピードを生かして得点出来たと思うので。」

―あれは狙ってた?
「FWである以上、どういうボールも自分の方にこぼれてくると思いながらプレーしないといけないので信じていました。」

―同点ゴールによって気持ち的に乗れましたか?
「試合前のミーティングでも監督からヘディングからの失点には気をつけようと言われていたんですけど、注意されていたことが試合の中で起こってしまって、あの時間帯はチーム全体が落ち込んでしまいましたが、早い時間帯で同点に追いついて、次にロペス選手が逆転ゴールを決めてくれたので、またそこでチームが蘇ったと思います。」

<チアゴ選手>

―試合を振り返って
「難しい試合になるだろうとは思っていました。僕が今までホームでベガルタの試合を見てきた中で、一番良い試合をしたと思います。もちろん、草津の方も良いチームだったんですけど、そのチームに対してこう得点が出来たのも嬉しいですし、もちろん結果がついてきたのも監督、スタッフみんなに感謝しています。」

―復活戦でゴールを決めました
「ベガルタのみんなのおかげで幸せな気持ちを味わうことが出来ました。ここ最近、松葉杖で歩かないといけないくらいの怪我でショックを受けて帰国したいとなと思ったりもしたんですけど、監督、コーチ、周りのスタッフ、選手のみなさんが僕のことを親切に助けてくれて、こうしてまたグランドに戻ってくることが出来ました。今日の得点もみんなに感謝したいと思っています。」

―ベンチ入りはいつわかったのですか?
「スタジアムのロッカールームに入って、僕の背番号のユニフォームがあったので、そこでベンチ入りがわかりました。ゲームから遠ざかっていたんですけど、自分のユニフォームを見て凄く嬉しい気持ちになりましたし、ジョエル監督に感謝しています。」

―開幕戦以来、ブラジル人3人でゴール出来たことに関しては?
「僕自身も復帰ゴールということでとても嬉しい気持ちになりましたし、ロペス選手もサッカー人生で一番キレイなゴールを決めたとも思います。ロペス選手も凄く幸せだと思います。」

<ロペス選手>

―スーパーゴールを振り返って
「すごいパーフェクトなゴールだったと思います。パーフェクトなパスが来て、トラップをした瞬間に背中を向けていたので、オーバーヘッドしかないという状況だったので、思った通りのプレーが出来たと思います。」

「今までのサッカー人生の中で、オーバーヘッドではないんですけど、他にもカッコ良い得点をしたことはあります。今日みたいなオーバーヘッドは初めてなので、これも僕のサッカー人生の中で記憶するべきゴールになったと思います。」

―貴重な逆転ゴールでした
「今日のマーク、ディフェンスはそれ程強くはなかった。その中でゴールチャンスはたくさんあったんですけど、僕たちのミスで得点しきれなかった部分もありました。そういうところをもっと改善していく必要はあると思います。対戦相手には敬意を持って戦わなければいけないんですけど、今日の草津はマークが少し緩く感じました。その緩さが僕たちにチャンスを与えてくれたと思いますし、その部分で得点できなかった部分はきっちり次につなげていかないといけないと思います。今日は僕たち自身も良いプレーが出来たと思うので、この調子をキープして次の試合に向けて頑張りたいと思います。」

<熊林選手>

―どんな気持ちで試合に臨みましたか?
「ここで勝たなければチームとしても個人としても、この後先大事な一戦になると思っていたんで、勝つことによってチームのメンバーも変わらないだろうし、チームの雰囲気も良くなるだろうし、個人的にも評価を得られるだろうし、いろんな意味で勝って、そこから何かが生まれるだろうなぁと思っていました。」

―試合を振り返って
「草津は下の方のチームなので、そういうチームに取りこぼすというのは本当に痛いと思うし、僕たちは昇格争いを諦めたわけじゃないので、1試合1試合勝っていくだけなんで、そういう部分では良かったと思います。」

―自身のプレーを振り返って
「チームの勝利に貢献というのは自分のプレーではあまり出来ないんですけど、その中でも踏み台にしてもらって、台になりつつあるのかなと思いますけど。」

―個人的に新しく披露された応援歌については?
「応援されるのはすごい嬉しいし、良い応援歌だと思います。やっぱり勝ってる時に歌って欲しいですからね。今日は残念ながらお客さんがいつもよりか少なかったんで、出来ればもっと多いところで聞いてみたいなと思います。」

―第4クール残り試合も勝利で
「これで全部勝って、例え昇格争いが出来なくても、来年に必ず繋がると思うんで、そういうところはプロとして責任を持って戦いたいと思います。」

<池田選手>

―セットプレーでの失点の原因は?
「一人一人のマークの意識だろうし、意識してでもやられてしまうときもあるし、その辺は一人一人の意識になってると思います。誰のせいとかじゃなくて、一人一人が気持ちを強く、セットプレーの時は今まで以上に気持ちを集中してやれば、やられないメンバーだと思います。」

<中田選手>

―アシストも決め、内容的には満足ですか?
「前半はだいぶ前にも顔出せたし、アシストも出来たし、良かったですけど、後半になってちょっときつかった部分もあります。」

―梁選手の連動も良かったですね
「梁とは長くやってますから、梁が下がったら自分が上がってとか、そういう連動というのはうまく出来たと思います。」

<小針選手>

―試合を振り返って
「連敗して嫌な雰囲気の中で、とにかく勝つということ、これだけのサポーターが来てる中で結果を出したいというのが第一だったので、失点もありましたけど、とにかく点は取れたし、ホームで勝てたし、選手達も次からという気持ちになれるような勝ち方だったんじゃないかと思います。」

―ボルジェス選手の3点目については?
「結果としてアシストがついてくれたんで(笑)それはどうでも良いですけど。彼がああやって点を取って、個人タイトルということもあるんで、それの一つとしてアシストがついてくれたのなら良かったと思います(笑)」

―どんな気分ですか?
「おまけみたいなもんで(笑)アシストにするつもりで蹴ったわけでもなかったし、ボルジェスが前で体張って自分のボールにして、ゴール入れたわけだから、本当、アシストはおまけですね。」

<梁選手>

―連敗の後、どんな気持ちで試合に臨みましたか?
「このままズルズル行くのも嫌だし、可能性がゼロになってから、プレーするというのもモチベーション的にも難しい部分がありますし、とりあえず何がなんでも絶対勝たなきゃいけない試合でした。今日一勝したからと言って劇的に状況が変わるわけじゃないんですけど、自分たちのサッカーを続けていければ勝てると思うんで、その辺はみんなで話し合いながらやりたいと思います。」

―その自分たちのサッカーとは?
「やっぱりボールを繋ぐというのが自分たちのサッカーだと思います。今日みたいにみんなが動きながらボールを回して、最後はしっかりゴールを決める、というサッカーをしていきたいと思います。」

―次に向けての反省点は?
「セットプレーでの2失点です。横浜戦でも2失点してますし、大事なところはセットプレーの修正ですね。」