2008年06月

2008年06月26日

【第22節】ベガルタ仙台 VS ロアッソ熊本 試合後選手コメント

【選手インタビュー:梁選手・平瀬選手・永井選手・佐藤選手・田ノ上選手】

<梁選手>

―スコアレスドローという結果について
「結果だけ見て、勝ち点3を取れなかったので、あとはああいう地震があって初めてのホームでの試合ということで、地元のサッカーチームとして勝って、勝ちをサポーターにプレゼントしてあげたかったのですけど、それが出来ず残念です。」

―前半からボールを握っていたのは仙台の方でした。中でこういう結果になった要因は?
「最後の精度のところだと思います。今日はやっぱりサイドからクロスを上げる場面は普段よりも多かったですし、中でやっている選手も「外から」というのを意識しながらやっていたのですけど、最後のところでボールがゴールに入らなかったというところが今日は足りなかったと思います。」

―熊本の守備を崩す一手はなかったのでしょうか?
「相手も最後のクロスボールに対しては体を投げ出して守ってきていた部分もありますし、サイドからのボールという部分で、今日はちょっと高いボールが多かったかなと思いました。今日は下も濡れていましたし、そういうピッチコンディションを考えても、ニアで勝負するような速いボールを上げても、低いボールと高いボールというのを区別できれば良かったと思いますが、今日は高いボール一本になってしまったので、難しい部分があったと思います。」

―今後もペナルティエリア内を固められてしまって今後こういうチームが増えてくると思いますが
「そうなってきたら、ミドルシュートかサイドからというのが大切になってくると思うので。もっとサイドに入った時に上がるタイミングで、中がもっと迫力を持ってゴールに向かっていくようなことをしないと、なかなか点も入らないと思いますし、特に今スタメンで出ている選手というのは背の高い選手が前にはいないので、低いボールで勝負するという工夫も必要かなと言うのは思います。」

―結果的には最下位のチームから勝ち点3を取れませんでしたが、チームの雰囲気は?
「試合が終わってから何人かガッカリしている選手もいましたけど、下を向いていてもしょうがないと思いますし、まだまだそういう時期でもないし、順位でもないと思うので。上のチームも足踏みしている中で、まだまだ自分達にはチャンスがあるというのを前向きに捉えて、下を向かずに、常に前を向いてやっていきたいと思います。」

―次の試合まで日にちは少ないのですが精神面、技術面含めて選手としてはどういった点を切り替えていきたいですか?
「精神的な面というよりは、今は体力面の回復が一番重要だと思うので、中2日しかないですけど、個人個人の問題にはなってくると思いますが、次の試合に向けて自分が少しでもベストの状態で臨めるように準備をしなければいけないと思いますし、そういう選手が次の試合に出なければいけないと思います。」

<平瀬選手>

―勝ち点2を落とした引き分けという結果について
「決めていれば勝てました。残念です。」

―チーム最多の4本のシュートを放ちましたが振り返って
「1本田村から良いボールが来て、入ったと思ったのですが、キーパーが良いセーブをして決められずに、後半もユキさん(佐藤選手)から良いボールが来て、入ったと思ったのですが、それも入りきれずに、悔しいですけど、次の水戸戦に向けて日にちはないですが、もう少し精度を上げてやらないといけないと思います。」

―前半から後半にかけて攻撃面が改善していったように思えましたが?
「前半に関して言えば、FWを追い越す選手が全くいなかったということで、FWの2枚がスペースに走っても、スペースが無い分行き詰まってしまう部分があって。後半、セキ(関口選手)と梁とか、直樹(千葉選手)、篤志さん(永井)がどんどん攻撃に絡んできたことによって、前のスペースも空いて、良い形で攻撃ができていたというのは後半入ったら良い形が出来たのでそれは良かったのかなと思います。」

―前半はクロスを上げても中に誰もいない場面がありましたが、それも後半は修正されていたと思います
「ボールが入ってこない中で、どこかでワンクッション入れなければいけないところで、僕が下がってしまって、ワンクッション入れようと思っても入らない、その悪循環で中に入れないというのがあったので、それは後半改善して、2列目3列目が少しずつ上がって来てくれたので、前に行くことができて、シュートまで行けたんじゃないかなと思います。」

―地震の後の初めてのホームゲームということで勝ちたい気持ちは強かったのではないですか?
「そうですね。山形戦もそうですし、今回のホームもそうなのですけど、同じ宮城県の人達、岩手県の人達を少しでも勇気づけられれば良かったのですが、それができなくて非常に残念です。僕らは次の水戸戦もありますし、それに勝って少しでも被災者の皆さんを勇気づけられるように本当死にもの狂いで勝ち点3を取りたいと思います。」

<永井選手>

「攻めたんですけど苦しかったですね。」

―勝ち点3が取れなかった原因は何だと思いますか?
「それはやっぱり最後のフィニッシュで足りない部分もあったし、あとはラストパスがやっぱり重要かなと。クロスにしても何でも重要だなとは感じました。」

―相手は最下位でしたが
「相手が最下位だろうと、首位のチームだろうと、相手に合わせるんじゃなくて、自分達のサッカーが出来ればという話になるんで、それが今、常に出来ていない状況なんで、それが相手関係なく常に自分達のサッカーが出来た時に、昇格も近づくというのは感じます。」

―サイドの崩しは出来たが最後の精度が出来なかったという印象ですが
「サイドまで運べてサイドから良いクロスとか上がってたんですけど、中に人が居ないことが多くて。そこで足りない分、点が取れなかったという印象です。」

―その要因は?
「FWとかもそっち側につられてて、行かなくてもいいところでも行ってたんで、その辺をやっぱり修正しなきゃいけないポイントだと思います。」

―単独突破も何度か見られましたが
「そうですね。あれだけ引いてたんで。直樹(千葉選手)と一緒にロングシュートを打てと言われたんですけど、それもなかなか出来なくて…その辺は反省しないといけないです。」

―中2日で水戸戦ですが準備の方は?
「出来るだけ疲労を回復することと、あとは練習はあまり出来ないので、意識の問題、気持ちの問題で修正出来るところは修正したいと思います。それは相手も同じ状況なんで。負けてもないし、内容もすごく悪かったというわけじゃないので、どんどん試合は続くんで、その1試合1試合を勝ち点3を取る為にみんなで頑張りたいです。」

―水戸戦に向けて
「もちろん、勝つこと。中2日ですごくキツイんですけど、みんなで力を合わせて頑張ります。」

―疲労の方は?
「ちょっと休めば大丈夫だと思います(笑)」

―足の調子はどうですか?
「そんなに悪くないし、トレーナーがうまくやってくれてるんで二日間でなんとかなると思います。」

<佐藤由紀彦選手>

「自分がクロスを上げた時点ではたくさんの選手が入ってきてくれてるんで、あとは自分の精度と決定力かなと思います。」

<田ノ上選手>

―中2日で水戸戦ですが
「きついと思いますが頑張ります。宮城のためにも勝ち点3を取ってきます!」

2008年06月23日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【6月25日(水)ロアッソ熊本戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

「ロアッソ熊本戦観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は菅井直樹選手でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 泉区 メールネーム : 頑張れイタリアンさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「頑張れイタリアン」さんにはロアッソ熊本戦観戦チケットを発送致しましたのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は、7月5日(土)のホームゲーム、愛媛FC戦の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【プレゼントクイズ】

Q.第19節横浜FC戦でJリーグ通算300試合を達成した選手は誰ですか?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは6月26日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2008年06月20日

6月21日(土)徳島ヴォルティス戦に向けて

080619_1548~0001.jpg

明日21日土曜日はアウェー鳴門ポカリスエットスタジアムで徳島ヴォルティスと対戦します。

現在14位の徳島とは第一クール、ホームユアスタで引き分けており、この第二クールでは失った勝ち点を取り戻すためにもしっかり勝たなきゃいけない相手です。

19日木曜日は、練習前に前節みちのくダービーの敗戦の修正点なども踏まえ、30分のミーティングを行なったようです。

このミーティングで手倉森監督は「みちのくダービーでの惨敗をどう捉えるか。東北のライバルチームに0-3と言う結果は二度としてはいけないし、もっともっとタフなチームにならなければ。向上心だったり悔しさに火がついていないといけない。この敗戦によって下を向かず前を向かせた」と話していました。

明日の対戦相手、徳島の印象については「メンバーが代わったりしているが、ゲームを作っているのは玉乃選手。玉乃選手が絡んだ時が良い攻撃になっているので、そこを自由にさせないようにしたい」と警戒していました。

明日の徳島戦から続く熊本、水戸はともに第一クールで勝ち点2を失った相手。

「欲しいのは結果のみ。そこに向かって必死にやるだけ。全員攻撃、全員守備を徹底的にこの3試合やって、完封と複数のゴールを決めて勝ちたい。結果だけじゃなく力強さも伝わるようなゲームで、この3つは叩きたい」と意気込みを口にしていました。

14日に起きた岩手・宮城内陸地震で被害に遭われた方々へ向けて手倉森監督は「被災地のみなさんに勇気を与えるのは我々。これからの戦い方で、勇気を送れるような戦い方をしていかないといけない」と気を引き締め、最後に「挽回します!!!」と力強く語りながら「6月を挽回の月」とし、巻き返しを誓っていました。

<梁選手>

080619_1805~0001_ryan.jpg

阪神淡路大震災を経験している梁選手。13年前当時はプロスポーツ選手を見る立場でした。
「当時、自分も元気を貰った分、今度は自分がプロのサッカー選手という立場で、被災された方々に元気付けられるように、自分の役割を果たせたら良いと思っている」と話していました。

被災地への義援金について
「同じ宮城県民として、少しでも被災者の方々の力になりたいという思いで、今回義援金という形で送らせていただきました。サッカーだけじゃなくて、一社会人として、力になっていければいいと思うし、なっていかなきゃいけないと思います。」

被害に遭われた方々へのメッセージ
「僕達サッカー選手としては、まずは1試合でも勝って、みんなに喜びを与えるというのも、一番大事な任務だと思うので、まずは試合でしっかり結果を出して、少しでも元気が出るようになれれば良いと思っています。」

次節徳島の印象
「こっちが劣っている印象はないし、前回もやられた印象はないんですけど、やっぱりチームとして組織で守って攻めてくると思うので、こっちも負けないように。まずは局面、一対一の部分で相手選手に負けないことが第一前提だと思います。」

今後に向けた意気込み
「残りの対戦相手(熊本・水戸)を見ても、第一クールで引き分けた相手が続くので、第一クールで逃した勝ち点を絶対取りたいと思うし、取らないといけない。まずは次の徳島に勝って、勢いに乗って連戦を迎えられば良いと思います。」

2008年06月16日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【平瀬選手サイン入りエコバッグ当選者発表のお知らせ】

「平瀬選手サイン入りエコバッグ」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は「田中康平選手」でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 埼玉県 メールネーム : ぐりったーさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「ぐりったー」さんには平瀬選手サイン入りエコバッグを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は、6月25日(水)のホームゲーム、ロアッソ熊本戦の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【プレゼントクイズ】

Q.第19節横浜FC戦のあと、勝利を祝いながら、選手全員が着ていたのはどの選手のユニフォームでしたか?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは6月19日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2008年06月14日

【みちのくダービー】6月15日(日)モンテディオ山形戦に向けて

minigame_0613.jpg

明日15日日曜日は、山形県天童市のNDソフトスタジアムでモンテディオ山形と今季2度目のみちのくダービーです。

ここのところ、5連勝中と絶好調の山形。

仙台も前節横浜FC戦は4試合ぶりの勝利をおさめるなど、調子も上向きで、互いに拮抗した戦いが予想されます。

明日の対戦。勝利のカギはズバリ「ゴール」と「ゲームの入り方」にかかってくると語った手倉森監督。

「前回は前半、向こうに主導権を取られ、0-2のビハインドをひっくり返せたのはホームだったからこそ。今度はそういう失点は許されないし、気をつけないといけない。ゴールとゲームの入り方が勝負のカギになる」と話していました。

現在5得点と波に乗るチーム得点王の平瀬選手。山形戦も連続ゴールに期待がかかります。

明日は第二のホームとも言えるNDソフトスタジアムということで、仙台からも多くのサポーターが詰め掛けます。

「天童の競技場を仙台のサポーターはホームのようにしてくれる。敵地には変わりないが、アウェーの意識よりも、このダービーには今シーズンの3本は取らないといけないと思っている。山形に勝ち点9を取るつもりでいる」

最後に「ダービー二本目。きっちりと勝ち点3を取って帰ってくる」ときっぱり宣言した手倉森監督。

ベガルタは勝ち点30で現在4位。対する山形は勝ち点34で現在2位。

勝利しなければ、勝ち点を離され、順位も開いてしまいます。

前回、ホームで迎えたみちのくダービーでは2点を先制されながらの逆転勝利。

山形は好調の波に加え、前回の逆転負けの雪辱を晴らしてくると思われます。

意地と意地のぶつかり合いとも言われるみちのくダービー。

明日は第二のホームで勝ち点3をしっかりもぎ取り、2連勝を期待しましょう!

<平瀬選手>

hirase_0613.jpg

みちのくダービーの印象
「この前のみちのくダービーはお客さんもすごく入って応援もすごかったんで、10年以上サッカーやってますけど、初めてダービーだなという印象を受けました。」

好調の山形に対して
「相手は若い。勢いもすごくあって良い選手がいるけど、僕らも決して負けてるわけじゃないので、自分達のサッカーをすれば勝てると思います。一人一人が自信を持ってやれば負ける相手ではないと思います。」

ゴールへの意欲
「ゴールを取らないと勝てないのでゴール目指して。みちのくダービーということで絶対勝ちたいです。」

2度目のダービーに向けて
「同じ東北の中で、一番強いのは仙台だ、というのをまた見せたいです。良いサッカーをして僕らが今度は上に行きたいと思います。」

<岡山選手>

2度目のみちのくダービー
「前回のダービーの時は自分自身いろんな思いがあって、みんなの思いを今度は僕が返さなきゃと思っています。山形に行って暴れたいと思います。」

山形の印象
「引くわけじゃなく、前からプレッシャーが来るんで、相手の裏をつける。お互いしのぎあってるなと感じはします。」

どんなプレーを心掛けるか
「後ろが落ち着くと、うちのチームは試合がうまく運べるチーム。後ろの守備陣が安定していけるように、心がけていきたいです。」

自身初のアウェーみちのくダービー
「僕自身、山形では仙台に来て始めての試合になります。第二のホームと言われるくらい、サポーターから応援してもらえると聞いたので、自分達のホームだと思って乗り込んでいきたいです。」

サポーターに向けて
「初めての山形でのダービーとなるので、どれくらい仙台から来てくれるか本当に楽しみにしています。一緒に戦いたいので、応援にかけつけて、ホームの気持ちで戦わせてください。お願いします。」

2008年06月12日

【第19節】ベガルタ仙台 VS 横浜FC 試合後選手コメント

【選手インタビュー:平瀬選手・田村選手・千葉選手・西山選手・飛弾選手】

<平瀬選手>

―得点のシーンを振り返って
「あれはよく関口が見てくれたし、本当うまいタイミングでいけたんで。関口のパスのおかげです。来るなと思ったんで抜けただけで。シュート練習の成果だと思います。昔はよくああいうシュートを打ってたんですけどね(笑)また次も頑張ります!」

<田村選手>

―負傷したことで、ヘディングも、歯が痛かったのでは?
「ケガした後は一瞬びびったりもあったんですけど、得点のシーンはディフェンダーがいてもびびんないで行けて良かったです。あの場面は本当に、ヒラさん(平瀬選手)とニシ(西山選手)が前にディフェンダー引っ張ってくれて、梁さんも俺が見えてたって後で聞いたら言っていたので。良い得点だったと思います。」

―菅井選手が「俺の代わりをよくやってくれている」と涙ぐんでいましたが
「自分が左で出ていた時も、キン(菅井選手)と一緒にやっていたし。同い年だし、何かと見ているというか、意識しているので、そういう風に言ってくれていたら嬉しいし、自分もケガのキンとか敬太さん(磯崎選手)とかがいなくても、戦力を下げないように頑張っていけたら良いなと思います。」

―今日はラインを下げて守備をしていたが
「三浦アツさんとか、精度の高いキックでサイドチェンジがあると思ったんで、なかなか高い位置で取りにくい部分もあったし、危ないシーンはありましたけど、失点ゼロで抑えられたのは大きいです。今日はしっかり守備から行って、結果的に点が取れてラッキーです。」

<千葉選手>

―試合を振り返って
「決して悪いゲームが続いてたわけじゃないと思うんですけど、結果が伴わないゲームが続いていたので、〝6月はなんとか挽回の月にしよう〟と監督が言っていたので、それに応えられるように。ここが大事だと思うので、上とは離されないように、着実に勝ち点をのばしていくことを目標にやっていたので、後半良くない時間帯が続いてたんですけど、勝ち点3が取れたので良かったです。」

―三浦淳宏選手やアンデルソン選手などを、千葉選手がよく消していたと思いますが、守りの意識の方は?
「すごい要注意人物というか、起点となる選手が多いので、今日はほとんど前に出られませんでしたが、センターバックとうまく連携をとりながら、よく抑えられたのではないかと思います。ちょっと押し込まれる時間帯ですね、まだまだ自分たちのボールになった後、それをすぐに失って、というのが続いたので、その辺をまた改善して、自分も含めて修正していかないといけないと思います。」

―次節はダービーです。意気込みを
「山形さんは今日も勝っていてすごく調子が良く、とても良いゲームをしているみたいなので、また僕らがそれを潰して、上に行けるように。本当に今良い勝負が出来るチームだと思うので、楽しみですね。」

<西山選手>

―試合を振り返って。今日は守備などでも貢献しようという意図が見えましたが
「30分の間に何かしら自分のプレーで結果を残したいというところがあったので、そういうことを考えてやっていました。守備は意識してやったというか、攻撃だけだと使ってもらうのも難しいと思うので、守備の部分もアピールしようと思ってやっていました。」

―自身のプレーを振り返って
「まだシュートまで行けてないんで、自分としてはまだまだ足らないなと思うんですけど、攻撃だけじゃなくて守備も意識してやりました。」

―古巣相手の三浦カズさんと対戦してみてどうでしたか?
「カズさんはすごく尊敬してた人なんで、前は同じチームでやってて、今回は違うチームですけどすごい良かったです。カズさんとは一緒にやってた試合が多かったんで、すごく懐かしかったですね。」

<飛弾選手>

―試合を振り返って
「勝って良かったんですけど、ディフェンスばっかりだったんで。次はチャンスが貰えたら攻撃に繋げるプレーが出来たら良いかなと思ってます。」

―交代で入る時に監督からどんな指示があったんですか?
「左サイドで攻撃がすごく来てたんで、そこはセキ(関口選手)に代わって、セキを右に行かせて、左で元気な僕が守備にという感じで、守備をしっかりして攻撃に行けと言われました。全員守備して全員攻撃というサッカーでやってるんで、何も言われなくてもそういう部分は心掛けてやりました。」

―久々のユアスタはどうでしたか?
「すごく気持ちよかったです。でも全然自分の持ち味というのも、出すことなく終わってしまったので、そこは反省点として次の試合に向けての練習をまた明日からしっかりやっていきたいです。」

―その髪型は奥様が編んだんですよね
「そうですね。昨日編みなおして貰いました。梅雨時で髪の毛が弱いんで、ちょっとボリュームが出ちゃうんでやってもらいました(笑)」

―中3日で山形戦ですが意気込みを
「連戦なんで11人でサッカーするわけじゃないし、サポートというか、アピールも大切ですけど、まずはしっかりチームのことを考えて、怪我人が出ても疲労の選手が出ても、そこをしっかり埋めれるようにチームで頑張っていきたいと思います。」

2008年06月10日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【6月11日(水)横浜FC戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

「横浜FC戦観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は田村直也選手でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 青葉区 メールネーム : 沸騰サルさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「沸騰サル」さんには横浜FC戦観戦チケットを発送致しましたのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

present_hirase.jpg

今週は平瀬選手のサイン入りエコバッグを抽選で1名の方にプレゼントいたします。

【プレゼントクイズ】

Q.第17節湘南戦でユアスタデビュー、そして入団後初ゴールを決めた選手は誰でしょう?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは6月12日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

6月11日(水)横浜FC戦に向けて

<平瀬選手>

hirase_0605.jpg

―次節11日の横浜FC戦に向けて
「ようやく得点を取れるようになってきてるんで、あとは守備の部分ですね。点を取った後の守り方。また攻めるのか守るのかを、もうちょっとはっきりしないとまた前節のようになってしまうのでこの辺を気をつけて。点を取った後の戦い方というのはもうちょっとやっていかないといけないと思います。」

―横浜FC戦ということで三浦淳宏選手との久々の再会となりますね
「そうですね。一番の楽しみはやっぱりまたアツさん(三浦淳宏選手)とやれることなんで、そこでまたモチベーションも高くなるし、アツさんの目の前でゴール決めれれば良いと思います。」

―元ベガルタの監督の都並さん率いるチームということもあり盛り上がる一戦になりそうです
「この前のアウェーの横浜戦ももうちょっとで勝てたんですけど、最後の最後で点を取られちゃったんで、一番気をつけないといけないことですね。失点はディフェンスだけが悪いんじゃなくて、前の選手も悪い。前から守備が出来ていたらそこまで行かないので、全体で頑張って行きたいと思います。」

―今季まだホームでは負けなしということで、改めて意気込みをお願いします
「ホーム負けなし記録を延ばして行きたいと思うし、おもしろい試合になるんじゃないかなと思いますね。」

―では熱い応援をしてくれるサポーターの皆さんにメッセージをお願いします
「この前の試合は本当不甲斐ないというか、勝ったと思ったところで2点取られて痛い引き分けでしたが、次節は平日ですけど、またたくさんのサポーターが詰め掛けてきてくれると思うので、それなりに僕らもちゃんとしたパフォーマンスを見せないといけないし、見せられるように頑張るんで、いっぱい来て下さい!」

2008年06月03日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【永井選手サイン入りクリアファイル当選者発表のお知らせ】

「永井選手サイン入りクリアファイル」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は「ロアッソ熊本」でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 福島県いわき市 メールネーム : 恵文さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「恵文」さんには永井選手サイン入りクリアファイルを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は、6月11日のホームゲーム、横浜FC戦の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【プレゼントクイズ】

Q.第一クールは左サイドバック、第二クールからは右サイドバックと、サイドバックのポジションを左右どちらも器用にこなす選手は誰でしょう?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは6月5日(木)必着。
当選者は来週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

【第17節】ベガルタ仙台 VS 湘南ベルマーレ 試合後選手コメント

【選手インタビュー:田中選手・木谷選手・梁選手】

<田中選手>

―引き分けに終わった試合を振り返って
「ゴール決めて良かったんですけど、悔しいです。」

―ゴールシーンを振り返って
「CKのこぼれ球が自分のところにたまたま転がってきたので、ただ押し込むだけでした。(ゴール出来たことは)嬉しいですけど、チームが勝てなかったという面で、チームが勝たないと自分のゴールも嬉しくないので、引き分けっていうのは残念です。」

―自身のプレーについては?
「もっと積極的にボールに絡んだり、シュートを打ったり出来たかなと思います。」

―連携面については?
「結構パスミスも多かったので、もっともっと精度を上げていかないといけないと思います。」

―監督は田中選手のチャンスメイクにおける動きを評価していたようですが
「チャンスメイクというより、やっぱり得点に絡めるように、自分が点取るなり、周りの選手が点を取るように、という風に心掛けていました。」

―湘南のディフェンスについては?
「意外と引いてて攻めずらいというのはありました。」

―前半と後半の違いは?
「前半に比べて後半はシュートの数が減ったかなと思います。」

―スタメン出場を果たしましたが今後に向けて
「もっともっとチームに貢献して、J1昇格目指して頑張りたいと思います。」

<木谷選手>

―試合を振り返って
「まず今日の引き分けは、周りの選手が良くやってくれましたし、3試合ぶりの勝ちを目指してやってくれていたのに、本当に今日の引き分けは僕の責任だと思っています。いろいろ批判があると思いますけど、その全ては僕に向けられるべきだと思うような失点をしてしまったので、ベガルタに関わる皆さんに本当に申し訳なく思っています。」

―2失点目のことだと思いますが
「不用意中の不用意なプレーだったと思います。」

―2005年以来の久々のゴールについては?
「ゴールしたことは良かったんですけど、それを全く喜べないような形になりました。」

―前半を振り返ってどうでしたか?
「最初に良い時間帯にポンポンと点が入ったのもありますし、それで少しこっちの流れになった部分もありましたけど、失点もしましたし、最初の方は良かったんですけど、前半の終わり方はあまり良くなかったと思います。」

―PKで1点取られたことが、ゲーム展開にも影響しましたか?
「2-0で前半を終われてれば良かったと思いますけど。」

―後半、セカンドボールが拾えなくなった印象がありましたが、後半の入りは?
「入り自体はそこまで悪いような入りではなかったんですけど、本当にあの失点から、少し流れが変わってしまったと思います。」

―後半に関しては?
「2-1からの、どっちが一点を取るかという部分がすごく大事だったかなと思います。」

―相手の退場もあり、数的有利だったが一点が遠かった
「相手が2人少ない分、もちろん点も取りに行きましたし、本当にみんな飛び込んでくれましたけど、相手も9人になって必死に守ってましたし、こういう結果になりました。」

―失点が続いていますが今後に向けて
「やっているサッカー自体、今日の前半は悪くなかったと思いますし、これを続けていけるようにしたいと思います。僕も申し訳なくは思っていますけど、僕一人が下を向いてて、周りに影響してもしょうがないと思いますので、また顔を上げて、あと2週間ありますから、しっかり切り替えてやっていきたいと思います。」

<梁選手>

―試合を振り返って
「これ以上もったいない試合はないんじゃないかというような試合でした。」

―前半の試合の入り方は?
「前半に早い時間帯に2点取って、その後有利に試合を進められる展開だったんですけど、すぐにPKで一点返されたところも駄目だったと思うし、2点取ってからのボールの回し方というところで、ちょっと低い位置で回す時間帯があり過ぎたと思います。もうちょっと前の方で、相手を押し込んだ状態で回せればというのはあったんですけど。あとは簡単なミスが2点リードしてからも続いて、そこから相手のカウンターを食らう場面もあったんで。相手というより、チームとして自滅したような部分が大きいと思います。」

―悪天候の中、CKはどのような狙いで蹴りましたか?
「雨でボールも濡れてるんで、キーパーもいつもならキャッチ出来るのも、パンチングをせざるを得ないピッチコンディションだったと思うんで、とにかくゴールを目掛けて速いボールを蹴れれば、雨なんで点を取る可能性は高いなと思ってました。今日は速いボールを入れることを意識してました。」

―狙い通りのボールを蹴れたということで
「そうですね。練習でも何回かニアにボールを蹴っていたので、得点の場面に関しては練習の成果が出たと思います。」

―今日の試合に関して、大きな修正はありますか?
「失点してる部分に関しては修正はあると思うんですけど、失点のシーンを見ても、崩された部分ではないと思うし、どこかしら自分達に原因があると思うので、自分達次第だと思います。」

―改めて今の気持ちを
「九州で勝ち点が取れなくて、上位との差がちょっとずつ離れていってる中で、3位との湘南と対戦で、引き分けよりも必ず勝ち点3を取りたかったし、取れたゲームだったと思うんですけど、そこで勝ち点1しか取れないのは、やっぱり相手どうこうより、自分達に今は問題があると思います。」

―今後に向けて
「次の試合まで、日にちが空くんで、もう一回仕切り直しといいますか、もう一回みんなで力を合わせてやっていきたいと思うし、今までそうやって苦しい試合も乗り越えて来たんで、これからも下を見ることなく、常に前を向いて監督はじめ、みんなとやっていきたいと思います。」