2008年05月

2008年05月30日

5月31日(土)湘南ベルマーレ戦に向けて

明日31日土曜日はホームに湘南ベルマーレを迎えます。

現在、湘南は勝ち点28で3位。今季調子を上げてきているチームです。

湘南は開幕戦で黒星をつけられた相手。
「今回はホームだし借りは返したい」と監督が話していたように、この第二クールではしっかり白星を上げて欲しいところです。

明日は何人かの選手の入れ替えがあるようです。

菅井選手の怪我で右サイドバックには前節同様、田村選手が入るようです。

菅井選手の怪我による長期離脱を受けて「ベガルタ仙台はひとつの武器を失ったということで、残された選手一人一人が自分の武器をもっと磨かなきゃいけない。1人のカバーをみんながするという覚悟はもう出来ている。彼がいない間でもチームが良い状況でいられるような努力をしていこうという話をした」と手倉森監督。

左サイドバックにはコンディション不足の磯崎選手に代わり、今季初スタメンに意欲を見せている田ノ上選手の出場が濃厚です。

手倉森監督は「仕掛けという部分でうちのサイドバックの上がりがベガルタらしい攻撃に関わってくるポジション」と話しており、両サイドバックの活躍を期待したいです。

そして明日はスタメンを外れる中島選手に代わり、田中選手が初スタメン、そしてユアスタデビューとなるようです。

手倉森監督も「彼自身今、すごく調子良い。FW陣の中で一番正確性を持っていて、味方FWと一番連動して動けるFW」と信頼を寄せていました。

木曜日に雨の降る中、行われた紅白戦では、平瀬選手と2トップを組み、声を掛け合いながら積極的にゴールを狙っていました。

現在ベガルタは勝ち点26で5位。

湘南に勝利することで、また順位を大きく上げることが出来ます。

これ以上の連敗は避けるためにも手倉森監督は「湘南戦は仕切り直し。ホームに帰ってきてすっきり勝ちたい。勝つことで負けた悔しさの鬱憤が晴れる。もう一回自信を取り戻す試合にしたい」と力強く話していました。

ホームでは未だ負けなしです。明日はホームでの勝ち点3を期待しましょう!

<田村選手>

tamura_0529.jpg

右サイドバックの手応えは
「ボールを持った時に、左に居る時よりも前を向けたりとか、(前回)ミスはあったんですけど、縦に繋いで自分の中では良いイメージを持ててるんで、右は左の時よりも攻撃に絡む回数も増えると思うし、良いアピールになるかと思います。」

今後は右サイドバックで
「自分の出来ることをやって、チーム力を下げないようにしっかりやりたいです。守備をしながら、上がっていく時には、アシストもまだ記録してないんで、アシスト出来るようなセンタリングを上げて行きたいと思ってます。」

左サイドバックの田ノ上選手との連携
「誰が出てもしっかり自分の責任をやる必要があると思います。得点に絡むようなプレーとあとは、相手が上位の湘南ということで、開幕で負けてる分をしっかり叩きたいと思います。アウェー2戦やって勝ち点を思うように取れなかったので、内容も含めてですけど、結果にこだわっていきたい。自分のプレーをしっかりやれれば、チームのためにもなるし、勝敗に関わるような仕事が出来れば一番良いと思っています。」

<田ノ上選手>

tanoue_0529.jpg

スタメンのチャンス
「待ち遠しかったです。チャンスなんで頑張りたいと思います。攻撃的なサイドバックなんで、それをどんどん出して行きたいと思います。」

ベンチから試合を見てきて
「キャンプから日に日にコミュニケーションも取れてきてるんで、一体感のある良いチームになってきてると思います。怪我をした選手のためにも、勝ち点3を取りたいと思います。」

湘南は開幕戦で負けてる相手
「負けてるんで今度は勝ちたいです。ホームでは負けなしで一年間を終えたいので一生懸命頑張りたいです。」

サポーターに向けて
「お久しぶりです(笑)頑張ります!」

<田中選手>

tanaka_0529.jpg

いよいよ初スタメン
「チャンスが貰えれば精一杯チームの勝利に貢献出来るように頑張りたいと思います。」

試合に絡めない期間はどのような思いで
「最初のキャンプで怪我してしまって、正直自分でもキツイ立場になったんですけど、PTやトレーナーの方たちがいろいろ励ましてくれたんで、その間は焦らずじっくり治して、周りからチームを見て、自分が出たらこうしようとか考えながらチームを見てました。」

平瀬選手とのコンビネーション
「なるべく2トップが近い関係を保っていこうと平瀬さんに言われたので、平瀬さんが受けるのなら自分が、スペースに流れたりと意識して動いてました。」

初スタメンそしてホームデビュー
「初めてユアスタでたくさんのサポーターが居る前で、FWとして求められるのはやはりゴールだと思うので、しっかり結果を出せるようにどんどんゴールに絡めるように行きたいと思ってます。」

2008年05月26日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【5月31日(土)湘南ベルマーレ戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

「湘南ベルマーレ戦観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は佐藤由紀彦選手でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 柴田郡 メールネーム : るるさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「るる」さんには湘南ベルマーレ戦観戦チケットを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

present_atsushi.jpg

present_atsushi2.jpg

今週は永井選手のサイン入りクリアファイルを1組の方にプレゼントいたします。
永井選手の好きな言葉“夢”と入った貴重なものです!

【プレゼントクイズ】

Q.第1クール最終戦の対戦相手チームはどこでしたか?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは5月29日(木)必着。
当選者は来週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2008年05月19日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【萩原選手サイン入りカーアクセサリー当選者発表のお知らせ】

「萩原選手サイン入りカーアクセサリー」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は梁選手のキャプテンマークの色「青」でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 青葉区 ラジオネーム : ハーギーさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「ハーギー」さんには萩原選手サイン入りカーアクセサリーを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は、5月31日のホームゲーム、湘南ベルマーレ戦の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【プレゼントクイズ】

Q.第12節広島戦、第13節甲府戦と2試合連続勝利を決定づけるアシストをした、右サイドのスペシャリストは誰でしょう?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは5月22日(木)必着。
当選者は来週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

【みちのくダービー第14節】ベガルタ仙台 VS モンテディオ山形 試合後選手コメント

【選手インタビュー:平瀬選手・梁選手・佐藤選手・永井選手・木谷選手】

<平瀬選手>

―見事な逆転勝利。今の気持ちを
「最高ですね。ダービーで勝てたんで嬉しいです。」

―どのあたりが今日は一番良かったですか?
「前半はちょっとちぐはぐな場面があって、先制されたんですけど、後半は監督のゲキもあり、選手達ももう一度やり直そうということで、気合入ってたし、(ハーフタイムで)岡山が泣いちゃったんですけど、それで岡山の分もみんなで取り返そうということで、一生懸命になってみんながやってくれたんで逆転に繋がったと思います。」

―それがよりチームが一つになった部分もありますか
「それは大きいんじゃないですかね。一人のせいじゃないんで。点を取られたら、みんなで取り返すという強い気持ちが今日の試合に出たんじゃないかと思います。」

―1点目のゴールを振り返って
「本当、裕希があそこで粘ってくれて、頭でちょんでしたけど、よく自分でも詰めていたと思いますし、でもあれは本当裕希が頑張ってくれたんで、半分裕希の得点だと思ってます。」

―FW陣がしっかり結果を残す試合が多くなってきました
「周りがFWを活かそうという動きをしてくれるし、FWとしてもすごく今やりやすくプレーしています。」

―改めてダービーで戦ったこのスタジアムの雰囲気は?
「いやぁ~!最高ですね。ぶっちゃけダービーと言っても日本のダービーはたかがしれてるなと思ってたんですけど、いざ試合に入ってみると全く違う雰囲気で、すごく鳥肌が立ちましたし、おもしろかったです。」

―サポーターの声援は力になりましたか?
「完璧力になりましたね。後半3点取れたのも、やっぱりサポーターの〝気〟っていうんですかね?吸い込まれているような。すごく応援も良かった。鳥肌が立ちました。」

―ホーム負けなしはサポーターの力も大きい?
「大きいですね。やっぱりホームでは負けたくないんで。優勝するにはホームでは負けたくないし、本当はアウェーでも負けちゃいけないんですけど、アウェーでは負けないように引き分け以上を狙って、ホームでは勝って行けば昇格出来ると思います。」

―チームは4連勝です。勢いは?
「この前の4連続引き分けをチャラに出来たんで、今度はまたプラス1をつけれるように頑張ります。」

―次節以降の意気込みを
「あまり気負わずに、楽しくまとまってやっていければ良いと思うし、必ず勝ちます。」

<梁選手>

―試合を振り返って
「前半にこっちのミスで2点を失ったんですけど、最後までみんな諦めずにやった結果が後半みたいな形になって、良かったと思う部分と、前半ああいう失点はしてはいけないという反省と、両方あります。」

―同点ゴールとなった2点目を振り返って
「中原がシュートを打ったので、とりあえず詰めようと思っていたら、ああいう形でボールが来て。あとは本当、上手いこと入ってくれたなという感じですね。」

―逆転の3点目のアシストについては?
「自分がシュートを打つには角度がなかったので、とりあえず中に速いボールを、というのを意識して蹴ったんですけど。中で本当上手くユキさん(佐藤選手)が合わせてくれたので、良かったです。」

―前半と後半でチームの雰囲気はどうでしたか?
「前半はあまり動きも少なくて、ちょっとしたミスも多くて、なかなかリズムがなかったんですけど、逆に2点ビハインドとなって、後半は本当攻めるしかないと開き直れた部分もあったし、相手が早い時間帯で10人になったというのもあったと思います。」

―相手が10人になってからの戦いやすさは?
「やっぱり10人になった瞬間、チームとして〝攻める〟という意思統一も出来たと思うし、それ以上にサポーターの声援が、押せ押せという、そういう雰囲気で、スタジアム全体を作ってくれたんで、すごく力になりましたね。」

―改めてダービーを戦った後の気持ちは?
「山形のサポーターも、仙台には負けたくないと思っているだろうし、もちろん仙台のサポーターも山形には負けたくないと思っている。そういう状況の中で、ホームでこういう形でしたけど、勝てたのは良かったと思いますし、とりあえず3連勝で止めずに、4連勝という形で次のアウェーに臨めるのは良かったと思います。」

―まだホーム負けなしですが、サポーターの力は大きいですか?
「そうですね、やっぱり本当押せ押せという雰囲気を作ってくれるので、選手も乗れるし、今日はその声援に応えられたので、満足はしていますけど、でもまだまだ苦しい試合は続くと思うので、一緒に戦って行ければ。ホームでは負けないと思います。」

―今日の試合で何かまたチームにひとつプラスされたものはありますか?
「ひとつは〝勢い〟というのはついたと思うし、広島戦、甲府戦も最後まで粘り強く戦って勝ち点3をもぎとって来たんですけど、今日はその勢いを加速させるような勝ち方だったと思うので、今日は今日で満足して、熊本の試合もあるので、明日から切り替えて、この勢いを壊さないように、アウェーでもしっかり勝ちたいと思います。」

―試合後岡山選手を囲むように喜びを爆発させてましたが
「ハーフタイム中にオカさんが自分で責任を感じちゃって、悔し涙を流してたんで、それを見ててもこの試合は絶対勝ちたいと思ってたし、本当みんなの力で勝てたと思うので、少しずつですけど、チームはレベルアップしていってるんじゃないかなと思います。」

―今後、九州勢の戦いが続きますが、良い勢いがついたのでは?
「そうですね。この2連戦は本当に大事だと思うので、この連勝の勢いをそのままアウェーに持っていって、勝ち点3。それだけを目指して、またみんなで頑張っていきたいと思います。」

<佐藤選手>

―3点目のゴールシーンを振り返って
「梁を信じて走ってました。」

―今日のゴールは前節ハッピーバースデーを歌ってくれたサポーターのみなさんに対するお礼ゴール?
「そういうことにしておいて下さい!(笑)」

―試合を振り返って
「サッカー選手をやっていて良かったなと思いました。このスタジアムの熱気、J2でもこれだけお客さんが入ってくれて、仙台を後押ししてくれるサポーターがいて、その中で自分がピッチに立てることの幸せを実感したし、そこでまた結果が出たということで、喜びを覚えました。」

―ゴールを決めて一目散にサポーターの前に行きましたが
「やっぱりホームでは、引き分けは許されないと思ってやっていますので。決勝点が取れて、興奮はしましたね。」

―移籍後初ゴールは〝ここしかない〟というところで来た気がします
「そうですね。チームも良い流れで3連勝でしたし、今日みたいな劣勢な状況になっても、やっぱりこうやってひっくり返せるというのは、本当に良い方向に向かっていると思いますので、その一員に自分がなれたというのは、ほっとしています。」

―ここまで途中出場から2試合連続アシストということで良い活躍を見せられたのでは?
「やっぱり求められている時に結果を出す選手にこれからもなりたいですし、試合が始まって、やっぱり仙台のサポーターが〝山形だけには負けたくない〟というそういうテンションも感じていたので、本当に良かったです。」

―山形のサポーターにも活躍を見せられましたね
「自分が躍動というか、ピッチの上でプレーしている姿が山形へのサポーターへの恩返しだと思ってますので、自分はそこだけしか表現出来ないので、これでまたより一層励みにはなります。」

―試合終了後、岡山選手が泣いていたそうですが?
「いやもう30(歳)になったんで、いい加減やめてほしいっすね(笑)29までは許したんですけど、30になったらあり得ない、ということは一応言っておきました(笑)

―1人のミスをチーム全員で取り返せたというところはまとまりのあるチームということですね
「自分はハーフタイムは(岡山と)一緒にいなかったのでわからなかったんですけど、聞いた話によると、みんながオカを慰めると言う言い方は変ですけど、奮い立たせて、攻撃陣が絶対に(点を)奪い返してあげるという言葉がたくさん出ていたということだったので。本当にうちは、そういう意思の疎通が取れているところが絶対的な強みだと思ってますので、これからはそれはみんなでやって行きたいです。」

―これで4連勝です
「J1に昇格するチームというのは、あまり良くない内容の状況でも勝ち点3を取れるしたたかさがあるチームだと思ってますので、正直この4連勝の中にはすごく内容の良かった試合もあれば、難しい試合もあったけど、これで勝ち点が取れているのは、絶対J1への道は近づいてきていると思うし、これからも厳しい戦いは出てくると思うんですけど、サポーターのみなさんには内容よりも結果を見て欲しいですね。」

―来週、ミニキャンプが組まれますが、これまでシーズン中のキャンプの経験は?
「去年、J1だったので、中断期間のキャンプと今回のキャンプは違うと思うんですけど。今回はキャンプと言うより、移動距離を少なくするという意味での滞在になるとは思うんですけど。中断期間のキャンプだったら、多分課題は出ると思うんですけど、シーズン中なので、コンディションですね。そこを気をつけたいと思います。」

<永井選手>

―すごく良い雰囲気のダービーでしたが、やっていた選手たちはどうでしたか?
「やっている選手としては、やっぱり観客の声援はすごかったんですけど、前半はうちが消極的というか、そういうプレーが多かったので、ハーフタイムも〝2点取られたし、切り替えていこう〟とみんなで話し合って、後半にああいう結果が出たのだと思います。」

―試合の入り方に問題があった?
「3連勝してたから、ちょっと天狗になってたわけじゃないんですけど、僕達の方が上だ!的なちょっとした余裕みたいな、そういうのがあって、あっちは一生懸命前からプレスをしてきてたので、その違いが前半は出たのかなと思います。」

―後半は見違えた展開でした
「2点差から逆転出来ることは、そうあることではないし、本当に力がついてきたなという感じはみんな受けていると思います。」

―このようなゲームはJ1昇格に近づいている、そんな手ごたえの方は?
「今日試合終わった後も、オカとかが〝このチームはJ1に行ける〟みたいな感じで言ってたんで。連勝することによって、どんどん勝ち点も積み重ねて行くし、今、団子状態ですけど、それがどんどん開いていくので、この連勝は大事かなと思います。」

―前半のプレーと後半のプレーで違ったところは?
「前半から後半のような動きが出来れば、苦しい展開にもならなかったので、その辺が修正点かなと思います。」

―このまま連勝をのばして行きたいですね
「去年が確か4連勝が最高だったんで、今年は5連勝、6連勝と行けるようにみんなで頑張りたいです。」

―足の具合はどうですか?
「徐々に良くなってきて、やれって言われれば出来る状態なので、心配はしてないです。練習では別メニューで調整してたんで、練習不足というのも自分でゲームの中で実感してたし、今日1試合したことによって、ゲームが何よりも練習なので、次、その次あたりは良いプレーが出来るんじゃないかと思います。」

<木谷選手>

―後半修正した部分はどの辺ですか?
「前半の修正する部分は単純な部分だったんで、もう一度気持ちの部分でやり直そう!ということですね。技術的なことよりかは。あとはもう攻撃的に行くしかなかったし、これ以上失点しないように、1点ずつ返していくっていう状況でした。」

―木谷選手自身、惜しいシュートシーンもありましたが
「今日はそれよりもディフェンスの部分で反省したいと思います。すみません!」

―今後に向けて
「幸いなことに3日後にまた試合があるので、今日の前半は反省するところはして、あとはもう忘れるところは忘れて、次に向かってまたやっていきたいと思います。」

―これで後の九州勢の戦いに勢いがつきますね
「今日はあの良い攻めを見せてくれましたし、後ろは迷惑をかけましたけど、勢いというよりかはもう一度反省して、良い形で迎えられるようにしたいと思います。」

―是非勝ち点6をお土産に
「そうですね。行くからにはしっかりと取れるだけ取って帰って来たいと思います。」

2008年05月17日

【みちのくダービー】5月18日(日)モンテディオ山形戦に向けて

kohakusen_0515.jpg

明日18日日曜日は、ユアスタにて今季初のみちのくダービーです。

ベガルタは現在勝ち点22。対する山形は19でその差は3。
明日は絶対に落とせない一戦です。

3連勝中と波に乗っているベガルタ、山形も前節水戸を相手に快勝するなど調子も上向きということで明日は拮抗した戦いが予想されます。

みちのくダービーということで、チームもサポーターも互いの街も非常に盛り上がる、プライドを懸けた一戦です。

4連勝に向け、勢いに乗っていきたいところです。

熱戦を期待しましょう!

<佐藤由紀彦選手>

yukihiko_0515.jpg

―今日(15日木曜日)も最後までFKの練習をされてましたが
「そうですね。1本決めたいですね。フリーキックで。」

―まずは前節甲府戦を振り返って。自分の蹴ったボールがゴールに繋がった瞬間はどんな気持ちでしたか?
「やっぱり嬉しいですよ。本当みんなで分かち合う喜びが他に代えることが出来ないくらい嬉しいものなので。ま、あのためにサッカーやってると言っても過言ではないくらい嬉しいですね。」

―試合前のアップの時にメインスタンドに向かって手を振ってましたね
「あれは“お誕生日おめでとう”っていう弾幕を作ってくれた人に、ありがとう的な感じで手を振りました(笑)」

―そして甲府戦は32回目のお誕生日だったということで。勝利も出来てみんなに祝ってもらって最高の誕生日となったのでは?
「本当サッカー選手で良かったですね。そう思った瞬間でした。大勢の人達に歌を歌ってもらうというのと、チームメイトからああいう祝福を受けて、本当自分は幸せ者だなと思いましたね。」

―恒例の小麦粉と卵での祝福は?
「いや、あれは本当不意をつかれましたね(笑)なんかでもおかしかったんですよね~。ハギが俺を呼んで肩組んで“前行こうよ!”みたいなことを言って来て、いつもコイツこんなこと言わないのに…なんて思いながら、でも勝って楽しいからワーイワーイなんてやってたら、後からああ来たんで…(笑)完全にハマりましたあれは。彼の術中に…(笑)みんなして嬉しいですね~(笑)」

―試合後のインタビューでは誕生日ということで特に意識してなかったと言ってましたが、これまで自分の誕生日に勝利と言うのはありましたか?
「平日が多くて、誕生日に試合が重なるということは多分なかったのかな…。あったのかもしれないですけど記憶にないです。なので多分人生初です。ああやってサポーターの方に歌を歌ってもらったのもそうですし。卵と小麦粉は何回かあるんですけど。」

―試合後は“佐藤由紀彦バースデー劇場”でしたね!
「劇場つければいいってもんじゃないですけどね(笑)試合前も、円陣を組んだ時に、監督とハギが“ユキヒコが誕生日だから飾ってあげよう!”って言ってくれまして。それが今の仙台を象徴してるのかな…。やっぱり一体感があるというか、誰かのためにやってやろう!ってところが、僕自身、期間は短いんですけど、このチームを好きになってる理由の一つでもありますね。」

―今、チームはすごく良い状態ってことですよね
「そうですね。監督も言ってたんですけど、ちょっとのきっかけを大きくして話してくれるというか、今回も自分の誕生日で、余計士気が上がるというか。小さいことを気づいてくれるので、やっぱり嬉しいですよ。」

―現在、佐藤選手自身、コンディションをキープするために心がけていることなどはありますか?
「子供と一緒に寝ることですね(笑)子供が寝るのが早いので。」

―睡眠をよくとるということですか?
「そうですね。21時半くらいには寝ます(笑)よく食べよく寝る感じです(笑)子供達に自分の生活のリズムを逆に作ってもらってるという感じですね。」

―佐藤選手のモチベーションはやはり家族?
「家族はありますよね。やっぱり家族も仙台という未知の地に足を踏み入れて、それなりのリスクをかけてここまで来てくれたんで、自分も責任というか、サッカーで恩返しをしたい気持ちは強いですね。」

―次節はみちのくダービーということで、佐藤選手にとって山形は古巣でかつて在籍したチームでもあり、98年に在籍ということで、ちょうど10年前ですね
「そうですね~。経ちましたね。10年かぁ…(笑)自分が居た時はまだカテゴリーがJFLだったのかな?プロなんですけど、今ほど盛り上がりは欠けてたというか、観客もそこまで入らなかったですし、そういう部分ではダービーは楽しみですね。」

―チームは今季初の3連勝中で、このまま5月全勝と行きたいところですね
「逆に4月に勝てる試合を落としたり、最後に引き分けたりというのがあったんで、そういう部分を5月で拾うという感覚の方がいいのかな。勝ちたいですね。全部。」

―次節みちのくダービーということでチームもサポーターも互いの街全体も非常に盛り上がる一戦です
「これだけの注目で、自分ももちろんJ2になってからのダービーは初めてなので、そのテンションをまず楽しみたいですね。」

―では改めて意気込みをお願いします
「良い勝ち方をして、自分の中でみちのくと言えばプロレスだったんですよ(笑)みちのくプロレスだったんで、これからはみちのくと言ったらダービー。そういう風に持っていけるくらいの熱い試合をして、プロレスに負けないように頑張りたいです。」

―今季まだホームでは負けなしです。熱い応援をしてくれるサポーターの皆さんにメッセージをお願いします
「これはもう毎回言ってるんですけど、もう本当に共にJ1に行きましょう!ということです。」

2008年05月12日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【5月18日(日)モンテディオ山形戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

「モンテディオ山形戦観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は平瀬選手でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 宮城野区 メールネーム : さくらんぼ娘さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「さくらんぼ娘」さんにはモンテディオ山形戦観戦チケットを発送致しましたのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

present_hagi.jpg

今週は第12節の広島戦で、公式戦デビューを飾った萩原選手のサイン入りカーアクセサリーを1組の方にプレゼントいたします。
萩原選手の好きな言葉“人生楽笑”と入った貴重なものです!

Q.第12節広島戦で梁選手がつけていたキャプテンマークの色は何色でしたか?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは5月15日(木)必着。
当選者は来週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

【第13節】ベガルタ仙台 VS ヴァンフォーレ甲府 試合後選手コメント

【選手インタビュー:平瀬選手・佐藤選手・梁選手・永井選手】

<平瀬選手>

―試合を振り返って
「スタメンから出た方が自分のリズムが出るし、前半は耐えながら我慢しながらっていうゲーム展開になったんですけど、後半入ってもみんなの足が止まらずにどんどん前に来るんで、すごくやりやすかったです。ゴールも取れるしおもしろいサッカーが出来てると思います。」

―1点目のアシストを振り返って
「ゴールを決めても嬉しいですけど、アシストをすることもすごく気持ち良かったし、ゴールするくらい喜びがありますね。」

<佐藤由紀彦選手>

―試合を振り返って
「チームが狙っている方向が徐々に出てきたかなという感じですね。」

―お誕生日おめでとうございます
「ありがとうございます(笑)」

―2点目。見事なアシストでした
「1-0という状況で入ったんですけど、甲府の攻撃はすごく威力があって、1点じゃ難しいかなと自分は見てたんですけど、そこでああいう形で2点目を取れたことでチームに余裕を与えられたのは良かったと思っています。」

―誕生日ということで試合前、意識はしてたか?
「ただ、誕生日はあまり良いイメージがないので、なんとか良いイメージを作りたいなと思ってましたけど、特に気負いはなかったですね。」

―監督と抱き合うシーンも見られました
「うちは全てベガルタというチームに携わっている方と共に戦っているという部分では、ああいう光景がいっぱい出れば、もっともっとチームにも活気が出るし、勢いもつくんじゃないかなと思ってます。」

―広島戦に続き、またも佐藤選手と中原選手のホットラインでしたね
「正直、途中出場というのはものすごい難しい仕事で、臨機応変にプレーしなきゃいけない部分で、難しい仕事を自分だから出来ているということを自分に言い聞かせながら、やっています。もちろん狙うのは頭から(の出場)なので、こういうアピールを一つずつして、また先発に戻れるようにやっていきたいと思います。」

―佐藤選手の正確なキックから中原選手のヘディングは大きな武器ですね
「やっぱり選手としては、練習でやっていることが試合で実践されるのが一番嬉しいです。タカ(中原選手)とはああいう感じで練習はしてますので、それが試合で出たのはまたひとつ自信にもなりますし、モチベーションも上がりますね。」

―第一クール後半に入り、3連勝ということでチームも乗ってきたのでは?
「ただ今のJ2は勝ち点3でかなり順位が変動するので、常に引き締めてやっていかないとまた落ちてしまうので、集中してやっていきたいです。」

―次節はみちのくダービーですが
「今日は自分の誕生日とチームの勝利でこの勝利に浸りたいので、正直次の試合のことは考えられないです(笑)」

<梁選手>

「広島と甲府と、J1から降格してきたチームに勝てたというのは、良かったと思います。」

―4試合引き分けのあと3連勝ときてます
「粘り強く最後まで出来ているのが、勝利に繋がっていると思います。」

―監督もみんなが焦れずにやってくれたと言ってました
「やっぱり広島戦で、最後までみんなで我慢強くやって、勝てたのがひとつ自信になったし、前半は0-0でしたけど、このままやってれば絶対点が入るのは選手みんな思っていたと思うので、今日は本当その通りになって、より一層自信がチームに芽生えたと思います。」

―3試合連続無失点です
「守備はチーム全体でやってるんで、みんなが自分のすべきことをピッチで出来ている証拠だと思います。」

―サポーターに向けて
「もっともっと、試合に勝ってからサポーターと喜びを分かち合いたいと思います。」

―次節はみちのくダービーです
「ダービーということで注目されると思うんですけど、チームは今3連勝で、この連勝を止めないように、まず山形を叩いて、4連勝して次の試合に臨めるように。今日は今日で喜ぶのはいいんですけど、また来週から切り替えて、山形戦に向けて集中して練習からやっていきたいと思います。」

<永井選手>

―永井選手のプレーが相手にきいていると思います
「自分がボールをキープすると、相手が2、3人、集まってくるんで、そこで効果的なパスが出せれば、こっちが有利になるし、自分のところにプレッシャーが来てくれるんで、そこをうまく回避出来ればビッグチャンスが出来るかなと感じています。」

―3連勝で山形とのダービーマッチを迎えられますが
「相手も調子良いですし、常に山形の勝ち点や勝ち点を気にしながら、やっています。勝ち点が今、1しか離れてないんで、直接対決で叩くことが出来ればその差も広がるし、常に山形よりは順位が上でいたい気持ちもあります。3連勝してますし、チームの雰囲気もすごく良いんで、次もいけると思います。」

2008年05月10日

5月11日(日)ヴァンフォーレ甲府戦に向けて

<中原選手>

nakahara_0508.jpg

―まずは前節広島戦を振り返って。今季2点目。決勝ゴールおめでとうございます
「ありがとうございます。最初は入ったか入らなかったかちょっとわからなくて、ネットが揺れて初めて気づいて…嬉しかったです。」

―ゴールの瞬間はどんな気持ちでしたか?
「視野に夢吾(一柳選手)が入って、真っ先にそのまま飛びついてしまったんですけど、ちょっと後悔してます(笑)」

―ご家族やお友達は見に来てたんですか?
「両親と友達が結構来てました。」

―その後連絡は取ったんですか?
「はい。試合の後、話したんですけど、良かったね、と言われました。」

―佐藤寿人選手との久々の対面はどうでしたか?
「実際僕はマッチアップするポジションじゃないんで、そこまで意識はしてなかったですけど、試合前はとにかく、点は取らないで下さいって言っておいて(笑)お前もな、みたいな事を言われたんですけど(笑)」

―これで2連勝でホームゲーム甲府戦を迎えます。甲府の印象はどうですか?
「チームとしては、すごくショートパスが多くて、崩しにかかってくるという感じなので、そこさえしっかり防げればそんなに広島ほど怖くはないと思ってるので、まずはそういうところを注意していければ大丈夫だと思います。」

―2試合連続ゴールということで期待がかかります
「もちろんゴールを狙ってるんですけど、チームが勝てばまた順位も上げられると思うので、まずはそこを狙ってやっていきたいと思います。」

―ではサポーターに向けてメッセージをお願いします
「まだまだ2点という少ない数字なので、もっともっと増やして行けるように頑張るんで、これからも熱い応援をよろしくお願いします。」

<木谷選手>

kitani_0508.jpg

―怪我から復帰されて現在、コンディションをキープするために心がけていることなどはありますか?
「試合がある日にピークを持っていけるように、その一週間をうまく使って、食事の面だったり、休養の部分もそうですし、いろんな人に助けてもらいながら良い準備をしています。」

―広島に勝利し、これで2連勝でホームゲーム甲府戦を迎えます。甲府は現在調子を上げてきていますが印象はどうですか?
「甲府も一人一人の技術が高くて、狭い範囲でうまくボールを回して、前に運んでいくというイメージはありますけど、うちも強いからといって守るチームでもないし、甲府以上のプレーをしてしっかり勝ちたいと思います。」

―サポーターに向けてメッセージをお願いします
「広島戦もあんな遠くまで多くの方が来てくれて、この前の鳥栖戦も盛り上げてくれましたし、僕としては勝って、サポーターの人達の前を一周するのが本当に楽しみなんで、笑顔で勝利を喜べるような、そういう雰囲気になれるようにしっかり頑張ります。あとは本当に応援していただきたいなと。いつも通りですけど。はい。」

<萩原選手>

hagi_0508.jpg

―前節広島戦を振り返って。劇的な勝利でしたね
「もう本当に、僕がというよりかみんなが体を張ってましたね。」

―在籍8年目で公式戦初スタメン。スタメンを告げられた時の気持ちは?
「もう前の日からある程度、スタメンということは感じてたんで、その時は全然緊張もしなかったし、やってやるぞ!という気持ちでいっぱいでしたね。」

―じゃあリラックスした状態で試合に臨めた感じですか?
「はい。リラックス飛び越えてすごく楽しかったです。」

―萩原選手の好セーブの連発でチームも波に乗れたように見えました
「前半は向かい風だし、相手にボールを持たれることが多かったので、そこで前半をゼロに抑えられたことが大きかったですね。」

―木谷選手や岡山選手、ディフェンス陣との連携はどうでしたか?
「ディフェンスのことは二人に任せて、自分のプレーに集中出来ましたね。自分があまりコーチングすることもなく、自分のプレーに集中出来たので本当に良かったです。」

―試合前は「公式戦初先発だから、絶対に勝とう」とみんなが言ってくれたようですね
「そうですね。その前に篤志さん(永井選手)の300試合の記念の試合だったので、それで勝利出来たので、今回は俺のデビュー戦ってことで、絶対勝利で飾ってあげよう!ということを監督が試合の直前に言ってくれて、それでみんな奮起してくれましたね。」

―萩原選手のためにみんな一丸となって戦ったといってもいいんじゃないでしょうか?
「そうですね。その姿が後ろから見てて本当にわかったんで…。すごく嬉しかったですね。」

―終わった瞬間の萩原選手、チームメートのほっとした表情が印象的でしたね
「あの時点で、ロスタイムで点を取るなんて、こんなシチュエーションはないだろってドラマみたいな感じで(笑)びっくりしましたね。あそこで引き分けるのと勝つのじゃ全然違いますから。」

―ちょっと目が潤んでるようにも見えましたが
「でも本当実感が沸かなかったですね。夢の中みたいな感じで信じられなかったですね…。今でもそうです(笑)でもそれで終わりじゃないんで。これから続くんで。これを続けないと…。」

―前日からいろいろと茶化されたそうですが、チームメートの愛を改めて感じたのでは?
「本当に愛だったのかわからないんですけど(笑)試合では本当にみんなが僕のことを支えてくれて、それが結果に繋がって、みんなに感謝してますし、僕を使ってくれた監督、スタッフ、残してくれたフロント、応援してくれたサポーター、みんなに感謝してます。」

―試合後は萩原劇場でしたが
「終わった後、サポーターがずーっと僕の名前を呼んでくれて、ここはもう俺がやるかしかない!と(笑)で、思いっきり前に出て、後ろをぱっと見たらちょっと冷ややかでしたね(笑)普段、こういう目でみんなオカさんのことを見てるんだろうなって(爆笑)」

―現在、コンディションをキープするために心がけていることなどはありますか?
「一番は試合を楽しむことですね。楽しめたら絶対自分の力を100%出せると思ってるんで。それだけですね。あまりゲンをかつぐこともないですね。」

―次節はホームゲーム甲府戦です。出場するとなったら公式戦初のホームゲームデビューですね
「それはやっぱり監督とスタッフが決めることなので、ま、でも出れたらサポーターのみなさんに応えたいですね。」

―では改めてサポーターに向けてメッセージをお願いします
「本当に、この長い8年間でベンチには入ったりしてて、サポーターのみなさんに挨拶する機会は何回かあったんですけど、やっぱり自分が試合に出て、こういう風にサポーターのみんなと分かち合えることがすごく嬉しかったし、サポーターが今まで応援してくれたことなど本当にみんなに感謝ですね。サッカーやってて良かったです。本当。」

2008年05月02日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【5月11日(日)ヴァンフォーレ甲府戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

「ヴァンフォーレ甲府戦観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は梁選手でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 泉区 メールネーム : ベガ流さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「ベガ流」さんにはヴァンフォーレ甲府戦観戦チケットを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は今季初のみちのくダービー、5月18日(日)のホームゲーム、モンテディオ山形戦の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

Q.第10節鳥栖戦までに、1試合中2得点を挙げた選手は誰でしょう?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは5月8日(木)必着。
当選者は来週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。