« 【今週のプレゼントのお知らせ】 | メイン | 【第19節】ベガルタ仙台 VS 湘南ベルマーレ 試合後選手コメント »

【第19節 6月2日(土)湘南戦に向けて】

明日はホームに湘南ヴェルマーレを迎えます。湘南とは第一クール、アウェーでの開幕戦で戦い、2-1で勝利しました。
現在、湘南は勝ち点が27で5位につけています。

木曜日に行われた練習では、高い位置で守る湘南に対する戦い方、マークの確認など細かい指導のもと、紅白戦が行われました。

日本代表に選ばれた萬代選手を欠く明日の布陣ですが、好調の中島選手と2トップを組むのは関口選手が濃厚のようです。関口選手の先発は今季2度目となります。練習では、関口選手の他にロペス選手などとも組ませてオプションを試していました。

<望月監督>

0531_kantoku.jpg

「チャレンジャー精神を貫き通したい」

―湘南というチームについての印象を
「もともと自分が二年前まで居たクラブですけど、戦い方と言うか積極的にボールを動かそうという意識があるのと、前節のセレッソ戦に関しては、前半リードした後の後半のしっかりとした守備の意識がされているのかなと。そこから二点取ったのは非常に良いカウンターだなと思いました。セレッソが前がかりになっているところだったので、リードした時の戦い方を少しずつ出来ている感じもしますね。自分達はしっかりリスクのマネージメントをして、その辺は日頃から選手達としっかりと話し合いをしてますけども、前回の山形戦のようにみんなが動くというのをベースにありながら、その結果に誇らずに、自分達は限りなく最後までチャレンジャーということは貫き通したいと思っています。」

―現在のチームの状態はどうですか?
「5月は勝てないゲームが何試合かありましたけれども、自分達が成長する中での出た結果で、日頃トレーニング、プレーしている結果なんで、その中に勝ちもあれば負けもあるというのは絶対に出てくることですし、その中で自分達を成長させるというのが一番のキーワードなので。山形戦に勝てたんで、ポジティブな部分の方が強く出てますけども、それを結果だけではなく、勝とうが負けようが常に自分達はチャレンジャーということは忘れずに、そういう意味では非常に前向きに湘南戦は戦えると信じています。」

―湘南戦は萬代選手が不在ですがその影響は?
「萬代個人にとってもチームにとっても、J2からオリンピックの選手が選ばれることは良いことですし、そこで彼が頑張ってチームに帰って来た時にチームに与える影響というのは大きいのかなと思いますし、チームにとってプラスになっていると思います。彼が抜けた部分は居る選手で十分戦えると信じてますし、選手達も自信を持ってやってくれていますので、その部分に関しては萬代には申し訳ないですけど、心配はしていません(笑)」

<ロペス選手>

0531_rope.jpg

「特別なゲームになると信じている」

―現在、調子の方はどうですか?
「良くなって来ています。山形戦ではそれまでのゲームより走ることも出来ましたし、動くことも出来たと思います。ただテクニックの部分をもう少し磨いていかないといけないかなと感じています。」

―湘南戦に向けた意気込みを
「自分にとってはプレー出来ると言う意味で非常に良い機会だと思っています。ベストを尽くしたいと思っています。」

―紅白戦ではトップの方をやられていましたが手ごたえは?
「少し違和感はありました。4年ぶりにFWをやったんですけれど、本番でしたらゲームの熱い状態の中ですんなりとこなせると思うんですけど、練習でやると少し違和感を感じたりする部分はありますね。」

―今季は得点が少ないような気もしますが
「第一クールだけを見ても去年よりか少ないですね。もしかしたら去年と役割が違っていて、守備に戻ったりして、あまり前に行けてないのかもしれません。自分のゴールもですが、とにかくチームのためのプレーをしたいと思っています。」

―湘南戦でバースデーゴール(6月1日誕生日)を決めて自分にご褒美を上げるのはどうでしょう?
「自分でも点を取りたいと思っていますから、練習でも少し前に行こうという意識は持っています。もう3試合点を取っていませんから、そろそろ点を決めたいですね。そしてホームゲームではかなり長い間点を取っていないので、自分の誕生日だからゴールのプレゼントが欲しいですね(笑)自分が今好きなチームでプレーしていますから、このホームゲームで点を取ったらサポーターのみなさんと一緒に祝いたいと思っています。連敗の後、この前勝利しましたけれど、更に首位に近づいていくために、勝利したいと思います。特別なゲームになると信じています。」

<関口選手>

0531_sekiguchi.jpg

「得点に絡めれば」

―湘南戦に向けた意気込みを
「自分のやってきたことをやることをやるだけだと思っているんで。やることは変わらないと思います。」

―練習では中島選手との2トップを組んでいましたが手ごたえは?
「去年からずっとやってて、裕希さんの癖とか特長もわかっているんで、そんなに気にしないで普通にやっていました。」

―スタメンが濃厚ですが
「今日はスタメン組で出てたんですけど、まだ時間もあるし、また監督が決めると思うんで、まだ決まったわけじゃないんで・・・。」

―試合に出れたらどんなプレーを心がけたいですか?
「絶対勝つというのは条件の一つだと思いますし、その中で自分が得点に絡めたり、点を決められたら良いと思います。」


「FWも中盤もやることは一緒。チャンスをモノにしたい」と関口選手。中島選手とは「言いたいことも言える仲」ということで、食事を一緒にしてはプライベートでもコミュニケーションをたくさんとっているようです。

湘南戦は望月監督にとっては古巣対決。「自分の知っている選手も多いので、正直言って負けたくはない。」と本音もちらり。
「心理的にも今度のゲームは非常に大事なゲームになる」と力強く話していました。

前節のみちのくダービー山形戦では、チャレンジャー精神を取り戻したベガルタですが、明日の湘南戦も、このチャレンジャー精神を貫き通し、より強く気を引き締めて戦って欲しいと思います!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://izumiku.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/75