« 【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】 | メイン | 【プレゼント当選者発表と今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】 »

10月22日(土)川崎フロンターレ戦に向けて

<赤嶺選手>

akamine_20111020.jpg

―7連勝に向けて、期待されていると感じる部分はありますか?
「FWですし、やっぱりゴールを取るのが仕事なので、FWが取ればチームとしても勢いが出ると思うので、頑張って行きたいです。」

―リーグ戦再開幕戦ともなった前回の川崎との戦い、4月の川崎戦を振り返って
「アウェーの時は、仙台のチームとして、多くのファンの方が駆けつけてくれましたし、アウェーチームの川崎の方も歓迎してくれましたし、すごい一体感があった中でのゲームで、そういうゲームが出来たことに感謝しています。今度はホームですけど、ピッチ上ではもちろん結果を求めて頑張って行きたいです。」

―前節出場停止ということで外から見てたと思いますが、今の仙台の好調さはどう感じていますか?
「監督がやろうとしているサッカーをみんなが理解して、動けていると思いますし、全員守備、全員攻撃がチームのやり方だと思いますし、そういったのが誰が出ても、意思統一してプレー出来ているのかなとは思います。」

―では、川崎戦に向けた意気込みをお願いします
「ホームですし、最初から勢いを持って、チームみんなで勝てるように頑張って行きたいです。」

<梁選手>

―梁選手が川崎で特に警戒する選手はいますか?
「やっぱり憲剛さんとか出所なんで、そこは絶対フリーにしてはいけないし、気持ち良くさせてしまったら、それが川崎の勢いに繋がる選手なので、そこは注意しなきゃいけないと思います。あとは前の二人、ジュニーニョと矢島選手で来るのかわからないですけど、個人で突破出来るし、怖い選手なので、ディフェンスライン含めて、90分気は抜けないと思いますね。」

―残り少ないホームゲームという事で、たくさんのサポーターのみなさんが駆けつけてくれると思います。メッセージをお願いします
「自分達もあと5試合、全力で戦うというのは当たり前ですし、特にこのホームでまた良い試合を見せて、力を与えたいですし、まずはやっぱり自分達もひとつひとつ勝ちたいんで、そういう気持ちとそれに見合う試合を見せて、また観に来たいなと思ってもらえるように頑張りたいと思います。」

<手倉森監督>

―リーグ戦再開のきっかけともなった前回のアウェー川崎戦の戦いを振り返って、今回はどういった戦い方をしたいと思っていますか?
「あの時の再開のゲームを思い起こせば、自分も感極まって涙を流したゲームだったんですけど、あれがあったからこそ自分達はここまで来れたんだなという原点のような試合でもあると思うし、逆に今回川崎戦を迎えるにあたって、あの時の思い、希望の光になりたいという強い気持ちを持って戦える相手だなと自分達は考えています。」

「ただ、川崎が今、シーズンの大きな波で8連敗を喫しているチーム状況の中で、この順位にいますけど、決して侮れないチーム、攻撃力もあるし、選手達には非常に危険なチームだと言う話はしています。自分達も、夏場苦しんだ中からまた辛抱して積み上げてきたもので、今こうして連勝出来ている時に、その戦い方をさらに継続、より強固な守備というのを全面に押し出して戦わなければいけない相手だと考えています。」

―梁選手の調子はどうですか?
「疲れも抜けて絶好調だなと思ってますけど、松下も絶好調です。今節はその意味で十分悩まなきゃいけない。赤嶺も帰ってきて、好調の太田もどうなるかということで、今、チームは誰が出てもベガルタのサッカーを表現出来ているところを見れば、それが強みでもあるんですけど、自分にとっては贅沢な悩みだと思っています。」

―では、川崎戦へ向け、意気込みをお願いします
「攻撃がスピーディーでカウンターもうまいチーム。どの試合でも決定的なチャンスを多く作っている。その中で今、運がないのか何かのバランスを崩しているのかで、うまく勝ち切れてない部分があるんですけど、そこは十分警戒しなければいけない。攻撃を勢いづかせると厄介な相手で、自分達もこれ以上点は取られたくないし、そこはこだわってやりたいと思っています。彼等は攻撃でゴールで生まれなければ、守備の部分で焦れ始めて来るのが今の川崎の状態だと思っていますから、手堅い守備から隙を突いた、ひとつ先に点を取れればこの間のようなゲームの進め方が出来るのかなと思います。「しぶとい・手強い・賢い」というようなサッカーをホームで表現して見せたいなと思っています。」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://izumiku.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/570