« 【今週のプレゼントのお知らせ】 | メイン | 【第51節】京都サンガFC VS ベガルタ仙台 試合後選手コメント »

【第51節 11月25日(日)京都サンガF.C.戦に向けて】

kohakusen_1123.jpg

明日、25日(日)はアウェー、西京極総合運動公園陸上競技場で、京都サンガF.C.と対戦します。

3位京都と4位仙台との直接対決の大一番。京都に勝ち点差2で迫る仙台は、勝てば3位に浮上する大事な一戦です。

今週は前節湘南戦の課題や反省を修正してきたようです。

「京都に対して、どういう気持ちで行くかはここ一週間、いっぱいみんなで話し合った」と岡山選手。

23日金曜日に行われた練習でも「木曜日に雪が降って思うような練習が出来なかった分、ちょっとの時間でも修正し合おうという感覚でやった」と気迫溢れるプレーでチームを鼓舞していた姿が印象的でした。

<岡山選手>

okayama_1123.jpg

「京都に対しては今までの積み重ねで順位が下という状況。自分達は下のチームとして戦っていきたい。負けたら12月1日にユアスタに帰ってきても意味がないという思い。勝ってユアスタに帰って来たいというのはみんなで話しあっている」

<望月監督>

kantoku_1123.jpg

望月監督は「自然体で平常心が大事。自分達のサッカーが90分間出来れば理想的だが非常にタフなゲームになることが予想される。タフなゲームを乗り切る強い気持ちと、もう一つは焦れないということ。ゲームの内容に焦れずにしっかり最後の最後まで自分達をコントロール出来るようなゲームが出来れば勝ち点3を取って帰ってこれると信じている」とメンタル面が鍵となることを強調していました。

明日は累積警告で千葉選手、萬代選手を欠く一戦です。

「代わって入った選手も集中している。誰が入ってもしっかり戦えているし、入った選手の良さを活かすのは今まで通り」と言いながらも「もう一度、みんなが揃った状態でゲームに臨むためには、ここ2つは必ず勝たなくてはいけない」と力を込めていました。

「ここまでホーム&アウェー、全てのゲームに関して、たくさんの方々が駆け付けて来てくれているというのは本当に自分達の大きな力。京都戦もアウェーだが是非たくさんの方々に、足を運んでいただいて、後押ししてもらいたい。それがあって一年間、ここまで自分達は戦えて来てる。是非熱い応援をお願いしたい」

明日は千葉選手に代わるボランチにはジョニウソン選手の出場が濃厚です。久々の先発出場となるジョニウソン選手は「スタメンであってもそうでなくても練習で常にハードトレーニングをして、コンディションを維持してきた。今回チャンスが巡ってきたので自分のコンディションを見せたい」と意気込んでいました。

相手が100の準備をしていたら、自分達は200、300の準備で挑まないといけない

「とても重要なゲームでこの京都戦に勝てばJ1に上がれる可能性が大きくなる。勝たないといけないゲームでは先に点を取って、相手が出てきたところをしっかり抑えて、そこからより大きなスペースを利用して追加点を狙いに行きたい」と抱負を語っていました。

<木谷選手>

kitani_1123.jpg

「湘南戦でいくつか出た課題を、紅白戦の中で選手間同士で話し合った。その部分を次の試合に活かして、今までの良い部分を継続して出せれば。まずはしっかり目の前の試合に集中して、この前出来なかった自分達のやるべきことをもう一度見直して、それがしっかり試合に出せるようにしたい」

「仙台で待ってくれている方達の期待を裏切らず、良い形でホームの試合を迎えられるように、まずは京都戦を強い気持ちを持ってしっかり戦ってきたい」

京都は、秋田選手が今季限りでの引退を発表し、その秋田選手のためにも気持ちをひとつに試合に臨んでくることが予想されます。

対する仙台も千葉選手を「もう一度ピッチに立たせたい」という一致団結の思いでピッチに立ちます。

岡山選手も「もう一回直樹が帰ってこれる舞台を作りたい。これまでベガルタを引っ張ってきた直樹のためにも入れ替え戦に行けるように頑張りたい」と力強く話していました。

明日の大一番には西京極まで1000人以上のサポーターが仙台から駆けつけるようです。

まだまだ望みはつながっていますが敗れればJ1昇格が消滅。絶対に勝つしかない一戦です。

明日はこの一年間やってきたことをピッチで爆発させ、チーム一丸となって勝ち点3を奪取してきて欲しいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://izumiku.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/136