2008年07月

2008年07月29日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週も先週に引き続き、来月8月10日(日)のホームゲーム、サンフレッチェ広島戦の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【プレゼントクイズ】

Q.新加入、斉藤選手の出身高校、金光大阪高の後輩にあたる選手は誰でしょう?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月31日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2008年07月28日

【第28節】ベガルタ仙台 VS FC岐阜 試合後選手コメント

【選手インタビュー:平瀬選手・磯崎選手・千葉選手】

<平瀬選手>

―ホームで久々のゴールも決めましたが、引き分けに終わった試合を振り返って
「非常に残念な結果で終わってしまって…なんか不完全燃焼という感じですね。」

―どのあたりが不完全燃焼ですか?
「やっぱり前半で取れる場面もありましたし、ちょっと早い時間で失点してしまったというのもちょっといただけないかなという部分でもあります。ま、その失点はディフェンス陣のせいだけじゃなくて、周りが上手く連携していれば取られなかった失点だとも思うし、もう少しそこのあたりは、詰めていかないといけないと思います。」

―前節草津戦よりもシュートチャンスは生まれていました
「仕掛けの部分は良いんですけど、やっぱりラストにゴールの中にボールが入らないとか、バーに嫌われたりとかしていたので、自分達で壊したなという感じはあります。でもゴールに向かう姿勢というのはどんどん良くなってきていると思うので、後は決めるだけだと思います。」

<磯崎選手>

―試合を振り返って
「中(の選手達)はタイミング良く動いてくれてるんですけど、自分の判断が悪かったり、コントロールミスだったり、なかなか上げてチャンスを作れなくて…。中の選手がうまく動いてくれてるので、あとは本当思いっきり上げるだけなんですけど、自分のミスでなかなかチャンスを作れなかったことが悔しいです。」

―左サイドバックとして定着して、その中で今後自分がやっていけることや、感じた手ごたえなどはありますか?
「まだまだミスが多いんで、改善する点は多いんですけど、自分が貢献出来ることと言えば、ディフェンス面でやられないというところなんで、まずはそこを徹底していきたいと思います。」

―今後に向けて
「今日の試合は切り替えて、また来週から次の試合に向けて準備するだけです。」

<千葉選手>

―引き分けに終わった試合を振り返って
「残念です。選手達の中でも、一生懸命結果を残そうと臨んだんですけど、なかなか上手く行かなかったですね…。本当、お客さんに申し訳ないという気持ちが一杯です。終わった後も勇気付けられるコールをされて、嬉しかったんですけど、それに対し僕たちが結果を出せていないことが、本当に不甲斐なく感じました。」

―同点に追いついた引き分けという内容については
「(失点が)開始早々だったんで。でも追いつけない感じではなかったんで。ああいう形の失点を減らしていかないと自分達を苦しめることになると思います。」

2008年07月25日

ナジソン選手加入記者会見

ナジソン選手の加入記者会見が24日(木)の午後、クラブハウスで行われました。

nadson.jpg

ナジソン選手は22日(火)に入国し、23日(水)メディカルチェックを行い、24日(木)の朝、契約が終了し発表となりました。

「皆さんこんにちは。ナジソンです。はじめまして。今の自分の気持ちは、仙台に呼んでもらって非常に嬉しいです。世界に色々な良い選手がいる中で、自分を選んでもらいました。これから仙台に誇りを持って全力を尽くして、なんとかみんなの目的のJ1のため、これから仙台で長い間生活したいと思っています。よろしくお願いいたします。」

―今回移籍を決意した一番の理由を聞かせてください
「仙台は今はJ2ですけど、自分の頭の中ではビッグクラブだと思っているからです。もう一度言いますがこれからも、みんなの目的であるJ1に行き、来年はJ1で良い成績を出していきたいと思っています。」

―自身のアピールポイントを教えてください
「まず、速いプレーです。身長はありませんがヘディングも、PKも得意です。フリーキックも時々蹴りますね。チャンスがあればゴールを決めたいですね。」

―FWということでゴールへの意欲を語って下さい
「FWというものは、ゴールを決めなければいけません。自分は、いろんなクラブの経験があって、ブラジルのヴィトーリアや、U-23のブラジル代表、韓国の水原三星などのクラブチームにいたんですけど、自分が決めるだけではなくて、チームが勝つことが一番重要だと思っています。」

―韓国で経験したプレーが日本で役に立つ部分はどういうところでしょう?
「韓国では激しいプレーがあって、そこから学ぶところがありました。日本のサッカーはまだそんなには見ていませんが、これから日本に合わせていきたいと思います。」

―日本の印象は?
「素晴らしい国です。来た瞬間に感じました。韓国とは違う印象です。あとはみんなを幸せにしていきたいです。」

―今日合流してみての、チームの印象を教えてください
「今日みんなと顔を合わせて、選手もスタッフもみんなフレンドリーに迎えてくれて、非常に嬉しかったし、自分の今の気持ちとしては10年ここにいるつもりでいます。あとは、コミュニケーションの部分があるので、早めに努力して頑張りたいと思っています。」

―サポーターへのメッセージをお願いします
「サポーターの皆さんには、自分のポテンシャルを生かして、全てを出したいです。韓国でも得点王でしたし、仙台でも得点王になりたいと思っています。あとは、サポーターの皆さんを幸せにしたいです。みんなでJ1に行きましょう!という気持ちで一杯です。」

―試合に出るまで、どのような準備をしていきたいですか?
「自分のコンディショニングはもう準備万端です。土曜日の試合も出たいのですが、あとは出ることができるようになれば、その試合からもう全力を出していきたいです。」

―後頭部の星形については?
「チームのためにこの髪型を作ったんですよ。インターネットを見て、ブラジルで作ってもらいました(笑)」

―ベガルタは今年日本人だけで戦っているチームでJ1を目指していましたが、方向転換をしたことで、そのチームに加入したことをどう思いますか?
「シーズン中に自分を呼んでもらって感謝しています。クラブのみんなが心から迎えてくれたので、その分も外国人として得点を狙っていきたいと思っています。」

―以前は金髪で、今もゴールドのアクセサリーも身につけられていますが、ゴールドが好きなんですか?
「そうですね。三星の時のユニフォームが白だったので白にしてました。その時にサポーターからの希望があって、白にしてから得点を決められるようになりました。ゴールドは大好きです。みんなとコンビネーション、リズムを作るためにも頑張ります。」

―得点王を狙うということですが、具体的に何ゴールくらい狙っていきたいですか?
「この質問が来ると思ってました。自分はどこのクラブにいた時も約束はしません。実際やってみなきゃわからないですが、自分の中では一生懸命やれば良いことが返って来ると思ってます。」

nadson_2.jpg

nadson_3.jpg

nadson_4.jpg

nadson_5.jpg

nadson_6.jpg

nadson_7.jpg

nadson_8.jpg

2008年07月22日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【7月26日(土)FC岐阜戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

「FC岐阜戦観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は飛弾暁選手でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 泉区 メールネーム : ベガジイさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「ベガジイ」さんにはFC岐阜戦観戦チケットを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は、来月8月10日(日)のホームゲーム、サンフレッチェ広島戦の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【プレゼントクイズ】

Q.現在ダブルボランチを組んでいる永井選手と富田選手は干支が一緒ですが、ひとまわり離れているこの干支は何でしょう?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月31日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2008年07月18日

「2008ファン感謝の集い」に向けて

草津戦の翌日の20日(日)には「2008ベガルタ仙台ファン感謝の集い」が行われます。

今年は「がんばろう!岩手・宮城」をスローガンに、これまでのファン感謝の集いはとはちょっと違うものとなるようです。

磯崎選手会長に今年の「2008ベガルタ仙台ファン感謝の集い」について聞いてみました。

isozaki2_0717.jpg

―今年のファン感謝の集いはこれまでと違ったものとなるようで
「岩手・宮城内陸地震の影響を受けて、少しチャリティーをテーマにいつもとは違うファン感をやりたいと思っています。」

―こういう企画をしようと思った意図は?
「やっぱり被害にあわれた方々に少しでも勇気を与えられるように、チームとして、バザーやチャリティーをやって少しでも協力出来ればなと思いました。」

―選手のみなさんは練習後、車から荷物を運んだりしてるようですが
「みんなバザーに売りに出すものを集めているようですね。例えば昔着ていた洋服だったり、私物を出す選手が多いみたいです。」

―その他の内容を教えて下さい
「毎年恒例の出し物というか、今年はいつも以上に出し物をやる人が多いので(笑)僕もみんなが何をやるのか把握はしてないんですけど、今年は芸達者な選手が多いんで、期待出来ると思いますね(笑)」

―練習の合間に、ファン感の練習も挟んだりと忙しいようですね
「もちろん、練習は練習でしっかりやって、空いてる時間をそういう練習に(笑)費やしてるのを、少し見かけました(笑)」

―その他に何かありますか?
「子供達と選手、スタッフと一緒にミニサッカーを芝生の上で楽しんでもらったり、あとはチャリティーオークションですね。これはバザーとは違って、選手が履いてたスパイクだとか、サッカー関連の物が出ると思うので、楽しみにしてて下さい。」

―ではファン感に向け、ファンの方々、サポーターの方々にメッセージをお願いします
「いつもと違ったチャリティーをテーマとしたファン感にはなるんですけど、僕達は一生懸命、みなさんを楽しませるためにいろいろと考えてるので、是非多くの方々に足を運んでいただいて、見に来ていただければと思っています。いつも応援して下さるサポーターやファンのみなさんに少しでも恩返しが出来たらと思います。」

isozaki_0717.jpg
「楽しいイベントが盛りだくさんなので来てね!!(笑)」

7月19日(土)ザスパ草津戦に向けて

kohakusen_0717.jpg

明日19日土曜日は、アウェー正田醤油スタジアム群馬でザスパ草津と対戦します。

木曜日に行われた紅白戦では、中島選手が好調ぶりをアピールしており、草津戦は5試合ぶりの出場となりそうです。

中島選手について手倉森監督は「トレーニングの中で彼自身、彼らしさを取り戻しつつあるのと、草津の守備陣形を見た時に相性が良いと思った」と起用することを明言。

中島選手の持ち味とも言える「ディフェンスの裏への飛び出し」の部分を大きく期待しているようです。

現在、草津は10勝7分7敗と好調。手倉森監督は今季の草津を「ボールを握れる選手を多く抱えている」と分析しています。

「自分達がいかに抜け出すかという時期に来ているし、草津戦は抜け出すためのきっかけになれれば良い。7月の残り2試合は勝ち点6をしっかり取って順位を上げて8月を迎えたい」と話していました。

左サイドバックとして2戦連続先発出場が濃厚な磯崎選手も「まずは出来ることをしっかりやって、少しでもチームの勝利に貢献出来れば」と力強く話していました。

<中島選手>

nakashima_0717.jpg

「4試合離れてて、上から試合を見てた時に、自分が出たらこういったプレーをしようということをイメージしながら、練習からも試合のことをイメージしながらやってました。いつでも行けるように準備していたのでコンディションは良いです。」

「自分の良さを練習でもう一度取り戻したというか、自分は思いっきりやらないと駄目というのがあったんで、調子が悪くて試合に出れなかったことは本当に悔しいですけど、その悔しさを糧に頑張って行きたいと思うし、試合に出たら、思いっきりやって自分の良さを生かしてチームの勝利に貢献したいと思っています。」

「自分の良さでもある裏への動き出しだったり、あとはたくさんボールに絡んで、ゴールも決めたいし、草津に勝って、勢いに乗って行きたい。絶対勝って帰って来ます。」


ベガルタは現在、勝ち点41で5位。対する7位の草津は勝ち点37でベガルタとの勝ち点差はわずか4。

明日は中島選手の5戦ぶりの復活ゴールでの勝利を期待しましょう!

2008年07月16日

斉藤大介選手加入記者会見

斉藤大介選手の加入記者会見が15日(火)の午後、クラブハウスで行われました。

saito_07151.jpg

「京都サンガF.C.から来ました斉藤大介です。背番号は31になりました。意気込みはJ1昇格に向けて今チームが戦っているので、少しでも自分の力がチームのために貢献できればと思っているので、精一杯頑張りたいと思っています。」

―移籍を決めた一番の理由を教えてください
「京都では10年という長い間お世話になりましたが、やっぱり今シーズンはなかなか出場機会に恵まれず、自分でも悔しい気持ちがありました。プロとしてやっている以上は試合に出て、自分はどんどん成長していけると思いますし、良い経験になると思って、試合に出て自分を伸ばしていくためには、移籍という決断をしました。
そんな中、ベガルタさんが自分のことを「是非来て欲しい」という強い要望で、京都のフロントに対して正式なオファーをかけてきてくれたので、そういったことがあって、今自分がここにいることが出来ていますので、すごく感謝しています。」

―仙台にはいつ来られたんですか?
「昨日の晩ですね。最終便で。伊丹からの最終便で来ました。」

―仙台に着いてみて、最初に感じたことは?
「着いた時は真っ暗だったので(笑)どういう雰囲気はまだ分からなかったんですけど、京都より気候が全然涼しいと思いました。京都はすごい暑いので。ジメッとした暑さで蒸し暑いイメージがあるんですけど、今日ピッチに出てみて、すごい風もあって、過ごしやすい感じを受けましたね。」

―合流してみて、チームの印象はいかがでしょうか?
「すごく明るくて、スタッフ、選手が和気藹々というか、良い雰囲気で迎えてくれましたので、僕自身まだ緊張してるんですけど、このチームならすぐに慣れて、友達もすぐ出来るかなという感じです。そういう印象です。」

―手倉森監督からはどのようなことを期待されていると感じていますか?
「本当に期待されていると思いますし、具体的にこう、というものはまだ言われていないんですけど、チームの精神的支柱みたいなかたちでやってもらいたい、ということは言われたので、早くチームに慣れて、どういう戦術かということについてはまだわからない状況ですけど、早くチームに慣れて、自分の持ち味を出せればなと思っているので、チームに貢献出来ればと思っています。」

―プレーの面ではどういうところを見てもらいたいと思いますか?
「ポジションがボランチということもありまして、やっぱり展開力や長いボールを自分としては得意としている部分があるので、そういったサイドを変えるパスなどの持ち味を前面に出していければと思っています。」

―即戦力として期待されている中で、現在のコンディションはいかがですか?
「先週の月曜日のガンバ大阪とのサテライトの試合の時に少し足を痛めてしまって、先週の京都での練習はずっと治療中心の別メニューでした。でもだいぶ足の状況は良くなってきているので、今日はトレーナーの方と話をして別メニューというかたちにはなったんですけど、早く万全の状態に治して、試合に出たいと思っています。練習にも早く参加したいという気持ちで一杯なので、今日みんなと一緒に練習出来なかったのは自分としてはちょっと残念に思ってるんですけど、早く治してチームの輪の中に入っていきたいと思っています。」

―サポーターに向けてのメッセージをお願いします
「仙台のサポーターはすごく熱狂的なファンがいますし、本当にやり甲斐があると思うので、早く足を治して試合に出られるように、J1昇格目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします。」

―仙台とは昨年何度も対戦経験がありますが、どのようなプレーの印象を持っていましたか?
「一人ひとりがすごく頑張ってハードワークをしてくる感じのチームだなと思いましたし、本当に最後まで諦めないという気持ちが最後まで出ていたと思います。自分達も昇格争いをしていて絶対に負けられない状況で、どちらが勝ってもおかしくないような試合だったと思うんですけど、本当に粘り強い、良いチームだなという印象を受けました。」

―色々な資料を見てると斉藤選手は“真面目な選手”ということですが
「いや、そんなことはないと思いますけど…。」

―すぐ周囲ともフレンドリーにやっていけそうな感じでしょうか?
「はい。もうどんどん話しかけてください。下の名前でもいいので、お願いします。」

―10年在籍していた京都から離れるということで寂しい思いもありましたか?
「もちろんそれはありましたし、10年目ということで、本当に今まで応援してくれた人もいますし、寂しい気持ちもあったんですけど、やっぱりプロである以上は試合に出なければいけないという強い気持ちもありますし、そういう意味で移籍を決意しました。」

saito_07152.jpg

saito_07153.jpg

saito_07154.jpg

saito_07155.jpg

saito_07156.jpg

2008年07月14日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【萩原選手サイン入りミニフラッグ当選者発表のお知らせ】

「萩原選手サイン入りミニフラッグ」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は萩原達郎選手でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 宮城野区 FAXネーム : かおりんさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「かおりん」さんには萩原選手サイン入りミニフラッグを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は、7月26日(土)のホームゲーム、FC岐阜戦の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【プレゼントクイズ】

Q.第25節の鳥栖戦で、後半から投入され、この日FK、PKの2得点のきっかけを作った選手は誰ですか?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月17日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

【第26節】ベガルタ仙台 VS セレッソ大阪 試合後選手コメント

【選手インタビュー:飛弾選手・関口選手・林選手】

<飛弾選手>

―試合を振り返って
「すごく向こうに勢いがあったので、そこを止めるために守備に回ってしまって、もちろん前半0-0というのはチームとしての狙い通りだったんですけど、その中で、やっぱり攻撃で何か結果を出すというか、流れを一気に変えることが出来なかったんで、そこは残念でした。」

―スタメン出場も果たし今後に向けては?
「今日出来なかった攻撃のところをどんどん練習でまた磨いて行って、また次のチャンスが貰えたら、しっかりそこで結果を出して、常に仙台に貢献出来るようにと思ってますので、トレーニングして行きたいです。」

―今日は相手の中盤のケアに追われ、サイドへの意識を持つのに苦労したところは?
「最初はすごくセレッソの方が勢い良く来たので、そこでしっかり失点しないように心がけてやってました。その中で後追いというか、先に仕掛けられてそれを受身になったという部分があって、それが攻撃出来なかった一つの原因かなと思います。」

―監督は起用に当たって「前のスペースへの飛び出し」に期待していたと思いますが、どんなことを思ってプレーしていましたか?
「一回チーム全体が引いちゃったので、その部分で飛び出すスペースが広すぎるというか、FWとの距離がすごく遠かったので、その部分で飛び出せずに、そのまま45分が過ぎた感じでした。でもそこを飛び出さないと…。そういうところを期待して使ってもらっているので、すごく残念でした。」

―今日はスタメン出場ということで難しさはありましたか?
「実践で一年ぶりくらいなので、その部分ではまだ経験不足なんじゃないかと思いますし、やっぱり先発で出たからには前半から何か仕事をして、交代しなきゃいけないんですけど、今日は本当に自分自身不甲斐なかったので残念です。」

―今後に向けてやるべきことは?
「チームとしての守備というか、しっかりしないと駄目だし、その中で自分の特徴でどんどん前に飛び出して、ボールに絡んでいかないと駄目なので、そういうのも日々のトレーニングから意識してやりたいと思います。」

―コンディション的に運動量とか暑さの方はどうでしたか?
「暑さはあまり気になりませんでした。運動量的にはちょっと少なかったっていう部分があるんで、守備に回ってしまった時間帯というか自分自身も前半はすごく意識してたんですけど、飛び出すタイミングとか失ってしまって、運動量は少なかったと思います。もっとどんどん増やして行きたいです。チームとしては勢いのあるチームにゼロで抑えられたというのは、すごいプラスなことなんですけど、やっぱり個人的に攻撃に行けなかったことが悔しいので、その悔しさをまた練習で果たせたらと思います。」

<関口選手>

―試合を振り返って
「ディフェンスのロックを作った前で、パスを回させてただけなんで、自分達の感覚では(ボールを)回させてるといった感じでした。あれを引っ掛けてカウンターっていうのは前半もちょくちょくあって、狙い通りだったんで、自分達の狙ったサッカーが出来たんじゃないかと思います。勝ち点3が欲しかったんですけど、上位対決ということで、こっちはまだ1試合少ない状態なんで、勝ち点1でも満足かなと思います。」

―FW起用ということに関しては?
「くさびが入ったところで、ボールを失わずにキープ出来たのは良かったかなと思います。」

―決定力については?
「今日の形をもっとどんどん動いて、ボールも動かしながら、攻撃に出た時に、守ってる状態の中でもボールを取った時に、いかに周りが飛び出して、流動的に動けたらもっとおもしろいサッカーになるんじゃないかと思います。」

<林選手>

―試合を振り返って。体を張った守りでした
「僕個人というよりも、最後の瞬間というのが、ディフェンスがしっかりやってくれて、そこに基づいて僕もプレー出来たんで、それはチームの守備のおかげだと思うし、押し込まれる展開というのも、別にそんな押し込まれるというより、相手に回させてるという狙い通りで、最後の局面は怖さはなかったです。」

2008年07月12日

7月13日(日)セレッソ大阪戦に向けて

明日13日、日曜日はホームに現在3位のセレッソ大阪を迎えます。

今週金曜日に行われた練習では、セレッソ戦を想定した紅白戦などを行い、攻守の連携の確認をしていました。

明日の注目は、今季初スタメンが濃厚な飛弾選手。

手倉森監督も「夏の3連戦。(飛弾の)キレのあるドリブルは相手チームにとって脅威だと思う。ここ数試合ゴールを見せれない試合が続いているので、ホームでやる時は攻撃的に行きたい」と飛弾選手の攻撃力に期待している様子でした。

「鳥栖、セレッソと勝てば加速していける。勢いをつけるためには連勝しかない」

「勝てば、スケジュール的にも、勝ち点、順位的にもチームが落ち着く。このセレッソ戦は後半戦に向けて大きな山の試合。ここの山をしっかり登って行きたい」と力強く話していました。

<飛弾選手>

hida_0711.jpg

今季初スタメン
「まずはスタメンというチャンスをくれた監督、スタッフに感謝したいと思いますし、今まで我慢してやれてきたことがセレッソ戦に繋げられたらと思っています。」

自身のコンディション
「常にいつでも行ける準備をしてきたつもりなんで、コンディションはすごく良い方だと思いますし、それを継続して行ければと思います。まずは仕掛ける部分をイメージして、そのイメージを大事にして、突っ掛けて行きたいです。」

攻撃力に期待
「もちろん個人的にも攻撃的に行きたいと思います。チームを勝ちに持っていくには得点がいると思うんで、やっぱり全面的に攻撃面を出して行きたいです。」

ホームで初スタメン
「セレッソ戦はチームにとっても、大切な試合だと思いますし、個人としても大事な試合になると思うんで、ホームですし、サポーターの声援も力に変えて、絶対に勝ちたいと思います。」


ホームでは現在、6月11日の横浜FC戦以来、得点がありません。

先発の飛弾選手の攻撃力、そして初得点にも期待したいですね。

明日の結果次第では、2位浮上の可能性もあるので絶対に勝たなきゃいけない試合です。

ホームでしっかり白星を挙げて欲しいと思います。

2008年07月08日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【7月13日(日)セレッソ大阪戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

「セレッソ大阪戦観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は一柳夢吾選手でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 泉区 メールネーム : ゆいなパパさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「ゆいなパパ」さんにはセレッソ大阪戦観戦チケットを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

present_hagi1.jpg

present_hagi3.jpg

今週は、萩原選手のサイン入りミニフラッグを抽選で1名の方にプレゼントいたします。
萩原選手の好きな“楽笑”という言葉入りです!

【プレゼントクイズ】

Q.第1クールのアウェー広島戦(5月6日)を完封でおさめた、この試合の守護神は誰ですか?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月10日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2008年07月07日

【第24節】ベガルタ仙台 VS 愛媛FC 試合後選手コメント

【選手インタビュー:中原選手・細川選手・田中選手・田村選手】

<中原選手>

―監督からどんなことを言われてピッチに入りましたか?
「2点取って来いと言う指示だったので、点を狙いに行ったんですけど、結果的に0点で終わって、仕事は果たせなかったんで、悔しいですけど…。次またやるしかないんで、切り替えて頑張りたいです。」

―7月の初戦が負けになってしまって、今後払拭するためには
「結果として示していくしかないんで、今やってることは間違ってないと思うし、しっかりとチームとしての約束事を続けて勝てれば一番良いと思うんで、夏に弱いなんて言われないようにやれれば一番だと思います。」

―今後に向けて
「試合がすぐあるんで、切り替えてやるしかないし、引きずってもしょうがないんで。次はアウェーですけど、勝って帰れるように。コンディションだけ戻してやれれば大丈夫だと思います。」

<細川選手>

―試合を振り返って
「個人的には今まで積み重ねて来て、頑張ってきたことを監督に評価されて出られたと思うんですけど、この試合で自分の思ったようなプレーが出来なくてすごく悔しいです。」

―その思ったようなプレーというのはどのようなプレーだったのでしょうか?
「やっぱりもっとディフェンスから入りたかったです。一回かぶったプレーがあって、そういうプレーをなくしたいですし、あとは繋ぐ面でももうちょっと慌てないで落ち着いて行きたかったです。メンタルをもっと鍛えていかなければならないと思いました。」

―メンタル部分が大きかった?
「今までやってきたことを評価されて出られたと思うんですけど、それを出せなかったというのはやっぱり気持ちの面なのかな…と自分では思います。」

―相手がシンプルにサイドにボールを繋いで攻めてきましたが、相手への対応はどうでしたか?
「相手の右サイドバックが特に高い位置を取っていたので、それには十分気をつけて、中のカバーもしつつ、外のケアもしつつ、ということを狙っていたんですけど、そのワンプレーが、かぶってしまって相手に抜かれてしまった。ああいうプレーだけは本当にしてはいけないと感じています。」

―今後に向けて
「今日の試合はすごく自分にとって大きな財産になったと思ってます。本当に良い経験が出来ました。これを機に、もっと練習して頑張って大きくなっていかなければいけないと思います。監督のためにもチームのためにもやっていきたいと強く感じています。」

<田中選手>

―試合を振り返って
「どこかで落ち着く場面があっても良かったかなと思います。相手が戻ってくるのが早かったし、人数もかけて守ってたんで、もっとどんどんサイドとか散らして、攻めれば良かったかなと思います。」

―ラストパスの前でのミスなど、プレーしていてチグハグさを感じたところは?
「自分もそうですし、イージーな部分でもミスがあったし、取られ方が悪い場面があったので、そういうところをしっかり修正していければ良いと思います。」

―後半に入り、トップ下に下がった時間があったと思いますが、どのようなことを意識してプレーしていたのですか?
「前半に、相手のボランチに自由に持たれて、結構攻め込まれていたので、そこをケアしろと言われ、ボランチを消すようにしていました。」

―1列下がることによってプレッシャーの若干緩いところでボールを受けられるようになり、田中選手自身ボールに絡める展開にもなっていたと思いますが?
「そうですね。ちょうど相手のディフェンスラインとボランチの間で、フリーで受けて、前を向けるチャンスもあったので、そういうところは結構良かったかなと思います。」

<田村選手>

「今日はアシストも出来なかったし、得点も狙ってたんですけど、悔しいです。」

―イエローカードを貰ってしまいましたが
「接触プレーで全然故意ではないし、勿体無いと言う気持ちです。次節出れないのはわかってたので、なんとかこの試合で結果を残したいという気持ちで前半はどんどん行ったんですが、後半は自分のドリブルで仕掛けたり出来ればもうちょっと変わっていたのかなと思うんですけど、そこをパスで逃げてたかなと悔しい思いはあります。」

―ちょっとバタついてたような?
「そうですね。みんなちょっとバタついてたし、前回の分をどうにか取り返そうと行ったんですけど、うまく行かないと言うか、それは自分達のせいなんですけど、どこかで1点入っていれば変わったかなと言う気持ちもあります。悪い中で後半立て直そうと入ったんですけど、失点のシーンも悔やまれるところです。」

―相手の左に先手を取られたという思いはありますか?
「自分は右で作るというよりは、左から来たボールにタイミングよく出て行く形が得意で、前半は何回か行けたんですけど、相手の左ウイングの選手が張ってきて、そこで起点を作られてしまったというのは実際にあったんで、前半も後半も合わせてクロスもやられましたし、その辺でちょっと反省は残ります。」

―今日の試合のようにここまで田村選手が守備に追われるという展開は、ここ最近あまりなかったと思います
「縦に速い選手がいると、なかなか上がっていくのが怖いので、今日はそこを意識しながらやっていたところはあります。あとはホソ(細川選手)がもっと上がっていくかなと思っていて、バランスを見ようかなと思っていたんですけど、思っていたより自分の方が前に行けたので、前半の途中からは行けるようになったんですけど、でもちょっとやられすぎた部分も多かったというのは反省です。」

―次節は出場停止になってしまいましたが、チームメイトにはどのようなことを伝えたいですか?
「自分は今年から試合に多く出させてもらって、出る中でいろいろ経験も積んでいるし、周りにどうというよりは、自分も1試合空いて、他の選手がそこに出るわけで、チームに迷惑かけるというのもありますけど、また自分が出られるように、1試合空くんで、次に向けてコンディションを上げて行きたいなという気持ちです。なので、周りに何かというよりは…気持ちとして勝って欲しいというのはもちろんありますけど、そこまで偉いことも言えないので…という感じです。」

2008年07月04日

7月5日(土)愛媛FC戦に向けて

kohakusen_0703.jpg

明日はホームに愛媛FCを迎えます。

今週木曜日に、雨の降る中行われた練習では、3本の紅白戦などを行い、攻守の連携の確認をしていました。

明日は細川選手の左サイドバックとしての先発が濃厚のようです。

スタメン出場となると細川選手は今季初先発、プロとしても記念すべき初先発となります。

手倉森監督は「愛媛もサイドバックを起点にしてくるチーム。そこのアプローチをしっかりしたい」と話し、細川選手の起用については「彼の持ち味はハードワークが出来ることと、タフになってくる季節に彼のようなフィジカルが強い選手が出てきてくれて戦術にマッチしてくれればマイナスになることはない。センターバックもボランチもサイドバックも出来るユーティリティのある選手。彼の持ち味がチームに必要」と信頼を寄せている様子でした。

細川選手と同期の田村選手も「淳矢が出るにしても、一緒の立場で、チームを盛り上げられるようにやるだけです」と意気込みを話していました。

tamu_0703.jpg

「挽回の6月」を勝利で締めくくりましたが、明日は7月最初のゲームとなります。

手倉森監督は「タフなゲームが後半戦も続くので7月の入り方が重要。調子の波に乗っていかないといけない大事な月」

「タフで辛抱強い、隙の少ない戦いを繰り返していかないといけない。加速して行く」と力強く話していました。

目の前の愛媛戦に向けては「焦れる内容が続いている。ホームで前回点が取れなかったので、ゴールとゼロで終わらせて、次のゲームに繋げて行きたい」と話していました。

<細川選手>

hoso_0703.jpg

前節を振り返って
「少しの時間だったけど、あの難しい時間帯での投入で、また自分も少し成長出来たと思うので良い経験でした。」

スタメン濃厚
「今までいろんなポジションをやってきたので、ゲームで発揮したいです。」

左サイドバックの手応え
「サテライトのヴェルディ戦の時にもやって、難しい部分はあったんですけど、少しは手応えも感じてたので問題はないです。」

守備の評価
「自分がやるべきことは、守備の部分を買われてると思うのでまずは守備をしっかりやって、運動量もある方なので自分の良いところを出して攻撃参加も加わって行きたいと思います。」

対愛媛戦。サイドがカギ
「サイドバックから攻撃が始まると思うし、大事なポジションだと思いますが、今までやってきたことを全て出せばやれるという自信はあるので、頑張りたいと思います。」

プロ2年目。これまで
「プロに入ってから、プロの厳しさ、難しさを感じた。結果が出てこない中、ずっと前を向いてやってきたんで、ここでやっとチャンスが巡ってきたのでものにしたいと思ってます。」

同期の活躍
「同期が活躍してて嬉しいと思う反面、悔しい気持ちも強かった。でも逆にその気持ちが自分の糧になった部分もあります。」

ユアスタでのプレー
「すごい大勢のサポーターの前でプレーするのは楽しみ。ちょっと緊張もしますが、かなり楽しみですね。コールはホソでしか呼ばれたことないのでホソで。二文字だから難しいと思うんですけど(笑)」

どんなプレーを心がけるか
「ガツガツいけて、なおかつ運動量を上げて、上がって下がってとなると思うんですけど、持ち前の激しさをみんなに見せれたらいいなと思います。」


現在ベガルタは勝ち点37で4位。対する愛媛は12位です。

愛媛とは第一クールではアウェーで1-1で引き分けている相手。

明日はホームユアスタ、ということでしっかりと勝利して欲しいです。

ホームでの勝ち点3に期待しましょう!

2008年07月01日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【7月5日(土)愛媛FC戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

「愛媛FC戦観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。

先週のプレゼントクイズの正解は千葉直樹選手でした。

多数ご応募いただいたクイズ正解者の中から抽選で

当選者 泉区 メールネーム : ななせさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「ななせ」さんには愛媛FC戦観戦チケットを発送致しましたのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は、7月13日(日)のホームゲーム、セレッソ大阪戦の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【プレゼントクイズ】

Q.第22節熊本戦でスタメン出場した新加入のセンターバックの選手は誰ですか?

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆プレゼントクイズの答え
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月3日(木)必着。
当選者は今週金曜日20時からON AIRのベガパラとこちらのブログ上で発表させていただきます。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。