« 【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】 | メイン | 【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】 »

10月15日(土)アビスパ福岡戦に向けて

<太田選手>

―いよいよリーグ戦も終盤となりまして残り6試合となりました。選手の間でも最終的な目標というのも見えて来てると思いますが、今、選手達はどのへんに目標を持っていますか?
「もちろん、選手全体としてACL出場を目指しているんで、もう残り6試合、僕達は絶対負けられない状態で、上が負けてくれるのを待つ状態ですけど、それでもまず6試合は絶対勝たなきゃいけないと思っています。その為のまず1試合が福岡なんで、福岡のアウェーではベガルタは勝った事がないとか言ってますけど、僕には全く関係ないですし、次勝たないと意味がないんでね、ここまで頑張ってきたことも全く無駄になってしまうんで、しっかり勝って、残りの6戦しっかりやりたいなと思います。」

―これからACL出場の目標に向けて、チームとしては一番何が必要だと思いますか?
「内容も非常に大事になってきますけど、まず勝たなきゃ意味がないんで、良いサッカーをしても負けたり、引き分けにしたら意味がないんでね。本当に、勝ち切るサッカーが非常に大事になってくると思いますし、その為には攻撃陣がより多く点を取らないといけないんで、それだけを意識してやっていきたいなと思います。」

―点を取らなきゃいけない状態で臨む福岡戦ですけども、ここまでチーム得点王の赤嶺選手が不在の試合となります。同じFWという立場ではやはり奮起するものがあるんじゃないでしょうか?
「そうですね。赤嶺がいなかった試合は、名古屋戦も勝ってますし、あんまり焦らず、落ち着いて、今のチーム状態でやれば、誰が出ても、良いサッカー、良い内容が本当に出来ているんで、焦らず、赤嶺がいないからと言って、そこらへんを考えずに、チーム全体として、点を取れれば良いと思います。」

「そういった中でも相手が引いてきたり、前に前に来るチームなんで、カウンター、個人技が非常に大事になってくるんで、そういったところで、自分のドリブルが一番チャンスになると思っているんで、そこで一人、二人交わせれば、チャンスになると思いますし、常にそこらへんを狙ってやりたいと思います。」

―ご自身で是非点を取りたい思いもありますか?
「それはありますね。でも点を取っても、チームが勝てなければ本当に意味がないので、まずチームが勝つこと。そういったところの中で自分が点が取れればいいなと思ってるんで、そこらへんはあまり意識せず、まずチームが勝つことを第一優先に考えて、その次に自分が点を取れればいいと思います。」

―現在5連勝で、福岡は6連勝に挑む試合となります。その辺の記録は意識したものになりますか?
「一戦一戦、大事に大切に戦って来た結果がここまで来てるんで、確かに連勝はかかっていますけど、あんまり意識せず、今まで通り同じモチベーションで戦えれば絶対勝てると思うので、落ち着いてしっかりやりたいなと思います。」

―では、福岡戦に向けて、シーズン終盤の最終的な目標に向けて意気込みをお願いします
「チームとして、ACL出場を目標に頑張っているんで、次の福岡戦が大事になってくるんで、そこは確実にしっかり勝って、残りの試合に弾みをつけて、最後まで負けなしでしっかり戦いたいと思います。」

<手倉森監督>

―残り6試合の対戦相手を見ますと、強豪ガンバがありますが、比較的割と今リーグ下位に沈んでいるチームが多いと思いますが、その辺の相手の状況についてはどのように考えていますか?
「残り13戦、アウェーの名古屋戦から、上位チームの戦いが3つか4つしかなくて、残りがその時点で我々の下だったということを考えた時に、チャンスだと言う話と、その中で5連勝含めて、こうして勝ち続けた中で、全部には勝ちたいなという話をしました。」

「上位に進出するためには、上位との直接対決を勝たなければいけないという話をしてて、残っているのはガンバだけだと考えれば、やっぱり行きたいなと思いますよね。ただ、このJ1の残留争いと優勝争いが繰り広げている中でのゲームというのが、どっちに転ぶかわからない試合で、本当に白熱した試合になっているので、どのゲームも厳しいなという覚悟を持ってやらなければいけないと思っています。」

―福岡は現在、最下位に沈んでいるチームで絶対に負けられない相手になると思いますが
「福岡の今の順位は気にするなというのはチームにはしています。実際に、彼等は今、広島と大宮をしっかり仕留めたチームでありますし、5勝した中の4勝はホームなんで、我々もJ2時代、あそこではそう簡単に勝てないという鬼門の場所でもあるというのは選手達にも話をしました。」

「ただ、本当にシフトしていこうと思った時に、その苦手、悪いデータをとにかく覆さなきゃいけないという話をしてますので、そういったところも覆す覚悟を持ってやって勝てれば、より高みへの現実味を帯びてくる。だからこそ、相手が最下位でも気の抜かない戦いというのを我々は出来るんじゃないかと思っています。」

―では、福岡戦に向けて、シーズン終盤の最終的な目標に向けて意気込みをお願いします
「まず高みへシフトしていく為には、こういった相手にしっかり勝つことが大事だなと思っているし、ただそう簡単ではない試合だと思っています。チームにも我々のスタイル、戦術だけでは勝ち取れない今回のシチュエーションが待っているという話をしました。」

「相手の首を仕留めるぐらいの戦う気持ちというのを全面に出さなければいけないし、それぐらいハードな戦いというところを覚悟するという話をしているので、ベガルタのサッカーというものを全面的に表現するというよりも、敵地で泥臭く勝ってみせるという試合を今回は表現させたいと思っていますから、また違った戦いの中でしっかり勝つことが出来れば、残りの5戦にも弾みがつくし、そういったところを工夫しながらやってみたいと思います。」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://izumiku.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/568