« 【今週のプレゼントと今月のこの選手にQ&Aプレゼントのお知らせ】 | メイン | 9月29日(土)清水エスパルス戦に向けて »

9月22日(土)ヴィッセル神戸戦に向けて

<松下選手>

―現在首位争いをしている中で、どんな緊張感を感じられてますか?
「上位にいる選手達にしか味わえない緊張感なので、この緊張感をプラスに代えてホームでまた戦いたいなと思います。」

―角田選手とボランチを組む次節ですが、松下選手はボランチでプレーする時に一番心掛けているところは?
「守備よりも僕は攻撃的な部分を出したいなと思っています。その中でチームとして規律がある守備の部分で、しっかりとした戦術があるんで、そこを守りながら自分の攻撃的な部分を出せたらいいかなと思っています。」

―角田選手とのコンビネーションはどうですか?
「何試合かやっていますし、わからないことだったり、ちょっと不具合があれば話したりしてますし、そこはまたゲームしながらやっていきたいと思います。」

―次節の相手、神戸に対してはどんな印象を持っていますか?
「神戸はやっぱり守備もそうなんですけど、攻撃が早いというか縦にポンポンと蹴ってそこからの崩しが結構多かったりするので、ロングボールとかそういう部分を気をつけて対処したいと思います。」

―神戸戦に向けた意気込みをお願いします
「優勝に向けてしっかり練習して、みんなで力を合わせてやっていきますし、ホームでは絶対負けないようにしたいと思っているので、一緒に戦って頑張って行きましょう!」

<角田選手>

―前節広島戦からの敗戦を受け、この一週間、気持ちの切り替えは出来ましたでしょうか?
「悔しい思いをして。でもまだ9試合あるんで、次の試合、と思って切り替えてました。」

―リーグ終盤に来て首位争いをしているこの緊張感はどんな感じでしょうか?
「そこまで強い緊張はなくて、逆に楽しめてると思うし、選手としてこういうシチュエーションは本当ありがたいですし、楽しみながらやっていきたいです。」

―ここ3試合続けて先制点を許す展開になっていますけど、角田選手から見てその要因はどう捉えていますか?
「多少バタついている印象があるんで、次の神戸も組織がしっかりしているチームなんで、我慢比べになると思うし、こっちが慌てずしっかりパスを繋げればと思いますね。」

―現在の神戸の印象はどうですか?
「組織がしっかりしていて良いチームなんで、相手としては本当やりにくいですし、でもうちはホームなんで、サポーターの声援もいっぱいあると思うし、十分勝てると思います。」

―1番注意すべき選手などは具体的にいますか?
「野沢さんはプレースキック含めて技術高いんで、そこのパスを切ることがひとつ重要かなと思います。」

―角田選手は累積イエローカードが3枚ということですけどもプレーする上で意識しますか?
「いや。貰ったらしょうがないと思ってるんで、同じように厳しく激しいプレーをしたいですね。」

―ホーム、神戸戦に向けた意気込みを聞かせて下さい
「このシチュエーションを選手もサポーターも楽しんで欲しいし、ユアスタでやる限りは勝利しかないんで、一緒に戦ってもらって一緒に勝ちたいです。」

<手倉森監督>

―前回の神戸との対戦を振り返って、改めてどんな印象ですか?
「あの試合は本当苦しい試合でしたよね。夏に入りがけでアウェーで蒸し暑い中で、自分達も自信を持って挑んだ試合でしたけど、守勢に回された試合、ただ守ろうと思えば守りきれた相手だったのは確かなので、西野監督に変わってから攻撃にバリエーションもついたところに対しての対応もしっかりしなければいけないと思います。今度はホームでやれるので、相手らしさを十分理解しつつ、神戸に気持ち良くプレーさせないことを我々は考えた時に、自分達は攻勢を取れるようにやりたいなと思います。」

―サポーターに向けてメッセージをお願いします
「前節アウェーで広島は確実にサポーターの後押しあっての勝利だったと思うし、自分達も川崎フロンターレ戦はサポーターの後押しあっての勝利でしたから、ホームできっちり勝ち点3を積み上げて行くチームと言うのも優勝に近づける条件だと思いますし、チームだけではなくて、サポーターの力も重要になって来るので、一緒に戦って一緒に勝ち点3を取るつもりでやれれば仙台は間違いなく勝てると思います。」

―では改めて、神戸戦に向けた意気込みをお願いします
「いやもう絶対に負けられないです。やっぱり連敗はしてはいけないし、この間の悔しさをすかさず晴らす必要もあるし、ホームでの強さを示すチームがやっぱり優勝出来るひとつの条件だと思ってますから、ホームで勝ち点3を取り続けるというのは絶対条件だと思います。」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://izumiku.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/637