« 林 卓人選手加入記者会見 | メイン | 【今週のプレゼントのお知らせ】 »

【第22節 6月16日(土)京都サンガF.C.戦に向けて】

0615_setplay.jpg

明日はアウェー、テクノポート福井スタジアムで京都サンガFCと対戦します。
前節から中二日の厳しい日程ですが、本日行われた練習では、ミニゲームの他に主にマークの確認、セットプレーの練習などで汗を流していました。

前節福岡戦で膝の負傷で途中交代した菅井選手は、軽いランニングなどの別メニュー調整で、今回は遠征には帯同せず、大事を取ってお休みのようです。

メンバーは菅井選手に代わってミニゲームで主力組に入っていた中田選手のスタメン起用が濃厚のようです。中田選手のスタメンは第14節のアウェーコンサドーレ札幌戦以来となります。

望月監督曰く「虎視眈々とこのポジションを待っていた選手がいるんで今回はその選手にチャンスを与えようと思った」と笑顔で冗談交じりに話しながらも「練習の中で積極的にアクションを起こしているし、良い状態に出来上がっている」と中田選手を評価していました。

明日は中田選手の活躍にも期待したいですね。

<望月監督>

0615_kantoku.jpg

「相手より強い気持ちで臨むこと」

「京都もJ1昇格を争うライバルの一つのチームですし、前半からしっかり良い入り方をして粘り強いゲームをしたいと思っています。まずここで京都さんを叩く事で、また勢いに乗れると思いますし、まだ成長段階なので階段を一歩二歩確実に昇りたいなと思っています。その為には非常に大事なゲームだと思います。」

「勝てれば勝ち点3以上の価値のあるゲームだと思います。自分達としては前回ホームで1回やられているんで、一度やられた相手に二度も三度もやられたくはないんで、やはりそのリベンジは必ずしなきゃいけない。この気持ちの方が強いですね。そういう気持ちで臨めるゲームだと思います。」

「3連戦は今シーズン、選手達は既に経験してますし、自分達でどうやってうまく持って行くか、ということは少しずつ慣れては来ています。3連戦の3つ目というのは相手より強い気持ちで臨むことです。もう一回自分達が持っているものを全て出すというところが一番大事なんで、それをどれだけグラウンドの中で心理的に強く出来るかなというところですね。」

<渡辺広大選手>

0615_kohdai.jpg

「相手の選手をどんどん追い込んで行きたい」

―今季初めてのスタメン3連戦ということでコンディションの方は?
「そんなに疲労もありませんし、大丈夫だと思います。」

―京都の印象は?
「FW、中盤、ディフェンスに良い選手が居るんですごく手強い相手だなと思います。」

―意気込みを
「個人でやると危ない場面も作られたりするんで、そこはやっぱりディフェンスの選手とボランチの選手とで連携を取り合って、数的有利な状況を作って、相手の選手をどんどん追い込んで行きたいと思っています。3連戦の3戦目ということで、一番大事だし、この2位争いは団子状態になっているんで、そこを抜け出すにはこの1試合はすごく大きいと思うので、絶対勝って仙台に帰って来たいと思っています。」

―勝ち続けて札幌に追いつきたいところですね
「札幌は頭ひとつ、ふたつ抜けちゃっているんで、〝その後ろにすぐ仙台がいるぞ!〟ということを思わせることも大事だと思うので、しっかり勝ちたいと思います。」

―第二クールから出場機会が増えてますが手応えの方は?
「ある程度やれている部分もありますけれど、この間は1-0で勝ちましたけど、失点も結構多いんで、もっと頑張らないと行けないと思っています。1-0で勝つというのは守備の選手にとって自信になるし、すごく嬉しかったんですけど、小針さんのスーパーセーブに助けられた部分もありましたし、そういうところで自分がマークを外してしまったり、細かい部分で言えばそういうミスがあったので、それをもっと減らしたり、ゼロにしないといけないんで、そこをもっと詰めて行きたいと思っています。」


京都とは第一クール、前回の対戦でホームで0-1で負けています。そのリベンジの為にも、明日は負けるわけにはいきません。2位と3位の直接対決ということで、しっかりと勝利を収めて来て欲しいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://izumiku.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/82