2011年07月

2011年07月29日

【ナビスコカップ】7月27日(水)ベガルタ仙台vs柏レイソル戦を振り返って 選手コメント

<富田選手>

「やっぱり、この間、アウェーで柏に負けてるし、大会は違いますけど、この間の負けもあるし、やっぱりホームでは負けたくなかったので、みんながそういう気持ちでやってたんで、勝ちに繋がったと思います。」

―ゴールを振り返って
「カウンター気味になって上がっていって、ちょうど真ん中のスペースが空いてたので、そこにとりあえず入っていこうと。軽い気持ちというか、来るとは思わなかったですけど、来てビックリして(笑)まさか入るとは思わなかったです。」

―引き分けではなく、勝って次に進めたことは大きかったのでは?
「引き分けで進むよりは、勢いというのも勝った方があると思いますし、そのままリーグ戦の試合にも勢いで入って行けるんで、今日の勝ちというのはデカイと思います。」

―中3日で今度はリーグ戦でまた同じ柏レイソル戦です
「負けているし、借りを返さなきゃいけない相手ですし、やっぱりホームというのは勝たなきゃいけない場所だと思うんで、勝ちに行きたいです。」

<角田選手>

―試合を振り返って
「単純に勝てて良かったですね。今までロスタイムで追いつかれる場面とか、逆に取られる場面が多かったですけど、今日は引き分けでも良かったんですけど、試合前からチームとして勝ちがないんで、是非勝ってるサッカーをしようと言ってたんで。最後、晋伍もよく決めてくれたし、リーグに繋がるゲームだったと思います。」

―キャプテンマークを巻いてましたが
「個人的にはキャプテンマークを巻くのでは、感じる部分があるんで、そのおかげとは言わないですけど、テンションは普段以上に上がったと思うし、キャプテンだからというのはないんですけど、やっぱり負けてる、勝ってない状況で自信をなくすのが一番良くないし、僕だけじゃなくて、ゲーム中はチョも次郎も声出てたし、みんな本当ポジティブにやった結果だと思います。」

―同点ゴールを振り返って
「良いところにこぼれたというだけだし、その前にやっぱりヨシ(太田選手)がハーフウェイラインから、かなり長い距離を一人で運んでくれて、やっぱりあそこまでボールを運べると、得点のチャンスも増えると思うし、良いところに転がってきた、シュートも良かったと思うけど、周り、チームで取った点だなと思いますね。」

―中3日で今度はリーグ戦でまた同じ柏レイソル戦です
「僕も今年仙台初めてですけど、7月は勝てないって聞いてたんで、それがまず取れて良かったし、中3日で同じ相手なんで、少し精神的にもリードしてると思うし、一番大事なのはリーグなんで、過信することなく、本当次、勝ちます。」

―熱い声援を送ってくれるサポーターの皆様にメッセージをお願いします
「こう勝ててなくても、たくさんのサポーターが来てくれて、平日でも1万超えたんで、凄いエネルギーを貰っています。でもサポーターが見たいのはリーグでの勝利だと思うし、僕達も同じなんで、僕達は同じ気持ちで、強い気持ちを持って戦うんで、本当一人でも多く来てもらえるのを願います。」

<太田選手>

―同点ゴールに繋がった場面を振り返って
「アーリークロスがここ数試合、非常に多くて、ただ中でなかなか合わせられるところがなかったんで、サイドをえぐってあそこまで行けばチャンスになるんで、自分の持ち味はああいうところをえぐっていくところなんで、しっかりえぐって、最後、角田が素晴らしいシュートを決めてくれたんで非常に良かったです。」

―試合を振り返って
「後半、内容も良くて、チャンスもたくさんありましたし、僕自身も前半のところでチャンスがあったんで、それを決めてれば。今日の試合に関して言えば、自分の出来とすれば非常に良かったと思ってるんで、ああいうところを決めるところがFWとして、今後必要になってくると思いますけど、動き自体、体のキレも非常に良いですし、スタメンで今季はまだ一回もあげてないんで、自信持ってやれてるんで、今日のゲームは非常に良かったと思います。」

「持ち味が出て、スペースも今日の試合はあったんで、ああいうところで、ドンドン勝負していくことが自分のスタイルなので。あそこをうまく突破出来れば、チームとしてもチャンスが増えるんで、自分自身の出来が本当に勝敗に左右されるところを今、やってますし、もっともっとああいうプレーを出していければ、Jリーグでも勝っていけると思うんで、今後はそういったところをもっと今日の試合以上に出していけるように頑張りたいと思います。」

「勝つことが大事でしたし、チームも今、全然勝ててなかった状況でのナビスコだったんで、気持ち新たにやっていかないといけないんで、この勝利は良かったと思いますし、みんなスタートから、勝つつもりでやってたんで、そういったところで勝てたことは、今後のJリーグ
に非常に良い意味で進んで行くと思います。」

<中原選手>

―交代してすぐ惜しいシュートもありました
「(途中交代で)替わって入る時は、一発目は思い切って行こうと言う風にいつもやっているんで、確実に入るところじゃないですけど、自分なりに思い切ってやった結果、プレー的に乗れたんで、あれはあれで良かったと思います。」

「ようやく復帰して、試合にうまく入れたし、これからもっともっとコンディションは上がって行くと思うんで、しっかりと自分でチャンスを掴んで頑張りたいと思います。」

<鎌田選手>

―7月の戦いの中で初めての勝利ということで
「7月になってパッと止まっちゃったんで、嫌な雰囲気も多少あったんですけど、ひとつ良い区切りというか、この流れを大事にしていきたいと思います。」

―前半と後半、チームの雰囲気が違うように感じましたが、ハーフタイムで監督から指示があったのですか?
「いや。監督からは、大きな変化はしなくてもいい、そのまましっかり戦えということで。選手自身は、ちょっと前半ミスが多いところをしっかり繋ごうというのと、1点取らなかったら延長になってしまうんで、なるべく90分で決めたかったので、晋伍が最後に決めてくれて本当に良かったですね。」

―中3日で今度はリーグ戦でまた同じ柏レイソル戦です
「リーグ戦でまた別の大会でもあるし、今日の勝ちは今日で忘れて、次またメンバーも替わるだろうし、(柏は)今日負けた借りを返しに来ると思うんで、良い準備をして臨みたいと思います。また柏なんですけど(笑)しっかりリセットしてやりたいと思います。」

<高橋選手>

―7月に入って初めての勝利と今日はフル出場に近い活躍でしたね
「久々のスタメン出場で、やっぱりここ最近勝ててなかったので、まずはチームが勝てたことが良かったと思いますし、ナビスコも次に進めたことが良かったと思います。」

―前半と後半、チームの雰囲気が違うように感じましたが、ハーフタイムで監督から指示があったのですか?
「1点取られてましたけど、まぁ大丈夫ってことと、みんなで落ち着いて冷静に行こう、チャンスは作れてはいたんで。っていうことは言ってました。」

―ナビスコカップでしたけど、リーグ戦とカップ戦の違いはありますか?
「いや、僕の中では一緒の気持ちで戦いましたけど、トーナメントだったんで、そういう部分での違いはありましたけど、とにかく監督も今日は絶対勝ちにいこうと言ってたので、すごい良かったと思います。引き分けでもいけたんですけど、そこは勝ちにいこうと、選手も行くぞ!ということで前向きな姿勢で取り組めたことが良かったと思います。」

―中3日で今度はリーグ戦でまた同じ柏レイソル戦です
「こういうことはあまりないと思うんですけど、でもホームで出来ますし、仙台の方が良い状況で戦えると思うんで、やっぱりそこを活かして、サポーターと共に戦えたらいいなと思います。」

2011年07月26日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【プレゼントのお知らせ】

今週は、8月13日(土)(19:00キックオフ)に行われる「鹿島アントラーズ戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想など

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは8月4日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【7月31日(日)柏レイソル戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

7月31日(日)に行われる「柏レイソル戦」観戦チケットプレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 宮城野区 メールネーム : リコ さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「リコ」さんには、柏レイソル戦観戦チケットを発送致しますので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2011年07月22日

7月23日(土)大宮アルディージャ戦に向けて

kohakusen_0721.jpg

<赤嶺選手>

―5試合、勝ち星がない試合が続いてますが、チームの雰囲気はどうですか?
「勝ち星はないですけど、負けた次の試合も、連敗だけはまだ今のところしてないですし、次もホームですし、本当次が大事かなと思います。」

―ネガティブな雰囲気などは?
「自分が見てる限りでは、ないと思いますし、また切り替えて、思いっきりプレー出来ると思います。」

―赤嶺選手自身、この5試合得点がありませんが
「シーズン通して、取れる時、取れない時がありますけど、1試合に、1回、2回とチャンスが来ると思うんで、少ないか多いかわからないんですけど、そのチャンスをモノに出来れば、勝利にも繋がると思うんで、自分自身も含め、チームで点が取れるよう頑張って行きたいです。」

―点を取るために何か具体的に考えていることはありますか?
「攻撃の時も思い切って、迫力を持ってやれば、自ずと点は取れると思うんで、もう少し迫力を持って、リスクを負ってでも、ゴールに向かっていけたらなと思います。」

―監督はフレッシュな選手を使うと言ってますが
「試合に出ている以上は、チャンスを貰っているんで、そのチャンスをモノにしないといけないと思いますし、FWなのでやっぱり得点を取るなり、得点に絡みたいですし、もっと自分自身も結果を求めて行けれるようにやっていきたいです。」

―今のチームにとって必要なことは?
「思い切りだと思いますし、勢いだけじゃないですけど、そのゴールに対しての迫力だったり、思い切りの良さというのが、今一番大事かなと思います。」

「前節、鹿島に3点取られましたけど、それまでは、1点だったり、2点だったりと、ディフェンス陣は本当、頑張っていると思いますし、攻撃の選手が、得点を取れればもちろんチームも勝つ可能性はあると思うんで、得点を多く奪って勝ちたい気持ちが強いです。守備はそこまで崩れてないと思いますし、攻撃で迫力だったり、勢い持ってゴールに対してやっていけたらなと思います。」

―次節は大宮戦ですが、赤嶺選手にとって、昨年、移籍加入後の初ゴールがアウェーの大宮戦でした
「移籍加入して初めてのゴールでしたし、自分自身もそのシーズンで初ゴールだったので覚えています。」

―大宮の印象はどうですか?
「守備が堅いイメージがありますし、前の外人選手のツートップも強力だと思うんで、全員で戦えるようにやっていきたいです。」

―では、大宮戦に向けた意気込みをお願いします
「ホームですし、前節鹿島に負けてるんで、気持ちを切り替えて、みんなで勝てるように頑張っていきたいです。」

<手倉森監督>

―5試合勝ちなしということで、新たなテコ入れのようなものはあるのでしょうか?
「やっぱり、もう少しフレッシュな選手を使っていかなければいけないなというのを選手の前でも話をしましたね。やっぱりしんどい思いをさせて、ゲームをさせてしまった部分もあるだろうし、それに対してフレッシュな選手は、この間は2枚代えましたけど、もう少し思い切った代え方をしてもいいかなというところを感じましたから、この大宮、柏、柏の連戦では、そういったところを少し実践しようかなと思っています。」

「今、本当誰が出ても良いメンバーがいるので、そこを思いっきり信じて、使い切ってあげる方が良い方向にいくだろうなという風に感じています。スタメンが毎試合変わるというような感覚でいてもらって良いと思います。」

―次節大宮戦に向けて。昨シーズンの対戦成績を見ても、大宮とは相性が良いと思いますが
「良い相手というか、去年も14戦勝ちなしの後、ようやく勝てた相手が大宮だったし、今は5戦勝ちなしでいますけど、本当何かのきっかけになりそうなゲーム、きっかけにしなければいけない相手だなと思っています。そういった相性を見ても、ホームで戦えるし、彼らとは、まだ2戦残している状況ですけど、すかさず8月にまた対戦しますから、ホームでしっかり叩いておかなければいけない相手だと思ってますし、次、カップ戦と柏との戦いに勢いを持っていくためには、絶対に取らなければいけない試合だと思っています。」

―夏休みに入って、子供たちも多く観戦に来ると思いますが
「夏休みに、子供達に良いプレーを見せて、街が元気になれるようなというところで、一生懸命プレーさせたいなと思います。」

―では、意気込みをお願いします
「後半戦に向けてのスタート。それが去年のことを考えれば、苦しんだ先に勝って、残留にこぎつけたというのがありますから、今年はそういったまだ切羽詰った状況じゃない中で、ただ、これ以上下に行く訳にはいかないので、上位に食い込んでいくための重要な一戦ですから、それをホームで、この5試合の鬱憤を晴らせるような結果、ゴールも取って、しっかり勝って、後半戦の巻き返しの足がかりにしたいと思いますので、選手達はやってくれると思います。」

2011年07月19日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【プレゼントのお知らせ】

先週に引き続き、今週も、7月31日(日)(19:00キックオフ)に行われる「柏レイソル戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想など

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月21日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

2011年07月15日

7月13日(水)ベガルタ仙台vs清水エスパルス戦を振り返って 7月17日(日)鹿島アントラーズ戦に向けて 選手コメント

<太田選手>

―0-0という結果については?
「チャンスが非常にあっただけに悔いが残るゲームだったと思います。」

―5試合ぶりのスタメンだったが
「僕が入って、なんとか勝ちにつなげたかったんですけど、本当に残念ですね。」

―清水へ対し、リベンジという思いは?
「一回も負けずにずっと来てて、清水に止められてしまったんで、ホームで借りを返そうと、試合前にみんなで話して戦ったんで、気持ち自体、みんな入ってたと思います。さっきも言ったように、チャンスが非常に多かっただけに悔いの残るゲームでしたね。」

―自身のプレーの評価は?
「FWなんで、いつも言ってる通り、結果を残さないと全く意味のないことです。良いプレーをしたから良かったという評価にはならないんで、自分としては非常に残念ですけど、次に繋がるようなゲーム内容ではあったんで、このゲームの反省点をちゃんとこれから改善して、次のゲームではチャンスをモノにして、しっかり勝ちたいと思います。」

―震災以来、初のナイターでしたが
「久しぶりのナイターで、僕自身、途中まで気づかなかったんですけど(笑)久しぶりのナイターでユアスタで出来て、非常に良かったですし、そういった意味でも勝利に結びつくゲームが出来れば良かったんですけど、少しずつ宮城自体も復興してきてるんで、非常に嬉しいことだと思います。」

―次節、鹿島アントラーズ戦に向けて
「次、出た時は確実に勝利に結びつくようなプレーをして。ここ4試合勝ててないんで、このまま行ってしまうと、また去年のようなズルズルした展開になってしまうので、そろそろ止めないと、本当に良くないことなんで、しっかり結果を残して勝てるように、全力で頑張ります。」

<角田選手>

―今日の試合を振り返ってみて
「暑いのは相手も一緒ですし、でも奪ってからのカウンターというのはしっかり出せてたと思うし、徐々にきつくなっては来るけど、戦い方としては間違ってないんで。個人的にはセットプレーで決めれるチャンスがあったんで、あれを決めれたら勝てた試合でしたね。」

―今、コンディションを整えるために気をつけていることなどはありますか?
「試合がない日に如何に回復するか、試合の日に力を出せるように、コンディションを整えるくらいですね。暑いんで。」

―食べ物などで気をつけているものなどは?
「いや、そこまではあまり気にしてないです(笑)」

―次節鹿島アントラーズ戦に向けて。鹿島も同じく被災したチームですが
「こんだけ試合が続くと、徐々に疲れも出てくるんですけど、良い相手なんで、アウェーで、まずはサッカーを楽しみたいと思います。お互い、スタジアムが壊れて、こっちはクラブハウスが壊れて、サッカーが出来る状況じゃなかったんですけど、こうやってサッカーが出来る日が来たというのを純粋に楽しみたいと思うし、そういうチーム同士なんで、良いゲームが出来るように、勝ち負けを超えた良いゲームが出来るようにしたいですね。」

<鎌田選手>

―試合を振り返って
「良いカウンターも出来てたし、プランとしては間違ってなかったと思いますが、ミスが多かったので、もうちょっと精度を上げた方が良かったと思います。」

―コンディションの方はどうでしたか?
「ちょっと重かったですね。暑さもあったし、前節柏にも痛い負け方をしたので、気持ち的にも落ちてたんですけども、今日はチャンスもあって、本当は勝ちたかったんですけど、まず負けなかったことと、失点しなかったことを、良い方向に捉えて、次の試合に切り替えて行きたいと思います。」

―次節鹿島アントラーズ戦に向けて
「100%の力を出せるように。チャンピオンではあったし、強いチームには間違いないので、思いっきりぶつかって行こうと思います。自分たちのレベルがどれだけ通用するのかと言うのは、強豪とやって改めてわかるので、楽しみですね。」

<中島選手>

―次節、鹿島アントラーズ戦に向けて
「やっぱり気持ちを強く持っていかないといけないと思うし、思いっきりやるだけですね。最高の舞台で点を決めたいですし、チームの勝利のために、頑張りたいです。勝ちに飢えてるので、勝ち点3を取って帰って来たいです。」

<チョ選手>

―試合を振り返って。コンディションはいかがですか?
「コンディションが悪くても、選手として試合に出てしっかり戦うことは当たり前のことなんですけれども、相手が最初から攻撃的に来るということは知ってましたし、しっかり対応することが出来たと思ってます。」

―今のチームに必要なことは何だと思いますか?
「4試合勝ててない試合が続いているんですけども、試合に出る選手たちがピッチの中で絶対に勝つ!という強い気持ちを持って、みんなが団結していくことが一番大切だと思っています。」

<梁選手>

―0-0という結果については?
「勝ち点3が取れなかったので、満足行く結果ではなかったと思います。」

―負けている清水相手に、リベンジという思いはありましたか?
「相手ゴールキーパーのファインセーブもありましたし、そういうのを含めると、運にも見放された部分もありますし、そういう中でもチャンスがないわけじゃないので、これを続けて、点を取れるまで粘り強く、やっていきたいなと思います。」

―清水へ対し、リベンジという思いは?
「初めて土をつけられた相手ですし、同じ相手に二度負けることは出来ない気持ちでみんな臨んだので、そういう中で勝ち点3を取れなかったのは残念ですね。」

―守備に関しては効果的だったと思いますが
「守備というところでは、ある程度出来たとは思いますけど、攻撃のところで、自分も含めミスが多かったかなとは思います。」

―この過密日程の影響は大きいでしょうか?
「自分たちだけじゃなく、他のチームを見ても、しんどいとは思いますけど、これを乗り越えないと上位は見えてこないので、ここは本当に踏ん張りどころだと思います。」

―今シーズン、初のナイターでプレーしてみて
「一昨日も練習出来たんですけど、照明が15%カットとか、そういう話もありましたけど、全然支障なくいつも通りの雰囲気でやれたと思います。」

―次節鹿島アントラーズ戦に向けて意気込みを
「こういう時は勝つことが一番、疲労回復というか、精神的にも回復できると思うので、3連戦目の最後、アウェーで鹿島ですけど、なんとか踏ん張って、勝ちたい気持ちはすごくあるので、チーム全員で踏ん張って戦いたいと思います。」

―この流れを変えるために必要なことは何だと思いますか?
「ひとつ勝つことだと思うので、まず目の前の試合に勝つ。また勝てば流れが変わると思いますし、ただ勝ててないと言ってあんまり神経質になるのも良くないと思うので、しっかり次の準備をして、鹿島戦に向けて頑張りたいと思います。」

2011年07月11日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【プレゼントのお知らせ】

今週は、7月31日(日)(19:00キックオフ)に行われる「柏レイソル戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想など

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月21日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【7月23日(土)大宮アルディージャ戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

7月23日(土)に行われる「大宮アルディージャ戦」観戦チケットプレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 青葉区 メールネーム : vegasudaJ1 さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「vegasudaJ1」さんには、大宮アルディージャ戦観戦チケットを発送致しますので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2011年07月08日

7月9日(土)柏レイソル戦に向けて

kohakusen_20110707.jpg

<田村選手>

―出場が濃厚のようですが、現在の柏の印象はどうですか?
「首位にいるチームなんで、これ以上離れるわけにはいかないんで、最低でも引き分け以上でいきたいし、強いと言うのは個人個人の能力を見ても高いと思うんで、そこは謙虚にやっていきたいと思います。」

―現在のチームをどう見てますか?
「自分も毎試合ベンチに入って、見てる時に特に感じることは、ハードワークして、一点差のゲームをモノに出来ているところは気持ちの面だと思います。自分が出れれば、そういうところは人一倍やるだけだと思っています。」

―熱い声援を送ってくれるサポーターの皆さんに向けてメッセージをお願いします
「自分はプレーで。感じていただけるプレーをしたいと思うんで、うまくスマートではない選手ですけど、しっかり気持ちを見せてやることがチームのためになると信じているんで、その辺を意識して頑張りたいと思います。」

<関口選手>

sekiguchi_20110707.jpg

―練習に復帰して
「また1からの出発だと思って頑張りたいと思います。」

―次節の相手、柏の印象はどうですか?
「ナビスコでもやってないので、どんなチームという部分ではまだちょっとわからないですけど、ミーティングとかで柏の試合を見て、どういうチームというのをもっと分析して、試合に臨めたらいいなと思います。」

―もし出場したら、どのようなプレーを心掛けたいですか?
「まだメンバー発表してないので、入れるかわからないですけど、メンバーに入った時には、いつも通り自分のプレーをやることだと思いますし、それが自分に与えられた仕事だと思うので、とりあえず今は自分の出来る範囲で一生懸命やりたいなと思います。」

―熱い声援を送ってくれるサポーターの皆さんに向けてメッセージをお願いします
「サポーターの方々にはいろんなところで迷惑をかけてしまったので、心配もしたと思いますし、申し訳ないと思うので、自分の出来る範囲でピッチでしっかり頑張りたいなと思います。」

<手倉森監督>

kantoku_20110707.jpg

―練習に復帰した関口選手のプレーを見て
「久しぶりに中盤でのためるプレーだったり、フリーランニングで抜け出すプレーを見させてもらった時に、やっぱり活きが良いなと言う風に感じましたから、最初から行くか、後からスタンバイさせるかというところを考えたいという話は彼にも伝えました。」

―関口選手に期待することは?
「2試合、こうしてチームから離れた分、恐らく一番フレッシュな状態であるというのは間違いないし、彼のチーム、東北に対する思いというのをもう一回、ピッチで表現するためには、彼の必死さというのを是非ピッチで出して欲しいし、一皮も二皮も剥けた大人の関口を是非、表現して欲しいなと思います。」

「まず、ピッチの中で関口らしいプレーをしてもらいたいということと、あとは結果に繋げるアシスト、ゴールというのを彼は今、身につけなければいけないし、結果として出さなければいけないし、そういったものを積み重ねて、8月の代表召集というところに、もう一回チャレンジしてもらいたいなというところがありますんで、本当、まだまだ成長過程の選手であるし、そういったところを、数字というところにこだわって、是非頑張ってもらいたいなと思います。」

「梁がここのところ、ようやくゴールが生まれたりと数字が取れるようになってきたので、いよいよ関口もそういったところに絡んだり出来れば、またチーム力の攻撃力がまた上がるはずだし、そういったところを引っ張って行って貰いたいなと思いますね。」

―関口選手とはどんな話を?
「自分を見つめなおした時に、やっぱりみんなとプレー出来なかった悔しさだったり、自分が取った行動の未熟さだったりというのを反省してたし、話し合った時の彼の顔から、その反省の色も見えたので、今週そういった意味で合流した時に、すんなりチームに溶け込んだあたりが、やっぱり彼の反省してる部分があるからこそだと思うし、それをまた受け入れた選手達も、もともと一体感のあるチームだったので、本当にみんな良い状態で受け入れてくれたことを、監督でありながら、他の選手達に感謝してますね。」

―次節柏戦に向けて。現在の柏の印象はどうですか?
「先制点を取られるとバタつく傾向があるチームなので、前半から先制点というところにこだわって取りに行ければと思うし、ここで負けたらという思いがますます先制点を取ることで強くなれば、バランスを崩してくれるチームだと思いますから、自分達は90分、攻守のバランスを整えながら相手のそういった焦れたところをついて広げていければと思っています。」

―戦うポイントはどんなところでしょうか?
「まずメンタル的なところで、柏は前節の大敗、前回カップ戦で対戦した時の敗戦に対するリベンジというところで、相当の気持ちを持ってくると思います。それに対して、アウェーでもタフに戦う覚悟を持って、彼らよりも強い信念を表現して戦うべき試合になると思います。柏を踏み台にして、順位を上げて行くことが今シーズンのシフトしていくことに繋がる重要な相手だと思ってますから、そういった気持ちを意識して叩きたいなと思っています。」

2011年07月05日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【プレゼントのお知らせ】

今週は、7月23日(土)(19:00キックオフ)に行われる「大宮アルディージャ戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想など

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは7月7日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。


【7月13日(水)清水エスパルス戦観戦チケット当選者発表のお知らせ】

7月13日(水)に行われる「清水エスパルス戦」観戦チケットプレゼントの当選者を発表致します。

多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 泉区 メールネーム : 夢っち さん

に当選いたしました。おめでとうございます。
「夢っち」さんには、清水エスパルス戦観戦チケットを発送致しましたので、ご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

2011年07月01日

7月2日(土)名古屋グランパス戦に向けて

kohakusen_0630.jpg

<チョ選手>

cho_0630.jpg

―現在のコンディションはどうですか?
「3試合、足首のせいで休んでしまったんですけども、正直言ってコンディションは100%じゃないんですけど、十分に休息も取れましたし、名古屋戦に向けて自分も合わせてきたつもりで、名古屋戦で良い結果が得られるようにがんばりたいと思います。」

―前節で連勝記録が止まりましたが、出場出来なかった歯がゆさなどはありましたか?
「試合に出れなくて、チームが負けてしまったことはすごく残念なんですけども、私が出ていたとしても同じ結果だったと思いますので、今は負けたことじゃなくて、次勝つことが大切ですので、次に向けて切り替えてやっていきたいと思います。」

―監督とはどんな話をしましたか?
「正直、試合に出れるか、まだわかりませんし、全ての選手が名古屋戦に出るために最善を尽くしてますし、自分自身も競争している選手の一人なので、名古屋戦に向けてベストなコンディションを作るために今は最善を尽くすだけだと思っています。」

―前節、負けた後の次の試合で復帰ということで難しさのようなものはありますか?
「負けたからと言って、特に難しいゲームはないですし、勝つために一人一人が前を向いて切り替えていくだけだと思います。」

―ケネディ対策はありますか?
「ケネディ選手は身長が高いという長所があると思うんですけども、もちろん私にも長所がありますし、彼にも短所がありますし、私にも短所がありますので、私の長所が彼の長所に勝るように、しっかり準備をして、あとDVDで彼のプレーする姿を見たり、実際にピッチでやってみて、そこで対策を作っていけたらいいなと思っています。」

―負けないベガルタを目指すべく、名古屋戦に向けた意気込みをお願いします
「負けないために一人一人が力を合わせて、一人一人の能力ではなく、チーム全体としての能力を高めていくことが大切だと思ってますので、一人一人の力を合わせて、1試合1試合、一生懸命戦って負けないベガルタを築いていきたいと思っています。」

<梁選手>

ryan_0630.jpg

―前節で無敗記録が途切れてしまったんですが、戦う難しさなどどう捉えていますか?
「ま、勝ててた時も、目の前の試合、1試合1試合、全力を尽くす気持ちでやっているので、それは今までと変わらず、同じ気持ちで臨みたいと思っています。」

―モチベーションは変わりなく?
「そうですね。一敗して沈んでいるようじゃダメだと思うし、次はホームなんで、たくさんの人達の前で良い試合をして、良い結果を得られるように。自分の持っているものを全て出して、チームとしても全員で戦ってやりたいと思っています。」

―今年の名古屋の印象は?
「怪我人も復帰して来てて、本当に勝負強さが戻ってきたという印象で、特に前の選手も凄く決定力のある選手が多いですし、組織で如何に守って、攻めるかということが大事かなと思います。」

―6月は連戦も多くて、体調管理等大変だったと思いますが、7月以降の戦いに向けて
「連戦になると思うんで、その一発目の試合として、名古屋相手にホームで勝てば、良いスタートを切れると思うので、まずは名古屋戦に向けて、集中して、1試合1試合、今まで通り戦って行きたいと思っています。」

―これからの夏場の試合に向けて意識されていることは何かありますか?
「こういう時こそチーム全員の力というのは必要になって来ると思うし、出てる選手だけじゃなくて、サブの選手の力というのが必要になってくると思うので、本当にチームとしての力が試されるんじゃないかと思います。」

―本来ならホーム開幕戦で3月に戦うはずだった名古屋戦ですが、無敗が途絶えた後の心機一転の後の試合が名古屋ということに関しては?
「リスタートという意味でも、そういう意味合いの試合になると思いますし、1試合1試合集中して戦って、まずはやっぱり前回負けた分を、連敗だけは避けたいんで、全力を尽くして戦うだけです。」

<手倉森監督>

kantoku_0630.jpg

―前節で無敗記録が途切れてしまったんですが、戦う難しさなどどう捉えていますか?
「選手達とミーティングして、まずリスタートにしようという話をしました。6月の締めを良い形で締めれて、もちろん記録を伸ばしたかった気持ちもあったんですけども、ここに黒星がついたのも何かのタイミングだろうと。6月から7月に変わる時に、その試合が本来、今年のホーム開幕戦の相手ということで、第2節がようやく始まるんだということを考えた時に、チームとしてリスタートしようという話をしました。」

「再開幕が川崎フロンターレだったんですけども、また更なる再開幕のつもりでやろうと言う話をしました。6月に連戦でかなりハードなところでやってきましたけども、気持ちの面で区切りをつけることでそういったコンディションも逆に早く戻るよという話もしたので、本当にフレッシュな気持ちで名古屋戦からまたやっていきたいと思います。」

―無敗が途切れたことで、今まで張り詰めていた気持ちやモチベーションが下がったりすることもなく?
「そうですね。悔しいですけどね。なんとなく選手は肩の荷が降りたような表情もあるし、逆に負ける時もある中で、ホームじゃなくて良かったなという思いもあるし、これからは本当にホームでの無敗記録を作りたいですね。」

―名古屋のイメージはどうですか?
「名古屋は高さがある程度の武器なので、それに対抗するには、広大も十分やれますけど、チョのあの滞空時間の長いヘディングというのはケネディにぶつけたいですね。まさにチョも韓国代表だったし、ケネディもオーストラリア代表でまさしく代表クラスの戦いがそこで実現すればなと思っています。」

―本来であれば3月にホーム開幕戦で戦う相手だった名古屋ですけども、このタイミングでまた名古屋と心機一転、仕切り直しの一発目の試合になりますが
「そうですね。本当に縁というか、名古屋の前に土がついたというのも、本当にここから始まるんだよと思わせてくれるし、3月の状態での名古屋と対戦することを僕は望んでいて、ACLで疲れが見えてる名古屋でチャンスが大きくあったんですけど。」

「今、名古屋はようやく6戦7戦無敗でそこまで調子を上げてきているので、でも、自分達もひとつ負けただけだし、今好調になってきた名古屋に我々がどれだけやれるのかということと、やっぱり名古屋にこれまで勝ち点1も取ったことがないはずなので、去年もケネディのPKで2つ悔しい思いをしているし、今のこのユアテックスタジアムのパワーでなんとか、今年初めて土をつけられた我々が初めて名古屋に勝てるように。前節の負けがそういう意味があったんだと思えるような勝ち点3を取りたいと思っています。」

―関口選手の件ですが。現在、どのような状況なのでしょうか?
「今、自宅で謹慎しているところですね。自分は今シーズン、やっぱりプロとして勝つことを目指して戦っています。だけども、今年に限っては、勝ち負け以上に大切なものがあるはずだということ。それはやっぱり団結することだったり、こうしてサッカーをやらせてもらっている、通常の仕事をさせてもらっている我々は恵まれているということを考えれば、その中で起こる不具合さだったり、気分の悪いことに対して不満だったりという態度を見せてはいられません。」

「自分達より、もっと苦しんでる人達がいる中で、自分達はやっぱりそういう人達の希望の光になろうと思えば、チームのために、東北のために、働かなきゃいけないと思っています。それは、試合に出て勝つことだけではなくて、試合に出ることだけでもなくて、希望の光と見出してくれてる人のためには、やっぱり正しい態度、姿勢で居続けることが大事だと思ってますから、そういう意味で、彼の取った態度というのは決してチームにプラスのものではないし、自分はそこは許さないと言って、今シーズンやってきましたから。」

「でも、これは教育であって、彼がそういった心を取り戻してくれれば良いですし、逆にチームにとってはまだまだ完璧なチームではないので、そういったいろんなことが起きつつ、みんなで成長出来ればいいなと思っています。これは間違いなく教育なので、勝ち負けよりも大事なところというのはやっぱり今シーズン正していかなければいけないことだと思ってますし、そうなってまたチームが強くなっていければいいなと思っています。」