« 【今週のプレゼントのお知らせ】 | メイン | 【第49節】東京ヴェルディ1969 VS ベガルタ仙台 試合後選手コメント »

【第49節 11月10日(土)東京ヴェルディ1969戦に向けて】

setplay_1108.jpg

明日はアウェー東京・味の素スタジアムで東京ヴェルディ1969と対戦します。

現在3位の仙台と、2位のヴェルディとの勝ち点差は5。

勝てば2差に縮まるので、今季残り4試合の中でも、最大の大一番とも言えます。

ヴェルディと言えばフッキ選手を初めとした攻撃力はJ2屈指。この脅威の攻撃力には警戒が必要です。

8日の練習前にはビデオを使った30分以上のミーティングが行われたようです。

2時間の練習は主に、ヴェルディを想定した紅白戦。途中何度も中断しながら戦術を確認し、ヴェルディ対策を入念に行っていました。

前節福岡戦から2週間。その間、練習試合を行うなど「時間があった分、十分にその時間を割いて確認が出来た」と望月監督。準備期間はばっちりで明日は万全の体勢で臨めるようです。

そしてこの2週間では怪我で戦列を離れていたロペス選手とファビーニョ選手も復帰。明日は共にベンチ入りが濃厚のようです。

<ロペス選手>

ropez_1108.jpg

「100%ではないが、かなり良くなってきている。このような決定戦と言えるような重要な試合は大好きだからもちろんプレーしたい気持ちはある」

「ヴェルディは今シーズン、唯一勝っていない相手なので勝つためのモチベーションというのは更に強くなる。(ヴェルディが)自分達より上の順位、そして今季一度も勝っていない相手ということで皆が倍のモチベーションで挑まないといけない」

<萬代選手>

3試合連続ゴールで現在チーム得点王の萬代選手。明日もゴールへの期待がかかります。

「この2週間はずっとビデオを見て研究したり、練習でもヴェルディの布陣に応じた戦術とかもやってきた。準備はしっかりやってきたつもりなので、あとは“気持ち”だけ」

「ヴェルディに勝てば、自動昇格が自分達の手で取れるくらい近づく。これからの4試合の中で一番大きな試合になると思うので、気を引き締めていきたい。フッキ以外にも良い選手はたくさん居るし、注意しながら数少ないチャンスの中でも決めることが一番大事」

「勝つためには自分達のサッカーをすること。相手には強力なFW陣もいて、そこをどう抑えるのかというのがポイントになってくると思うが、個人としては自分達のサッカーをして、相手の2トップに仕事をさせないくらいに、こっちが圧倒出来れば一番良い。厳しい試合で、また1点を争うような試合になると思うが、決定機を確実に決めて、チームとしてしっかりどんな形でも得点が取れれば」

萬代選手は「今のこの状況に来て良いプレッシャーを感じつつ、楽しんでやれている」と笑顔を見せていました。

<林選手>

hayashi_1108.jpg

「いつも通り、しっかりとした組織を作って、ここ何試合か出来ているリスクマネージメントをしながらやれれば問題ない。フッキだけじゃなく、どんな時もフリーでシュートを打たれるのはキーパーとしては難しい状況。ディフェンス陣とコースを限定しながらうまく連携が出来れば勝利につながると思う」

林選手とフッキ選手は昨シーズン、札幌時代に共に闘ってきています。
「フッキはヴェルディに行って間違いなく成長しているし、そういう選手とやれるのは楽しみ。彼は正直J2レベルではないと思うので、対戦できるのは経験になる。全力でぶつかりたい」と意気込んでいました。

今季ヴェルディには2敗1分とまだ一度も勝ててませんが、望月監督は「平常心で挑み、今出来ることを100%やりきるだけ」と力強く話していました。

明日の大一番には約1万人のサポーターが仙台から駆けつけるようです。

そのサポーターに向け、ロペス選手は「仙台を今、J1に復帰させ貢献出来るチャンスがある。心の底から好きな仙台のために頑張りたい」

萬代選手も「こういう状況だからこそ、遠くまでも観に来てくれると思う。たくさんのお客さんが観に来てくれることで、僕達の力にもなるし、声援に助けられることも何度もあったので嬉しい」と話していました。

明日はベガルタゴールドに染まった味スタで勝利を掴み、笑顔で仙台に帰って来ることを期待したいと思います!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://izumiku.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/132