2010年08月

2010年08月31日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は、9月19日(日)に行われる「モンテディオ山形戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは9月9日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【平瀬選手と菅井選手のサイン入りエコバッグ当選者発表のお知らせ】

平瀬選手と菅井選手のサイン入りエコバッグの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 泉区 メールネーム : ひろっちさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「ひろっち」さんには、平瀬選手と菅井選手のサイン入りエコバッグを発送致しますので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2010年08月27日

8月28日(土)湘南ベルマーレ戦に向けて

<赤嶺選手>

akamine_0826.jpg

―現在、チームの雰囲気はどうですか?
「良くなってると思います。」

―ベガルタで1ゴールを決めた手応えはいかがですか?
「一勝したことに、まず満足せずに、次に進まないと上に行けないと思いますし、その為に今週みんなやってきてると思うので、試合で結果を出せればと思います。」

―湘南ベルマーレの印象やイメージは?
「守備がしっかりしてますし、結構堅いなというイメージがあります。」

―監督が“赤嶺選手の良いところは一つのプレーで終わらないところだ”と言う評価をされてましたが、湘南が守備のブロックをかためて来た場合、どんなことを心がけてプレーしたいと思いますか?
「まずはゴールを向くことが大事ですし、やっぱりシュートを打たなきゃ入らないので、全員でシュートの意識を持って行ければと思います。」

―ホームでの勝利がチームにとって何よりも大切だと思いますがいかがでしょうか?
「ホームで勝つことによって、更に勢いに乗れますし、ホームなんでサポーターのみなさんの力も必ずあると思うので、それを全面に出していければと思います。」

―サポーターのみなさんがたくさん駆けつけて下さり、盛り上がる一戦になると思います。熱い声援を送ってくれるサポーターのみなさんに向けてメッセージをお願いします
「サポーターの力と言うのは必ず必要ですし、ホームなので、相手を上回って勝ちたいです。サポーターは、必ず力になると思いますので、熱い声援をお願いしたいです。」

<斉藤選手>

―湘南戦、約一年振りにスタメン復帰が濃厚と言う事で、今の気持ちはどうですか?
「もちろん、やっぱり“やったるぜ!”って言う気持ちは強いですけど、なかなか今シーズン、開幕から出番がなく、悔しい思いをしたので、その悔しい思いっていうのを湘南戦にぶつけないといけないと思います。」

「もちろんやっぱり信頼して使われてる部分もあるので、その期待に応えないといけないと言う思いもあるので、緊張せずに、思い切って自分のプレーが出来ればなぁと思っているので、ミスを恐れずに、どんどん積極的にプレーしたいと思っています。」

―前節大宮戦の当日、キングカズさんからメッセージを貰ったそうですが
「はい、そうです。たまに連絡とか来るんですけど。“お前、どうしたんだ?最近、(試合に)出てないな~”みたいな感じで言われたり。でも“腐らずに頑張ってやれよ!”って感じで毎回ハッパをかけられるじゃないですけど、熱いお言葉を貰えるんです。京都時代、一緒に一年半プレーしたんですけど。」

―カズさんがゴールを決めた時は斉藤選手も連絡されるんですか?
「電話したんですけど、留守電になっちゃって、メールとかいっぱい来てたみたいで。留守電には“得点おめでとうございます!”と簡単にメッセージだけ残して、その大宮戦の当日の朝に“ありがとうな~”って電話が来て、その後に良い言葉を…。“お前が腐らずに頑張ってた結果、こういうチャンスが回ってきたんだし、頑張れよ!”みたいな感じですごい熱い言葉をかけられたので“やったろ!!!”という気持ちにはすごいなりました。」

―カズさんとは良い関係なんですね
「そうですね。京都時代、よくプライベートでご飯に連れて行って貰ったり、週3、4回、近くの銭湯に連れて行って貰ったりして(笑)体のケアとか本当にプロ意識が高くて、専属のトレーナーとかを付けて、マッサージを受けたりとか、サッカーの部分でも常に先頭を走ったりとか、常にチームを引っ張って行こうっていう意識が強い方で。」

「練習が終わってからも、居残りでシュート練習をしたりとか、その時は僕、19歳だったので、カズさんが32歳ぐらいで、その時から本当に偉大な方とプレーして、彼の背中を見続けて頑張ってきたので、そういう部分では、良い刺激を貰っています。」

―湘南戦では、久々のスタメンが濃厚ですが、あの声援の中でプレー出来るのは楽しみですか?
「楽しみですし、なかなか試合に出れなかった部分があったので、本当に楽しみというかワクワクしている状況ですね。」

―斉藤選手の活躍を待ち望んでいたサポーターがたくさんいると思うので、その方達に向けてメッセージをお願いします
「まだわかりませんが、ホームのユアスタで今季初出場した時には、やっぱりチームの勝利に貢献するべく、一生懸命頑張りたいと思いますので、熱い声援をよろしくお願いします。」

<手倉森監督>

―14戦勝ちなしの状態が続いてましたが、前節大宮戦で一勝をあげました。今の気持ちはいかがですか?
「残り16戦になった時から、一戦一戦が、大一番が16回あるんだという話をしました。レッズ戦で勝ち点1しか取れなかったけれども、その1を次は3に繋げよう!そして3に繋げた時に、もう3しか考えられないですよね。そうなった時に迎える湘南戦は、連勝も懸かっているし、勝ち点3を取ることで引き離すことが出来るし、ジャンプアップ出来るという大一番です。」

「14戦勝ちがなかった我々にとって、逆に言えば、勝ち続けることしかその鬱憤を晴らせないので、そのつもりで選手ともやっていこうという話をしてますから、みんな連勝を狙う気で本気になっています。」

―湘南のイメージや印象、戦う上でのゲームのポイントなどを聞かせて下さい
「奪ってからのカウンターというところに持ち味のあるチームで、守備ではゴール前、厚く攻められばゴール前を固めるチームだという印象があります。攻めながらでもリスクマネージメントが必要になってくるし、相手の良さを出させないような、攻守バランスの取れたサッカーというのを心がけて戦わなければいけないなと思います。」

「いずれにしても僅差の勝負のつく対戦相手なので、下にいるから大丈夫ってことではなくて、前回の借りもあるし、同時期に昇格したライバルチームでもあるし、それに対して今の力という差を見せ付けられるぐらいの気持ちで挑みたいと思います。」

2010年08月23日

【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は、平瀬選手と菅井選手のサイン入りエコバッグ(ブルー)を抽選で1名の方にプレゼントいたします。

ecobag.jpg

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは8月26日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【8月28日(土)湘南ベルマーレ戦戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

8月28日(土)に行われる「湘南ベルマーレ戦」観戦チケットプレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 黒川郡 メールネーム : ベガルタ戦士の母さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「ベガルタ戦士の母」さんには、湘南ベルマーレ戦観戦チケットを発送致しますので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。


【今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

現在『イオン仙台泉大沢ショッピングセンター』1階、セントラルコートのオーロラビジョン近くに展示されています、ベガルタインフォメーションボードより、月替わりで選手のサイン入りグッズをプレゼントの今月は『田村選手のサイン入りトートバッグ(イエロー)』抽選で1名様にプレゼント!!

ion_tamurapre.jpg

応募締め切り日は、8月31日(火)

皆さん、ふるってご応募下さいね!

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、fmいずみベガパラ『この選手にQ&Aプレゼント係』まで。
どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは8月31日(火)必着。

イオン仙台泉大沢ショッピングセンターにお立ち寄りの際は、是非チェックしてみて下さい!

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2010年08月20日

『この選手に直撃!』太田吉彰選手インタビュー~現在&サッカー人生編~

<太田選手>

oota_0819.jpg

―現在のコンディションはいかがですか?
「暑い日が続いてて。コンディションとしては、見てもらってる通り、あんまり良くない状態がずっと続いてるんで、なかなか自分自身、納得するプレーが出来ないですし、チームもなかなか納得するゲームが出来てない状態なんで、苦労はしてますけど、残り試合、最後までしっかり戦うこと、しっかり戦えるコンディションにすること、それを意識しながら残りやっていきたいと思ってます。」

―3勝10敗6分、16位のこの成績を振り返ってみていかがですか?
「開幕当初はやっぱり、良い感じで入れて、勢いを持って行けたんですけど、ここ数試合は、チーム全体としてもなかなか機能しないですし、そういった時に、自分が出ても全く機能していない自分のコンディションとしても最悪なんで。ちょっと苦労してますけど、そこらへんが上がってくると、チームも噛み合って来ると思うので、自分自身、責任を持ったプレーを今後はやっていきたいと思いますし、もっともっとゴールに結びつくプレーをやらないといけないと思います。」

―14試合連続勝ちなしということで、今のチームにとって結果が付いてこない原因は何だと思いますか?
「ん~。やっぱりなかなか結果も付いて来ないんで、その原因がすぐに答えられるようならこんなに苦労はしてないですし…。難しいところですけど、それでもやっぱり誰かが爆発しないとやっぱりこういうところは打開出来ないと思うので、そういった選手、今のところ全く活躍していない僕なんかは、ここから爆発していかなきゃいけないのは自分でもわかってますし、サポーターも思っていると思うので、しっかり確実に点に繋がるプレー、実際は絶対出来るはずなんで、もっと自信を持ってやっていきたいなと思ってます。」

―ユアスタに来て、ぜひ自分のココを見て欲しい!というアピールポイントはありますか?
「もっともっとコンディションを上げて、自分としては一対一で勝てる選手なんで。もっともっと勝負していくんで、そこらへんはもっとやっていきたいと思いますし、それが出来なければ、自分に“もっと行けよ!”とかブーイングしてくれて全然構わないんで、やっぱりそういったところのプレーを見て欲しいですね。勝負は逃げずに行きたいと思います。」

―暑い日が続いてますが、自分のコンディションをキープするために心がけていることはありますか?
「しっかり練習をすることと、睡眠と、良い食事を摂ること。そこらへんは意識してやっていますけど。」

―太田選手がサッカーを始めたきっかけは?
「兄貴がやってたんで。ただそれを真似してやっただけですね。その当時プロもないですし、別に目標を持ってやっていたわけではなかったんで。」

―お兄さんがきっかけということで
「そうですね。はい。」

―いくつぐらいから始めたんですか?
「小学校一年生の頃ですね。」

―その当時のポジションというのは?
「ポジションはないですね。トップ下やったり、FWやったり。小学生が憧れるキーパーもやりましたし。」

―当時、目標にしていた選手はいましたか?
「プロもなかったんで、別にいなかったですね。ただ、小学校4、5年の時に、Jリーグも出来たんで、三浦知良選手に憧れて、あとは地元はずっと磐田だったんで、中山雅史選手に憧れています!」

―プロになろうと思ったきっかけは?
「プロにはもちろんなりたかったですけど、兄貴が先にプロになったんで、それで初めて俺もプロになりたいなと思ったんで、高校の時ぐらいですかね。」

―お兄さんの影響で?
「そうですね。基本的に兄貴がほとんどなんで。僕の中では。」

―プロになって感じた一番の「違い」はどんなことですか?
「いろいろありますね。もちろん、生活も変わりますし、周りから今度は見られる立場になったんで、そういったところは自覚を持ってやってますし、あとはいろいろありますよ(笑)言わないですけどね、いろいろありますよ(笑)」

―自分の持ち味なり得意とするプレーは?
「顔で威喝することですね(笑)スピードあるドリブルと、本来ならシュートが得意なはずなんで。今、点取れてないですけど、ここから確実にチームを残留させるために点を取りたいと思います。」

―サッカー選手になっていなければ今頃何をやってたと思いますか?
「F1レーサー!」

―そういえば車がすごくお好きなんですよね?
「はい。運転好きですね。大好きです。」

―もしサッカー選手になっていなかったら、今頃走ってたことでしょう
「そうですね。すごい大金を稼いで、今頃、フランスのモナコあたりに住んでたんじゃないでしょうか?(笑)」

―サッカー選手として普段気をつけていることは?
「周りはもちろん、そういう目で見てくるんで、あんまり変なことはしないようにしていますけど(笑)」

―現在好きなチームは?
「海外だったら、ルマンです。」

―好きなナショナルチームは?
「フランスです。」

―やっぱりフランスがお好きなんですね
「フランスは、半年海外に行ってる時にお世話になった国なんで、フランスは自分の中で2番目に好きですね。日本の次に。」

―その半年海外に行ってた時はほとんどフランスに?
「いや全部じゃないですけど。イギリスやベルギー、ドイツにも行きましたけど、フランスが一番長かったんで、フランス語も勉強しましたし。」

―個人的に好きな選手とか好きなプレースタイルの選手はいますか?
「ポルトガルで、もう引退しちゃったルイス・フィーゴ選手が好きですね。」

―プレースタイルとしてはフランス人じゃないんですね?
「やっべぇ!そこもフランスか(笑)じゃあ、リベリで(笑)」

―フィーゴ選手のどんなところが好きですか?
「ドリブルが巧いところと、ゴールをたくさん決めるところですね。ゴールに向かうプレーが好きなんで。」

―現在、チーム内で仲の良い選手は?
「みんな仲良いですよ。向こうは仲良いって思ってるかどうかわからないですけど(笑)僕は仲良いと思っています。」

―ご飯に行ったり、特に仲良い選手は?
「高橋義希。彼は同期なんで、よく行きますね。」

―チーム内外問わず、仲の良い選手、気になる選手や意識している選手はいますか?
「仲良い選手はジュビロ磐田の選手はみんな仲良いです。特に加賀健一選手。」

―やっぱりお兄さんはライバルとして尊敬してますか?
「いや、尊敬はしていますけど、ライバルだとは別に思ってないです(笑)」

―では最後に。太田選手の活躍を待っているサポーターの皆さんに向けてメッセージをお願いします
「何度も言うように、ちょっと自分の中でも今シーズン不甲斐ない、だらしない試合をしてしまって、まずは申し訳ない気持ちと、絶対残留するんで、ここから自分の活躍でなんとかチームを盛り返して、チームの順位をもっともっと上にして、自分自身すごい活躍をして、チーム全体を盛り上げていきたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願いします!」

2010年08月17日

【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週も先週に引き続き、8月28日(土)に行われる「湘南ベルマーレ戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは8月19日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

現在『イオン仙台泉大沢ショッピングセンター』1階、セントラルコートのオーロラビジョン近くに展示されています、ベガルタインフォメーションボードより、月替わりで選手のサイン入りグッズをプレゼントの今月は『田村選手のサイン入りトートバッグ(イエロー)』抽選で1名様にプレゼント!!

ion_tamurapre.jpg

応募締め切り日は、8月31日(火)

皆さん、ふるってご応募下さいね!

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、fmいずみベガパラ『この選手にQ&Aプレゼント係』まで。
どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは8月31日(火)必着。

イオン仙台泉大沢ショッピングセンターにお立ち寄りの際は、是非チェックしてみて下さい!

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2010年08月13日

8月14日(土)ガンバ大阪戦に向けて

<梁選手>

ryan_0812.jpg

―ガンバ戦から後半戦が始まる今の気持ちを
「とにかく下を向かないで、前向きにやっていくしかない状況ですし、次から残りの半分の試合が始まると言うことで、なんとか1勝して、早く良い流れに持っていけるように。勝つことだけを考えてやりたいと思っています。」

―紅白戦の2本目でボランチでプレーしてましたが、ボランチとして意識しているプレーはどんなことですか?
「やっぱり前に多くボールを入れる時にはしっかり供給するというのを意識してやりたいなと思うし、ボランチのところで、しっかり前を向いてボールを運んだり、前にボールを供給しないと、攻撃と言うのはなかなか出来ないと思うので、サイドを使う時としっかり縦パスを入れる時と言うのを意識して、あとフリーで持ったら、FWの2人を見てやりたいと思っています。」

―守備的な負担や攻撃の圧力もかかってくると思いますが
「やっぱり、守備と言う面ではやってたからこそわかるという感覚的な部分もあると思うし、ポジショニングだったり、例えばコースの切り方だったり、そういうのはやっていかないと身につかないと思うし、後ろのセンターバック2人中心に声を聞きながら、コミュニケーションを取りながらやりたいなと思っています。」

―梁選手から見て、勝ち点3を取るには、今のベガルタに何が必要だと思いますか?
「みんな必死にしてるというのは変わりないんですけど、勝ちにこだわるサッカー。ちょっと汚いプレーが出ても勝てばいいんだ、というそのぐらいの気持ちを持って、とにかく自分らは勝たないと上に行けないんで、勝ちにこだわって、泥臭く、貪欲にやりたいなと思います。」

<手倉森監督>

―ガンバ戦から後半戦が始まる今の気持ちを
「あと一巡しか残ってないんで。一回対戦したチームなんで、もちろん負けたチームには借りを返したい思いもあるし、引き分けたチームにも勝ち点3を取りたい思いもあるし、とにかく第一巡目の成績を見れば、ここから1つ1つ勝っていくしかないので。今、チームはそういったちょうど一巡目と二巡目の区切りのところで、メンタル的にも切り替えて、ここから挽回するんだと思いで挑むことが必要だなと思います。」

―梁選手のボランチ起用についての意図は?
「J1のリーグはどの試合でも60分過ぎに間延びする傾向があるというところで、その間延びしたスペースでしっかりボールを収められる選手がいたほうがゲーム終盤で主導権を握れる。この間、マリノス戦でそういった形になった時に、ゲームの状況で梁はそこで効いたなと言うのもあるし、逆に攻撃的なチームに最初から梁をボランチというところなどもよく考えてやらなければいけないと思っています。」

―ガンバ戦から巻き返しを図るためのカギは?
「やっぱり全員守備、全員攻撃で、連動、オーガナイズ整えた中でゲームをし続けることが大事だなと思います。そのためにやっぱり、いかに失点しないか、いかに先制点を取るかというところがカギになってくると思うんで、残りのひとまわり、1つ1つ勝つために、まず全力で仙台らしく、手堅い守備から隙を突くこと、仕掛けた時に思いっきりの良さというところを表現してやっていきたいなと思います。」

―ガンバは攻撃的なチームですが、印象や戦う上でのポイントなど
「宇佐美選手を始め、平井選手や、ユースから良い選手も出てきてるし、そういった選手が活躍しているビッグクラブなんで。とにかく1つ目のパスを狙えなくても、2つ目のパスを狙えるような、本当辛抱強く対応していくことが必要だと思いますから、あとイグノも入って、縦にも早いので、ポゼッションしつつダイレクトプレーのリズムチェンジも非常に巧いので、気の抜けない相手です。相手の良さを出させないためには、ゴールを取らせないということが念頭になければいけないと思っています。」

akamine_0812.jpg

<手倉森監督>

―赤嶺選手を獲得されました理由を聞かせてください
「まずは、うちのFW陣に怪我が相次いだということだったし、中島は長期離脱、中原は3週間なんだけども、実際ゲームをしたら再発しかねない箇所、彼のストロングポイントを見れば、危険な場所の骨折なので、あと彼が怖さを克服するまでの期間を考えれば、もしかしたら3週間以上かかるだろうと。そうなればゲームはどんどん消化していくわけで。そうなった時に赤嶺選手を選んだのは、残された平瀬、ソンホ、フェルナンジーニョにない、また違ったスタイルのFWというところで、彼が良いだろうと白羽の矢を立たせてもらいました。これがスムーズに、1日2日で動き出した時に、実際に獲得まで至ったというのが奇跡的なところもあるんですけども、そこはもうFC東京さんとベガルタの強化部の繋がりがそこにあったなというところに本当に感謝したいなと思います。」

―監督から見た赤嶺選手の印象は?
「FC東京と対戦した時に、途中で出てきた嫌な選手だし、スピードもあって、アグレッシブな選手なんで、ペナルティボックスの中で点を取る為のアクションが非常に早いんで、そういった持ち味をベガルタに落とし込んでくれればいいなと思っていますね。」

―次節のガンバ戦に出場の可能性はありますか?
「ありますね。一刻も早くこの契約が成立したのも、全ては後期の開幕に向けてというところだったんで、彼のコンディションを見てからと思ってたんですけど、やっぱり東京でしっかり練習も積んでいたし、コンディションも悪くないので、スタートかサブかというところを考えながらいきたいと思います。」

<梁選手>

―赤嶺選手の人柄として印象とプレーヤーとしての印象はどうですか?
「チームに早く馴染もうと、自分から積極的に声を掛けたりとか、そういう姿も見られますし、プレー面では本当にアクションというか、自分がどこで受けたいのかという、そういう動きがはっきりしているので、出し手としては、本当に出しやすいと思います。」

2010年08月09日

【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は、8月28日(土)に行われる「湘南ベルマーレ戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは8月19日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【8月14日(土)ガンバ大阪戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

8月14日(土)に行われる「ガンバ大阪戦」観戦チケットプレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 青葉区 メールネーム : BOSSさん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「BOSS」さんには、ガンバ大阪戦観戦チケットを発送致しましたので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。


【今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】

現在『イオン仙台泉大沢ショッピングセンター』1階、セントラルコートのオーロラビジョン近くに展示されています、ベガルタインフォメーションボードより、月替わりで選手のサイン入りグッズをプレゼントの今月は『田村選手のサイン入りトートバッグ(イエロー)』抽選で1名様にプレゼント!!

ion_tamurapre.jpg

応募締め切り日は、8月31日(火)

皆さん、ふるってご応募下さいね!

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、fmいずみベガパラ『この選手にQ&Aプレゼント係』まで。
どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは8月31日(火)必着。

イオン仙台泉大沢ショッピングセンターにお立ち寄りの際は、是非チェックしてみて下さい!

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【7月のこの選手にQ&Aプレゼント当選者発表のお知らせ】

7月のこの選手にQ&Aプレゼント『鎌田選手のサイン入りナンバーズ12Tシャツ(フロッキー サイズL)』プレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 メールネーム : デラっち さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「デラっち」さんには鎌田選手のサイン入りナンバーズ12Tシャツを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2010年08月06日

8月7日(土)横浜F・マリノス戦に向けて

<菅井選手>

sugai_0805.jpg

―怪我の状態はどうですか?
「とりあえずヘディング出来ないし、首も触れない状態なんで、まだ針治療とかやってるし、まだ時間はあるんで何とも言えないんですけど、そこは間に合わせなきゃいけないと思うんで。しっかり治療と、ちゃんと準備をして、出るんであれば、精一杯頑張りたいです。」

―試合に出たらどんな戦いを心がけたいと思いますか?
「チームが勝つ為のプレーを最優先に。やっぱり勝って結果を出さないとまずいので、本当に勝つことだけに集中して戦いたいです。」

<渡辺広大選手>

kohdai_0805.jpg

―マリノス戦は先発が濃厚ですが、今の気持ちは?
「かなり久しぶりのゲームなので、逆に張り切り過ぎず、平常心で試合に臨みたいと思っています。」

―今までどんな気持ちで外から試合を見てましたか?
「やっぱり出たい気持ちは常に持っていたので、結果が出ないチームもそうですし、そこに絡んでいない自分というのに対して、怒りを感じる部分が非常にありましたけど、いざゲームに、今日紅白戦に入ってみて、ちょっとみんな、堅くなっているな…というイメージがあったので、なんかちょっと呪縛を解くといいますか、もっと楽しくサッカーがやれればいいのになということを、実際メンバーと一緒にやって思いました。」

―改善点などは?
「やっぱりもっとボールを動かせばいいのになというのは思ってて、先を急いでる部分があったりとか、ちょっとしんどい時間帯でボールを蹴ってしまうとか、逆にそういう時に後ろでボールを繋いだりだとか、ちょっと相手をいなして繋げれば、こっちの流れが来るのになという場面は結構あったので、そういう部分を、僕が出て少しは出来れば、後半の最後の失点とか、疲労度は少しは変わって来ると思うので、そういうところを意識してやりたいと思っています。」

―先制点からの焦りもあるのでしょうか?
「サッカーと言うのは生き物なので。特にフロンターレ戦は、最初の立ち上がりは、カウンターが非常にベガルタに良い方向に転んでいたので、そこでとんとんと得点が取れて、これはいける!ってなった時に、フロンターレの底力が出始めたので、そこでやっぱり、その後のカウンターで何回かチャンスはあったと思うんですけど、そこでカウンターで終わってしまうのか?逆にもう一回深みからやり直して時間を使うのか?っていうところをスコアを含めて考えれば、もっと違ったサッカーが出来ると思うので、そういうところを試合中にみんなでコミュニケーションを取りながら、やれればいいなと思っています。」

―監督がコミュニケーションの部分を期待していると言ってましたが
「僕はもうコミュニケーションしか出来ないので。巧いプレーも出来ないですし、華麗なプレーも出来ないので、いかにチームに貢献するかって考えたら、声を出して、闘う姿勢を見せるのが僕のプレースタイルだと思っているので、それがなくなったら出る資格はないと思っているので、次の試合から、それを100%以上出して、やって行きたいなと思っています。」

―鎌田選手とのコンビで大切にしていることは?
「やっぱり日本人同士なので、コミュニケーションは取りやすいので、そういう部分では、普段出てるエリとは違った部分というのを見せれると思うので、ちょっとおかしいなぁとか、ちょっと歯がゆさを感じたら、お互い話すことも出来ますし、そういう部分で、日本人コンビならではの連携とか、コミュニケーションを取っていきたいと思います。」

―マリノスのイメージは?
「やっぱり個々のタレントを見たら、向こうの方が確実に上なので、いかにチームでそれを止めるのか。向こうも最近結果は出てないみたいですけど、力はあるチームなので、ホームですけど、しっかり謙虚に、いつも通りのベガルタのサッカーをしたいと思っています。」

―渡邉千真とは?
「同じ年で、インターハイで一緒に対決しました。」

―渡邉千真選手については?
「千真はキープも出来ますし、得点能力も非常に高いので、どこからでもシュートを打てますし、そういうところはケアしたいと思います。やっぱり、中村俊輔選手から良いボールが出ますし、若い小野選手や、山瀬選手はスピードだったり、キレがあるので、しっかりと1対1の対応と、1本のパスで裏を取られないことを意識しながらやっていきたいと思います。」

―意気込みをお願いします
「勝ちます!それだけです!」

<手倉森監督>

kantoku_0805.jpg

―ディフェンスに変化があるようですが
「これだけ失点が続いていれば、何か変えなきゃいけないし、修正して挑んだゲームでも、やっぱりゲームの中で同じ現象が起きているということは何かを変えなきゃいけないところで。エリゼウとも話をして、一番は自信をなくしてたら駄目だというところと、あとひとつは、すべての責任を背負い込んだら駄目だと話をしました。彼は今シーズン、一回怯んだ時に、ナビスコカップで休ませた後、調子が上向いて来て取り戻してくれたことがあったんで、そういうところも考えてあげなきゃいけないなという話をしました。」

「今、広大が、出れない中でも必死にトレーニングしてくれてるし、逆にやっぱり出てない選手というところを、この勝てない状況の中で使わなければ、チーム全体のモチベーションも上がりませんから。ま、テコ入れですね。」

―マリノス戦に向けて気をつけたいことはどんなことですか?
「やっぱり、この前のフロンターレ同様、個の力のある選手が多いので、まずそれに対してしっかり組織で対抗するということですね。逆に、持たれたら巧いので、持たす前の守備のところで勝負をかけてやらなければいけないと思っています。」

―意気込みをお願いします
「第一に考えることは勝つことですね。勝ちに行くんだと言う姿勢で、この試合は挑まなければいけない。そうなった時に、守るんだっていうところを考えれば、ホームでやる時は、攻撃的な姿勢は出さなくちゃいけないので、基本的に彼らはボールを持つのが巧いチームですから、持たれたらもちろん守備だし、持ってれば仕掛けることだし、そういったところがやっぱり自分たちがイニシアチブを持ってサッカーをすることが大事だなと思いますね。」

「この間、2点先制して逆転負けしたわけですけども、アウェーでのゲームプランと言うのは、はっきり言えば守備から入っても、守備から意識して入っても、2点取ったらチームの共通理解が崩れてきたというのがありますから、やっぱりいろんな状況に応じても、チームとして動くことを今回は大事に一番考えんなきゃいけないところだと思います。それを今日、選手とミーティングで確認したところなんで、守備的か攻撃的か、アウェーかホームかって考えた時に、やっぱり攻撃的な姿勢で挑むのが仙台のサポーターも望んでいるし、その姿勢で勝ち点3を取りたいというとこだけです。」

「フロンターレ戦の後のベガルタコールは勇気づけられるものでしたし、選手には次の日にも落ち込んでる時間はないぞという話はしました。ホームでまた2つ続くんで、是非サポーターには勝ち点3をプレゼントしたいなと思います。ここから巻き返ししたいと言う思いをすべてマリノス戦にぶつけて、共に闘ってもらいながら、みんなで勝ち点3をサポーターと共に取りたいと思いますね。」

2010年08月02日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【プレゼントのお知らせ】

今週は、8月14日(土)に行われる「ガンバ大阪戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは8月5日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【8月7日(土)横浜F・マリノス戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

8月7日(土)に行われる「横浜F・マリノス戦」観戦チケットプレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 メールネーム : 内海さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「内海」さんには、横浜F・マリノス戦観戦チケットを発送致しましたので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。