« 【今週のプレゼントのお知らせ】 | メイン | 【今週のプレゼントのお知らせ】 »

【ナビスコカップ】京都サンガF.C. 戦を振り返って

【選手インタビュー:太田選手・桜井選手・鎌田選手・朴選手・レイナルド選手・奥埜選手】

<太田選手>

―試合を振り返って
「前半0-1で負けてて、後半追いついたところまでは良かったですけど、勝ち切るチャンスもあったんで。ホームなので勝ちたかったんで、非常に残念ですけど、自分としてはずっと結果を出す出すと言ってきて、ここまで来てたので、点が取れて非常に良かったと思います。」

「今日は90分、スタメンというチャンスをいただいて、その中で確実に点を取っていかないと良い選手じゃないなと思いますし、前半ポストもあって、ついてない部分もあったと思いますけど、後半ワンチャンスで確実に決めれて本当に良かったです。」

―どんなことを意識してプレーしてましたか?
「裏に抜けるプレーを意識して、どんどんゴールを狙っていこうと意識したんですけど、やっぱり連携不足で、立ち上がりから相手に攻められていたんで、でもそこらへんはしっかり修正して、後半は良いサッカーが出来たと思うので、次に繋げて行きたいと思います。」

―ゴールシーンを振り返って
「裕希から良い横パスが来て、ファーストタッチが非常に良かったんで、その時点でゴールはほとんど確信してましたし、トラップがしっかりいけば、やっぱりシュートもうまくいくんで、ファーストタッチを今後も意識して、ゴールに向かうトラップ、そういったところを確実にやっていきたいと思います。」

「サポーターの方々もずっと、手紙とかメールでも、応援してるんで頑張ってくださいって、たくさんのファンレターとかも貰ってるんで、やっぱりその期待に応えられる活躍をもっともっとしていかないといけないんで、今後、今日のような得点をもっともっとたくさん取って、チームの勝利に貢献出来るように頑張りたいです。」

―今後に向けて
「1試合、まだ1点取っただけなんで、まだまだ満足はしてないです。今日も勝ちきれなかったんで、反省する部分もたくさんありますし、毎試合、点に絡んで、自分の点でチームが勝利することが一番の目標なんで、毎試合、確実に点が取っていけるように、今後集中して頑張っていきたいと思います。」

<桜井選手>

―試合を振り返って
「僕的には全然駄目でした…。キックが最初から最後まで修正出来なかったんで、申し訳ない気持ちと情けない気持ちです。サポーターのみなさんも、多分僕のプレーはほとんど知らないと思うんで、なんとか自分のプレーをわかってもらいたかったんですけど、ちょっとキックがあまりにも酷すぎて…。もう少し日頃は良いんで(笑)ちょっと残念ですね…あのイメージがついちゃったと思うんですけど。」

「新潟の時の方が力も抜けて、スムーズに出来てたんですけど、今日は少し、最初に失点して、バタついてる感じがちょっとあったんで、もう少し、落ち着いてプレー出来れば、もっと良かったかなと思いますね。」

―修正点が見つかったのは今後に繋がるのではないでしょうか?
「修正点はすごいはっきりしてるし、コンディションは悪いわけでもないし、シュート打たれてもそんなにやられる感じもないんですけど、やっぱり今日はキックのところが良くなかったんで。この前の新潟は、トータルしてバランス良く出来てたと思うんですけど、今日はちょっとキックでチームに迷惑かけたし、だいぶあれで流れが変わると思うんで、本当にちょっと寝れないぐらい悔しいです、今日は(笑)」

―ここからですね
「全然やれるのはやれると思うんで。チームもそうですし、僕個人的にもキックさえ修正すれば、全然通用するというか、やれるっていう手応えはこの前の新潟戦もそうですし、リーグ戦で今まで出来てた選手もそう思ってると思うんで、自信さえ持ってやれれば、絶対もっと上位にも行けるだろうし、良い結果が出ると思います。」

―京都の印象はどうでしたか?
「ボールを取ってからのスピードがあるっていうか、人数かけて一気に攻め上がってくるんで、そこらへんで勢いに負けないように、しっかり冷静に対応しなきゃいけないなって言う風に思ってたんですけど、最初ちょっとあまりにもあっさりやられちゃったんで、それ以外はみんな、冷静にやれてたと思うし、チャンスもこっちの方が多かったと思うんで、またリーグ戦で当たる機会があるので、今日のこの結果は次、必ず活かして行きたいし、常に前向きに、反省するところはしっかり反省して、まだ始まったばかりなので、どんどん切り替えて、チームも個人的にもレベルアップしていければと思います。」

<鎌田選手>

―試合を振り返って
「前半終わって、ハーフタイムでしっかりみんなで話し合って、後半は良い形で出来たので、ホームでまた負けなかったので、最低限のことは出来たと思います。落ち着いてボールを回せる時もあったし、奪ったボールをキープ出来たのもあるんですけど、まだまだミスが多かったので、その辺は課題です。先に読んだプレーも出来たんで、そんな合格点ではないんですけど、出来た部分と出来ない部分はありましたね。」

<朴選手>

―試合を振り返って
「一生懸命やって、勝ちたかったんですけど、引き分けですごい悔しいです。今日、久しぶりに試合に出た選手がたくさんいたんですけど、やっぱり選手と言うのは勝つ喜びを味わわなきゃいけないと思ってますし、選手と言うのは勝つと勝利給って形でお金が貰えますので、その為にも自分が一生懸命やってやろうと思ったんですけど(笑)引き分けで悔しいですね。プロはお金なので(笑)」

―試合で良かった点は?
「正確にはよくわからないんですけど、前半みんなのプレーが良くなくて、後半みんな切り替えてすごい良いプレーを継続出来たのは、すごい良いことだと思います。」

―J1のプレーをどう感じ取ってますか?
「確かにJ1に上がって難しいことが多いんですけど、J2だったらうちのチームが一番、最高水準のレベルのチームだったんですけど、J1に上がると最高ではないと思うんで、その部分で、小さなミスがカウンターになったりとか、難しいと思います。」

―連戦ですが、次節の神戸戦に向けて意気込みを聞かせて下さい
「前の試合で大敗してしまったので、うちの選手はもちろんそうなんですけども、ファンのみなさんもすごい残念だと思ったので、次の神戸戦で引き分けじゃなくて、勝ちを目指して頑張りたいと思います。」

<レイナルド選手>

―試合を振り返って
「素直に今日は疲れました。久々に試合に出ることで、みんなとの連携があまりうまく出来なかったことが自分の反省で、これから頑張っていかなきゃいけないと思っています。」

「自分が試合にたくさん出れば、チームとコンビネーションがうまく出来るし、自分のコンディションもどんどん完璧までいくと思ってますし、これからチャンスがあって、あまり試合の流れでは、自分が決めるチャンスはなかったけど、試合に出れたので、これからももっともっと頑張っていきたいと思います。」

―サポーターの声援を受けて
「最初から最後まで、声援を送ってくれて、その分自分達がピッチの中でもっともっと力を出さないといけないと思いました。これからも、自分が命をかけてもっともっと良いプレーを出さないといけないと思っています。本当に素晴らしいサポーターだと思いました。」

<奥埜選手>

―試合を振り返って
「やっぱり楽しみにしてたんで、出れた時は本当に嬉しかったです。短い出場時間の中で、一つのチャンスに絡めたことは良かったんですけど、あそこでやっぱりシュートを打てなかったんで、そこがまだ自分の課題と言うか、弱いところだなと思います。」

―ユアスタのピッチに立って
「本当に嬉しくて、やっぱり良いなと思いました。やっぱりまたJリーグであったり、ナビスコであったり、またベガルタ仙台の試合に出て活躍出来るように頑張りたいです。」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://izumiku.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/429