2010年07月

2010年07月31日

8月1日(日)川崎フロンターレ戦に向けて

<田村選手>

tamura_0729.jpg

―川崎フロンターレの印象はどうですか?
「ワールドカップが終わって、キーパーの川島さんと、鄭大世が抜けて、抜けたところも頑張っていると思うんですけど、そういうところはデカイと思うんで、連携が良くなる前にここで勝ちたいと思います。」

―川崎と言えば、田村選手にとっては中村憲剛選手ですが、昨年、天皇杯で川崎と戦った時に、中村選手に「J1はこんなもんじゃない。覚悟しておけ」と、リベンジ発言をされたんですよね?
「そうですね。まさに今その通りになっているんで…。甘くないと言うのは肌で感じましたし、一戦一戦、勝つつもりでやってるんで、次の川崎も強豪ですけど、8月は全部勝つつもりで、頑張りたいと思ってるんで、その中の一戦として捉えています。浮上していくためには、引き分けじゃなくて、勝ちが必要なんで、どうしても勝ちをとにかく早くゲットしたいですね。」

―前節広島戦は右サイドバック、前回戦った天皇杯川崎戦の時はボランチでしたが
「ボランチでやる時の方が自由にやれるんで、自分としては、無心でどんどんガツガツ行けるのが良さだと思うんですけど、サイドバックで出るとやっぱり、最終ラインということもあって、いろいろ抑えなきゃいけないところもあるんで、どちらでもいけるように、しっかりと準備したいと思います。」

―今年は例年にない暑さですが、体力的にはどうですか?
「2連戦やった選手は大変だと思うんですけど、僕はまだこの前出たばっかりで、1試合空いてるんでまだ大丈夫だと思います。」

―先日、ユアスタで戦ってみて暑さは大丈夫でしたか?
「暑さは大丈夫でしたけど、J1の選手とやる試合の後の疲労は、今までとはやっぱり違うんで、そこだけは早く良いコンディションに戻すことがやっぱり、試合が終わった時からもう始まっている…という、まぁ岡田監督の…あんな感じです(笑)」

―では、川崎戦へ向けて意気込みをお願いします
「失点が多く続いた試合から、前節は1点取られてしまったんですけど、徐々にですけど、守備のところも安定させなきゃいけないんで、無失点でいけば負けることはないんで、まずは守備をしっかりしたいと思います。素早いカウンターから点を取りたいですね。相手の巧さはあると思うんで、チャレンジャー精神で頑張りたいと思います。」

―出来れば、田村選手自身ゴールを決めて“ゆりかごダンス”をしたいところですよね
「ちょっともう、みんな忘れかけてると思うんで(笑)覚えてたらやりたいですけど。この前、セキ(関口選手)が槙野(広島)の弓矢パフォーマンスをやってたんで、僕は弓矢じゃなくて、バズーカでも打とうかと思っています(笑)」

―楽しみにしています!頑張って下さい
「はい!頑張ります。」

2010年07月26日

【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

【プレゼントのお知らせ】

今週は、8月7日(土)に行われる「横浜F・マリノス戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月29日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【7月27日(火)サンフレッチェ広島戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

7月27日(火)に行われる「サンフレッチェ広島戦」観戦チケットプレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 利府町 メールネーム : Kさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「K」さんには、サンフレッチェ広島戦観戦チケットを発送致しましたので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。


【今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

現在『イオン仙台泉大沢ショッピングセンター』1階、セントラルコートのオーロラビジョン近くに展示されています、ベガルタインフォメーションボードより、月替わりで選手のサイン入りグッズをプレゼントの今月は『鎌田選手のサイン入りナンバーズ12Tシャツ(フロッキー サイズL)』抽選で1名様にプレゼント!!

ion_kamatapre.jpg

応募締め切り日は、7月31日(土)

今週末に迫っています。

皆さん、ふるってご応募下さいね!

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、fmいずみベガパラ『この選手にQ&Aプレゼント係』まで。
どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月31日(土)必着。

イオン仙台泉大沢ショッピングセンターにお立ち寄りの際は、是非チェックしてみて下さい!

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2010年07月23日

7月24日(土)アルビレックス新潟戦に向けて

<パクソンホ選手>

sonho.jpg

―Jリーグでプレーしてみた印象は?
「やっぱり自分が思ってた通りのパスとか、テクニック系のサッカーが巧いなと感じたのと、あとは負けてる状態での投入で、相手が引いて守ってる状態だったので、ちゃんとしたものはまだ見れてないという印象があります。」

―個人のプレーに関してはどうですか?
「その時、来日してから何日も経ってない状態で、連携の面でもそうですし、自分のプレーの質もそうですし、天気とかそういうのにも慣れてなかったので、まだ自分のプレーは50%ぐらいしか出せてなかったと思ってます。」

―チームメートとのコミュニケーションに関してはどうですか?
「選手みんなと喋って、コミュニケーションを取るようにしてるんですけど、まだ足りないですから、自分自身も努力して、他の選手の長所と、自分の長所をわかってもらって、もっと良いプレーをしたいと思っています。」

―仲の良い選手はいますか?
「同じポジションの中原選手が、自分のことをよく励ましてくれたりとか、助っ人として来たので、手伝ってくれたり、よくしてくれています。」

―チームからはどんなことを期待されていると思いますか?
「うちのチームは全員守備という形で、監督からもよく話をされているんですけども、守備の面ではそういう貢献ももちろんですし、ポジションがFWというポジションですので、やっぱり得点を決めて、チームに貢献することを期待されていると思います。」

―次節新潟戦はホームですが、初出場に対しての思いはありますか?
「試合に出るかどうかと言うのは監督の判断なんですけれども、出れるように、自分は思いっきり準備しますし、もし試合に出るようなことがあれば、やっぱりサポーターの前で良いプレーを見せて、チームの勝利に貢献したいと思っています。」

―もし、スタメンで出た場合は、どういうプレーを心掛けたいと思ってますか?
「自分が相手の守備を動かしたりとか、競り合いとかで自分がずっと勝っていれば相手も疲れてくると思うんで、自分もそうですし、周りの選手も生かせると思うので、そういうプレーをしたいと思っています。」

<手倉森監督>

―今日の練習を振り返って
「みんな疲れが出てたという感じですけど、負けたあと、また挽回しようとして、今週のトレーニングにみんなエネルギーを注いでくれてたし、良い時が続くわけでもないので、そんな中、トレーニングの前に、前節の課題に意識を持ってやれたと思います。」

―前節からの課題と言うのは具体的にどんなことですか?
「ボールを回す事は出来たけども、最終の突破ということに関しては、相手のディフェンスラインを突く回数も少なかったし、シュートも少なかったし、やっぱりそういったところを、ボールを持つ為にゲームをするんじゃなくて、ゴールを奪うための仕掛けと言うところをもっと意識しなければいけない、というところです。」

―新潟の印象はどうですか?
「ボールを奪ってからのカウンターっていうところが、すごい強みのあるチームだなと思います。やっぱりビッグスワンでのゲームを見てても、ボールを奪った瞬間に、観客がワァッと盛り上がって、その勢いで後押しを受けた上に、どんどんどんどん前に掛かっていくというスタイルが新潟だなと思ってるんで、切り替えを大事にしなきゃいけないのと、そういったスペースのあるうちの仕掛けで、やりきりタイプというか、とにかくボールを奪ったらシュートまで行くんだというところの姿勢が非常に良いチームですね。そういったところは警戒しないといけないなと思います。」

―今年は苦しい中、夏を迎えることに関しては?
「今回対戦する新潟が、開幕から8戦勝ちなしで、それから連勝飾って今の地位まで上り詰めて来たので、自分達も8戦勝ちなしで、そういう経験を持ってるチームと対戦出来るところで、そういったところに勝ってあやかりたいと思います。アウェーからリスタートが始まったわけですけども、久しぶりにホームでプレー出来るんで、ここ2つ続くところでなんとか勝ち点6を取って浮上していきたいなという思いで挑む一戦になると思います。」

―日程は詰まってますが、2戦ともホームで出来ることに関しては?
「やっぱりホームで試合したいですし、このホームの試合から勝ち続けられることをしていかなければいけない。ここの2戦、中2日でタイトなスケジュールの中、勝てれば相当な自信になるし、これからの夏場に対して、ここ2つ取るということが非常に大事になってくると思います。」

2010年07月20日

【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

【プレゼントのお知らせ】

今週は、7月27日(火)に行われる「サンフレッチェ広島戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月22日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【鎌田選手のサイン入りミニフラッグ当選者発表のお知らせ】

「鎌田選手のサイン入りミニフラッグ」プレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 メールネーム : かまやつ さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「かまやつ」さんには、鎌田選手のサイン入りミニフラッグを発送致しますので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。


【今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

現在『イオン仙台泉大沢ショッピングセンター』1階、セントラルコートのオーロラビジョン近くに展示されています、ベガルタインフォメーションボードより、月替わりで選手のサイン入りグッズをプレゼントの今月は『鎌田選手のサイン入りナンバーズ12Tシャツ(フロッキー サイズL)』抽選で1名様にプレゼント!!

ion_kamatapre.jpg

応募締め切り日は7月31日(土)

皆さん、ふるってご応募下さいね!

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、fmいずみベガパラ『この選手にQ&Aプレゼント係』まで。
どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月31日(土)必着。

イオン仙台泉大沢ショッピングセンターにお立ち寄りの際は、是非チェックしてみて下さい!

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2010年07月16日

【みちのくダービー】7月17日(土)モンテディオ山形戦に向けて

kohakusen_0715.jpg

<梁選手>

―みちのくダービーを前に今の気持ちは?
「そんなに、こうダービーと言うのを意識したことないんですけど、まぁ選手以上にやっぱりサポーターの皆さんだったり、本当に周りが、この一戦を待っているんだなと言うのはすごく感じますし、ダービーですけど、再開して一発目の試合なんで、勝って良いスタートを切りたいなと言う気持ちは強いです。」

―コンディションはどうですか?
「先週はちょっと、体もしんどいなぁと感じる部分もありましたけど、今週に入ってから、コンディションの方も上がってきてるなというのも、練習してても自分で感じますし、とにかく早く試合がしたいですね。」

―新加入のソンホ選手ついて
「やっぱり背丈もあるんで、しっかりサイドからボールを上げれば、ほとんど先に触ってくれるんじゃないかなという期待感もありますし、あとそれだけじゃなくて、足もとも技術もしっかりしてるし、シュート練習なんか見てても、すごいパンチ力あるので、ソンホが入った時には、高いボールと足もとのボールというのを使い分けて攻撃したいと思っています。」

―ワールドカップから帰ってきて
「やっぱり海外の選手はシュートレンジがすごく広いというか、ミドルシュートをたくさん打つので、それもしっかり枠にもとらえるし、そういうのがちょっとうちには足りないなというのも感じてたんで、打てる時は、思い切って次の試合は打っていきたいなと思っています。」

―どんな戦いを意識したいですか?
「ラストパスを狙ってFWにボールを出すのと、あとは自分で、個で打開して、ミドルだったり、ドリブル突破していくというのを折り混ぜていかないと、なかなか点を取るのも難しいと思いますし、そういうところは練習からでも積極的にトライして、そういうのを試合でも出せれば、もっと得点パターンが増えるのかなと思っています。」

―みちのくダービーに向けた意気込みをお願いします
「まぁ激しい試合になることは間違いないと思うので、そこで、どっちが勝ちたい気持ちを出せるか、あと、ルーズボールだったり、そういう玉際のところで、どっちが強く行って、マイボールに出来るかというのはすごい大事な部分だと思うので、そういうところで優位に立てるように。個人もしっかりプレーして、あとはチームとしてもしっかりまとまって、やりたいと思います。みんなで早く試合がしたいなと言う気持ちは、他の選手よりは強く持ってると思います。」

<千葉選手>

―みちのくダービーを前に今の気持ちは?
「僕はあまりやはり意識しないようにしています。あんまり否応無しに盛り上がって、周りから押し上げられる感じになってしまうので、それで自分もやっぱり意識してしまって失敗した経験もありますし、あまり特にダービーと言う気負いはしないようにしています。」

―J1同士で実現するみちのくダービーについて
「昔はJ2でお互い戦うことが多かったですけど、東北のサッカーのトップの2チームがJ1でそういう風に対戦出来ると言う環境をずっと続けられたらいいですよね。それは、この間、山形で宮沢選手も同じことを言ってましたけども、ずっとそういう状態が続いて、東北の2チームがお互い、競い合いながら成長していければいいかなと思います。」

「子供達もやっぱり、そういうものを見て目指してくれれば、それは僕らにとって嬉しいことですし、それにはやっぱりこういう試合を長く続けていくことですよね。その第一歩として、本当に仙台にとっても、山形にとっても、すごい大事な試合だと思います。」

―今年の山形の印象やイメージはどうですか?
「例年までのチームとしての守備、ただ堅実だけではなくて、決まり事がすごいはっきりしていて、堅い、そう簡単には崩れない精神力を持っていますし、それに今年、新しく入った選手達が前線で良いタメを作ったりとか、仕事をする選手がはっきりしているなという言うのをすごい感じるんで、そこをどう抑えられるかですよね。あとは多分、お互いに点の取り合いと言う戦いにはならないと思うんで、守備からやっぱりお互い入って、リズムを作って行くと思うので、観ててそんなに楽しい試合にはならないかもしれないですけど(笑)本当に一点を争う試合になるんじゃないかと思っています。」

―リーグ戦再開、後半戦に向けて
「梁のこともあったし、好材料と呼べるソンホも入りましたし、いくつかやっぱり良いことがあったので、前半戦の終盤のように、ナビスコ、また別の戦いでしたけども、リーグ戦でも同じように、同じような戦いが出来れば、勝って行けると、自信を持って臨めると思うので、着実に本当にしっかりと勝ち点を重ねていくことを優先して、後半戦は戦って行きたなと思います。」

―改めて。意気込みをお願いします
「現状は本当に山形さんの方が上ですし、順位も上ですし、去年一年間J1で戦ってきてるっていう実績もありますから、チャレンジャーである気持ちは変わらないですけども、やっぱりそこの中にも、多少のプライドはあるんで、仙台はやっぱり常に山形より上にいたいという、街の人もそう思ってるんだろうし、もちろん山形さんもそういう風に感じてると思いますけど、それ以上に、やっぱり仙台はそういうプレッシャーにも勝っていかないですね。」

「今の勝ち点差と言うのは、団子の状態の中で、まだ今は14位ですけど、しっかり勝ち点を取っていけば、一桁の順位も無理ではないと思いますし、そういう位置にまだ入れると思うんで。本当に楽しみですね。皆さん、盛り上がってくれるでしょうし、ちょうど中断明けで、うちも山形さんも良い準備をして、良い状態で戦えると思うので、よりハイレベルな試合が出来るんじゃないかと思います。」

<手倉森監督>

―みちのくダービーを前に、今の気持ちを
「本当、いよいよ始まるかなと言う気持ちですね。12節終わって、14位で終わった我々は不本意だったという悔しい思いを持って、この準備期間過ごして来たし、その全ては後半戦に向けてのスタートのためだということなんで、もう7月は挽回の月にしたいと思ってますから、その相手が、みちのくのライバル山形と言うことであって、僕らもそうですけど、それ以上にそれぞれの県民が盛り上がる一戦だろうなと思います。良い再開の仕方が出来そうだなと思っていますね。」

―J1同士で実現するみちのくダービーについて
「やっぱり東北にJ1の火が2つあると言うのは、東北のサッカー熱を盛り上げるために良いことですし、またそのゲームの白熱さ、あと内容というところが、スリリングだったり、魅力的であれば、もっともっと東北が盛り上がってくれるだろうし、そういった東北のためのゲームになればいいなと思っています。」

―今年の山形の印象やイメージはどうですか?
「粘り強い組織的なサッカー、手堅い守備からのオープン攻撃というのが彼らの持ち味であると思うし、何よりも、厳しいゲームを戦い慣れているところが、去年1年J1でやってみて、そういったところが身についていると思ってますから、久しぶりの対戦ですけど、手強い相手には変わらないと思っています。」

―みちのくダービーはどんなことに気をつけて戦いたいですか?
「本当、入れ込み過ぎないことと、我々がやっていることを念頭に置いて、魅力的なサッカーをしようとするところ。負けたくないし、必ず勝ちたい相手だし、勝てば勢いに乗れる相手なんで、必ず勝つという気持ちも大事だし、何でも過度にならないような緊張感というところが大切なのかなと思っています。特にうちの選手は、内に秘めて闘志を燃やすタイプが多いんで、逆に冷静にゲームに入れるのかなと思っています。我々を迎え撃つ山形の方が、少しはいつもより気合を入れてくるのかなと思います。」

2010年07月12日

【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

【プレゼントのお知らせ】

今週は、鎌田選手のサイン入りミニフラッグを抽選で1名の方にプレゼントいたします。

kamata_pre.jpg

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月15日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【平瀬選手と菅井選手のサイン入り15周年記念ミニフラッグ当選者発表のお知らせ】

「平瀬選手と菅井選手のサイン入り15周年記念ミニフラッグ」プレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 青葉区 メールネーム : むーたん さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「むーたん」さんには、平瀬選手と菅井選手のサイン入り15周年記念ミニフラッグを発送致しますので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。


【今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

現在『イオン仙台泉大沢ショッピングセンター』1階、セントラルコートのオーロラビジョン近くに展示されています、ベガルタインフォメーションボードより、月替わりで選手のサイン入りグッズをプレゼントの今月は『鎌田選手のサイン入りナンバーズ12Tシャツ(フロッキー サイズL)』抽選で1名様にプレゼント!!

ion_kamatapre.jpg

応募締め切り日は7月31日(土)

皆さん、ふるってご応募下さいね!

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、fmいずみベガパラ『この選手にQ&Aプレゼント係』まで。
どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月31日(土)必着。

イオン仙台泉大沢ショッピングセンターにお立ち寄りの際は、是非チェックしてみて下さい!

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

『この選手に直撃!』鎌田次郎選手インタビュー~サッカー人生編&プライベート編~

<鎌田選手>

kamata_062201.jpg

―毎試合、素晴らしいディフェンスでチームの失点を阻止してくれる鎌田選手ですが、自分に何を期待されていると感じますか?
「最初の方は、ビルドアップっていうか、チームを落ち着かせることだったりとかだと思ってたんですけど、それプラス、今はディフェンスラインをまとめていくとか、統率という部分でもやらなきゃいけないと思っているので、そういう部分も大事かなと思いますね。」

―ユアスタに来て、ぜひ自分のココを見て欲しい!というアピールポイントはありますか?
「ディフェンスは見て欲しいんですけども、取った後のボール、それが僕のパス一本でゴールに繋がるようなプレーを意識しているので、そういう場面があったら、見て欲しいですね。」

―現在、自分のコンディションをキープするために心がけていることはありますか?
「いつも同じリズムで生活するというか、そんなに生活に波がないので、生活に流れを作るっていうんですかね。月曜から試合までの流れっていうのはだいたい決まっているので、そういう部分でコンディションはキープしています。」

―鎌田選手にとって現在、モチベーションとなっているものは?
「勝ちたいっていう気持ちと、今年やっぱり獲ってくれた仙台に対して恩返ししたいという気持ちがあるので、その2つだと思いますね。一番大きいのは。」

―鎌田選手がサッカーを始めたきっかけは?
「小学校1年生の時に、家の近くのクラブチームがあって、近くに住んでた友達と一緒に入ろうと言うことで入りました。」

―プロになろうと思ったきっかけは?
「小学校1年生の時に、Jリーグが開幕したんですけど、やっぱりそれをずっと見てて、きっかけというか、自分はプロになるんだと思ってました。」

―プロになって感じた一番の「違い」は?
「やっぱりお客さんの数とか、背負ってるものっていうか、プレッシャーみたいな感じですかね。」

―自分の持ち味なり得意とするプレーは?
「パスですかね。フィードだと思います。」

―現在好きなチームは?
「バルセロナですね。やっぱり強いし、美しいですよね、サッカーが。」

―個人的に好きな選手とか好きなプレースタイルの選手はいますか?
「気が利いてる選手っていうんですかね。日本で言ったらガンバ大阪の遠藤選手みたいな、ボール取られなかったり、相手が嫌なプレーをどんどん突っついてくるっていう選手は好きですね。」

―現在、チーム内で仲の良い選手は?
「やっぱり同年代とかはよく絡んだりしますね。仲悪い人はいないですね。」

―関口選手と仲良いですよね?
「そうですね。あいつは高校の時から一緒にやってたので。」

―チーム内外問わず、仲の良い選手、気になる選手や意識している選手はいますか?
「大学の時一緒にやってて、プロに行ったやつとか、試合出てるか出てないかとかチェックしたりしますし、そういう人たちは気になりますね。」

―プロになられた方、結構多いですよね
「そうですね。流通経済大学は結構プロに行く選手が多いので、後輩も多かったし、先輩も多かったし。そういう面では、いろんなチームに知り合いがいるので、試合するたびに挨拶しに行かなきゃ行けなかったりとか、後輩が挨拶しに来たりとかがあるので、それは楽しいことは楽しいです。」

―出身地、東京都大田区の思い出は何かありますか?
「小学校の時は、週2回の練習だったんですけど、多摩川の河川敷でいつも練習してて、楽しかったですね。」

―休日にリフレッシュするためにすることは?
「午前中はゆっくり寝て、そこから買い物に出掛けたり、外をブラブラすることですね。」

―よく買い物に行く場所は出来ましたか?
「まだ全然。どこで買い物をしたらいいかわかってないところがあって、徐々に行動範囲を広げていってます。」

―逆に“ここがおもしろいよ”って教えて欲しいですよね
「そうなんですよ!教えてくれればいいんですけど(笑)」

―自分って「最高」って思う時は?
「最高!って思う時は、キーパーが抜かれて、誰もいないゴールで、シュートを打たれて、俺が帰ってクリアした!みたいな(笑)そういうのは点を取った時ぐらい、よっしゃ!って感じですね。」

―好きな女性のタイプは?
「基本、大人しい人ですかね。」

―芸能人で言うと?
「優香さんみたいな感じですかね。」

―好きな食べ物は?
「甘いものは結構好きですね。どちらかと言うと洋菓子っていうか。普段食べないですけど、貰ったりしたらいただいています。」

―嫌いな食べ物は?
「納豆ですね。納豆は食べたことないです。」

―差し入れを貰って嬉しいものは?
「夏とかは、やっぱりちょっと凍らせたドリンクとかが嬉しいです。」

―尊敬する人は?
「今まで出会ったサッカーの監督さんたちは、すごい尊敬する人達ばっかりで、やっぱり今の自分があるのも、その人達の教えがあった積み重ねだと思ってるんで、尊敬っていうか、監督達には感謝しています。」

―今一番会ってみたい人は?
「マイケル・ジャクソン!」

―現在の宝物は何ですか?
「ipodですかね。いろいろ詰め込んで、遠征の時も聴くし、試合前も聴くし、普段も車の中で流したりするんで、自分のモチベーションを上げるにはipodが一番です。」

―海外旅行に行くとしたらどこに行きたいですか?
「アメリカですね。遠征とかでヨーロッパとかアジアは行った事があるんですけど、アメリカだけなくて。アメリカはやっぱり行ってみたいですね。」

―もし3カ月オフがもらえたら何をしたいですか?
「旅行ですかね。海外も行ってみたいし。ま、でも昔の友達とかにも、忙しくてなかなか逢えないので、そういうところを巡ってみたいです。」

―サッカーに関係なくても良いので鎌田選手の夢は?
「本当、大きな夢で言うと、サッカーを国技ぐらいにしたいんですよね。叶うかどうかわからないですけど(笑)」

―では、小さいところの夢は?
「小さい夢?小さかったら夢じゃないですよ!夢は大きくですから(笑)」

―最後に、熱い声援を送ってくれるサポーターの皆さんにメッセージをお願いします
「まず序盤戦、応援ありがとうございました。これからグアムキャンプに行って、後半戦良い結果が出るように頑張って来たいと思います。また応援よろしくお願いします。」

※取材日:6月22日

2010年07月05日

【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

【プレゼントのお知らせ】

今週は、平瀬選手と菅井選手のサイン入り15周年記念ミニフラッグを抽選で1名の方にプレゼントいたします。

hirase_sugai_pre.jpg

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月8日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

現在『イオン仙台泉大沢ショッピングセンター』1階、セントラルコートのオーロラビジョン近くに展示されています、ベガルタインフォメーションボードより、月替わりで選手のサイン入りグッズをプレゼントの今月は『鎌田選手のサイン入りナンバーズ12Tシャツ(フロッキー サイズL)』抽選で1名様にプレゼント!!

ion_kamatapre.jpg

応募締め切り日は7月31日(土)

皆さん、ふるってご応募下さいね!

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、fmいずみベガパラ『この選手にQ&Aプレゼント係』まで。
どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月31日(土)必着。

イオン仙台泉大沢ショッピングセンターにお立ち寄りの際は、是非チェックしてみて下さい!

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【6月のこの選手にQ&Aプレゼント当選者発表のお知らせ】

「6月のこの選手にQ&Aプレゼント、中島選手のサイン入りオリジナルコンフィットTシャツ(No.13 サイズL)」プレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 メールネーム : よっちのママ さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「よっちのママ」さんには中島選手のサイン入りオリジナルコンフィットTシャツを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2010年07月02日

『この選手に直撃!』鎌田次郎選手インタビュー

<鎌田選手>

kamata_0622.jpg

―まずはナビスコカップ、決勝トーナメント進出おめでとうございます!
「ありがとうございます。」

―決勝トーナメント進出と言うことで、ベガルタ史上初の快挙を成し遂げました
「僕史上でも初めてだったので、同時に嬉しいし、そういう、チーム史上で初めてっていうのは良かったと思います。」

―ワールドカップ中断期間と言うことで、これまでをちょっとした総括のような形でお聞きしたいのですが、リーグ戦は、14位で折り返したこの成績を振り返って
「スタートダッシュっていうか、序盤は気持ちも入ってて、フレッシュな気持ちで躍動してたんですけど、やっぱり相手も慣れて来るし、いろいろ研究されるというのもあって、なかなか結果が途中から出てないんですけど、J2から上がったチームが、そんなにすぐ首位争いとか出来るとは思ってもいないので、チームが掲げた目標はあるので、それを達成出来れば、今年は100点はもらえないだろうけど、合格点ぐらいはもらえるのかなと思ってみんなやってるので、多分そんなに焦りはないと思います。」

―チームの雰囲気は良い感じですか?
「そうですね。勝っても負けても、みんな明るくやってるので、そんなに落ち込むということはなかったですね。」

―現在、ワールドカップ中断期間に入ってますが、鎌田選手はこの期間をどのように過ごそうと思っていますか?課題やテーマはあります?
「失点をゼロにして戦っていこうと言う戦い方なんですけど、やっぱり点を取らなきゃ勝てない試合は絶対あって、うまく守りながら、どう攻撃に繋げていくかというのを自分の中では課題にしてたんですけど、こればっかりは僕1人じゃなくて、ディフェンスラインとか、ボランチとか、そういうところを全部含めたところの課題だと思ってるので、グアムキャンプとか、練習試合とか入ってるので、その辺でしっかり話していければいいなと思います。」

―現在、ワールドカップは観てますか?
「はい。観れる時はだいたい観てます。」

―日本代表戦は?
「カメルーン戦は見たんですけど、オランダ戦はあんまり観れなかったですね。」

―カメルーン戦では、ディフェンダー鎌田選手として観ていてどうでしたか?
「大学の時に、選抜で一緒にやってた長友が、エトーを抑えてたりとか。なんかいいなぁと思いましたね。」

―やはり頼もしかったですか?
「僕は昔から、あいつはやると思ってたので(笑)こんなに急激に行くとは思ってなかったんですけど、本当に凄いやつだったので、予想通りっちゃ予想通りですけど、本当に行くとは思ってなかったので、嬉しいですね。」

―鎌田選手が好きな国だったり、応援しようと思っている国は?
「小学校の時のチームのユニフォームがオレンジだったので、その時からオランダが好きで。オランダも好きなチームの1つですね。」

―では、鎌田選手の考える優勝国はズバリ?
「ブラジルじゃないですかね…(笑)」

―7月4日は日韓親善マッチ 浦項スティーラーズ戦ですが、キャンプでの成果を試せる試合ですね。意気込みをお願いします
「アジアを代表するチームの1つなので、思いっきりぶつかっていければいいなと思うので、キャンプでしっかり準備して、オカさんがいるので、良いところを見せられればいいなと思います。」

―岡山選手とは柏時代に重なってるんですか?
「はい。柏がもう1個前のJ2にいた時に、僕が強化指定で入ってて、その時によくオカさんとセンターバックで組んでたので、すごい良くしてくれて、良い先輩ですね。」

―やっぱり飾らない性格が
「そうですね。芸人なのかサッカー選手なのか紙一重なところなんですけど(笑)すごい良い人です、本当に。」

―熱い方ですもんね
「そうですね(笑)」

―久々に逢えて、対戦出来るのも楽しみですね
「国は違うんですけど、お互い頑張って一緒にやった仲なので、嬉しいですね。」

※取材日:6月22日

fmいずみ公開録音 『カーサベガルタ トークショー&サイン会』 partⅡ

talkshow_619_3.jpg

―7月4日に行われる日韓親善マッチ 浦項スティーラーズ戦についてお聞きしたいんですけど、平瀬選手はKリーグと対戦したことは?

平瀬選手:

「あります。」

―浦項スティーラーズとは?

平瀬選手:

「はい、あります。」

―どんな印象ですか?

平瀬選手:

「鹿島の時にちょっとやったことあるんですけどね、3-0ぐらいで勝った記憶がありますけど、でも(当時と)全然メンツが違うし、去年アジア王者になってるし、相当強いと思うんで、ヤバイですね。」

―菅井選手、浦項スティーラーズと言えば、岡山選手がいますが、個人的にもすごく仲良くされてますよね?

菅井選手:

「そうですね。電話もしますし。ま、電話だけですね(笑)」

―岡山選手は、この対戦について何かおっしゃってましたか?

菅井選手:

「一回電話したんですけど、基本何言ってるかわからない人なんで(笑)あまり内容は覚えてないですけど、向こうも楽しみにしてる、とは言ってたんで、早く試合をやりたいですね。」

―岡山選手も、ユアスタ凱旋ですし、サポーターの方々も岡山選手に逢えるのを楽しみにしてると思うので

菅井選手:

「そうですね。出るかわからないんですけど(笑)やるからには、楽しませるサッカーを出来ればいいかなとは思います。」

―では、ここでトークショーに来ていたサポーターの方から平瀬選手へ質問です。「FWとしてどういう時にゴールの嗅覚を感じますか?」

平瀬選手:

「自分では嗅覚あると思ってないんですよね、全く。基本的にどんなゴールが良かったかと言われると、エリアの外からのミドルだったりとか、オーバーヘッドで決めたりとか、すごいゴールがもてはやされますけど、それもすごいんですけど、ゴール前でちょろちょろと来たボールを押し込むというのも、何気にポジション取りも大変なんで、そういう時に、ディフェンスとの駆け引きの中で、どれだけフリーになれるかっていうことなんで、要はコーナーキックの時が一番、そういうところで発揮出来るんじゃないですかね?離れて、こぼれ球を決めるという。もう目の前に来たら嗅覚ですからね。ポジション取りが良かったんで、そういうところだと思います。」

―トークショーに来ていたサポーターの方から菅井選手へ質問です。「入団当初の自転車で通ってる頃から見ると、すごく筋肉がついたと思うんですけど、どういうトレーニングをしてますか?」

菅井選手:

「やっぱり常日頃のトレーニングを、一日一日100%でやることですね。自転車は、去年買いました、けど乗ってないです…(笑)」

―ここで、リスナーから来た質問を紹介したいと思います。「平瀬選手と菅井選手って普段からすごく仲が良いですが、仲良くなったきっかけを教えて下さい」

平瀬選手:

「きっかけですか?最初、ベガルタに来て、宮崎行く時に、空港でみんなでお茶してたんですよ。で、全く喋らないんですよ、この人…。なんだこいつは?と思ってたんですけど(笑)全く喋らないんですよ。怒ってんの?って思ってました、最初(笑)それからなんか知らないうちに、僕と永井さんとキンとっていう3人でよくいるようになってからですね。だから、自然とですね。自然と何かしら一緒にいるようになって、家に遊びに来たりとかしてます。」

―菅井選手は、平瀬選手や永井選手いるところに何気なくいた感じだったんでしょうか?

菅井選手:

「多分、何気なくですね。基本、年寄り大好きみたいな(笑)話が合うんですよ。若手もいいんですけど、やっぱりベテランの、ヒラさんもそうだし、永井さん、あとはハギ。ま、だいたいそういう年上の人と話してる方が、いろんなものを聞けて学べるし、楽しいって思うようになって、多分一緒にいるようになったんだと思いますけど。」

―平瀬選手は、菅井選手のことを最初、怒ってるの?と思ってたようですが、菅井選手から見た平瀬選手の第一印象はどうでしたか?

菅井選手:

「初めてクラブハウスで見た時は“カレーだ!”と思いましたね(笑)でも怖かったですね、やっぱり。テレビに出てた人ですから。ちょっと近寄りがたいし。」

平瀬選手:

「そんなオーラあるんですか?最初だけでしょ?」

菅井選手」

「最初だけ(笑)基本、人見知りなんで、喋れないですね。」

―ベガルタはみなさん、仲良いですもんね。チームワークが良いという印象です

平瀬選手:

「そうですね。仲良いですね。ま、だいたい仲良いですけどね、でも仲悪い奴はいますよ。俺と萩原は仲悪いです(笑)」

2010年07月01日

【今週のプレゼント当選者発表のお知らせ】

【7月4日(日)アイリスオーヤマ&やまや プレゼンツ 日韓親善マッチ 浦項スティーラーズ戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】


「アイリスオーヤマ&やまや プレゼンツ 日韓親善マッチ 浦項スティーラーズ戦」の自由南の観戦チケット」プレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 泉区 メールネーム : ゴーゴー さん

当選者 泉区 メールネーム : ずっきー さん

当選者 泉区 メールネーム : サッカーキング さん

当選者 泉区 メールネーム : ワーンコカップ さん

当選者 岩沼市 FAXネーム : きくりん さん

以上、5組の方々に当選いたしました。
おめでとうございます。

当選された方々には、日韓親善マッチ 浦項スティーラーズ戦観戦チケットを発送致しましたので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。