2014年04月

2014年04月25日

【プレゼント当選者発表&今週のプレゼントのお知らせ】

4月29日(火・祝)(16:00キックオフ)にユアスタにて行われる「川崎フロンターレ戦」の観戦チケットプレゼントの当選者を発表いたします。

当選者は多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 青葉区 メールネーム:エスプレッソンさん
に当選いたしました。おめでとうございます。

「エスプレッソン」さんには川崎フロンターレ戦観戦チケットを発送致しましたのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。


【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は5月6日(火・祝)(13:00キックオフ)にユアスタにて行われる「ヴィッセル神戸戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは5月1日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

『ベガパラ』はメディア・ミックスでお届けしています
・「FMいずみ」毎週金曜日20:00~(再放送土曜日9:00~)
・全国リアルタイムでどこからでもインターネットで聴く事が出来る
「サイマルラジオ」(http://www.simulradio.jp/)
・「ベガパラ」がスマートフォンで聴けます♪
スマートフォン無料アプリ FM聴 for fmいずみ
(エフエムテイ フォー エフエムイズミ)
※アンドロイド版/iPhone版
こちらのラジオアプリをダウンロードしてスマートフォンで
『ベガパラ』をお聴き下さい♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

4月26日(土)清水エスパルス戦に向けて

<ウイルソン選手>

―現在のコンディションはいかがですか?
「コンディションは100%ですね。今日の練習も今までで一番体が動けてたんじゃないかと思うぐらい良かったと思います。練習を重ねることによって自分のコンディションも上がっていますし、感覚も良くなって来ていると思います。」

―次節は清水戦ですが、アウェーでの戦いということで難しい試合になると思いますが、どういったところを気をつけて戦いたいですか?
「前から知っていますが、強いチームで質の高い選手が揃っていますので、それをまず気にしながらやっていくのと、自分達のプレースタイルを試合に持って行くようにしないといけないですね。あとは、清水の強い部分をどれだけうちが守れるかというので変わると思いますし、決定機に冷静になって得点を取ることだと思います。」

―清水戦に向けた意気込みをお願いします
「すごく大事な一戦なので、ここで勝利することによって、チームの自信にも繋がりますし、サポーターの方達も笑顔になれると思いますので、もちろん私も選手達全員100%以上の力を出して行くつもりで行きたいと思います。」

<渡邉監督>

―清水戦に向けて。どういったところを注意したいですか?
「前線のタレント、特長といったところがJリーグの中でも屈指だと思ってますので、まずはそこをしっかり抑えたいと思います。そういった狙いも含めて、ゴール前の局面といったところは今週やってきたつもりですので、その辺は守備陣もきちんと抑えてくれると思ってますし、その攻撃をしっかり抑えられれば、良い攻撃に繋がるといったところも表現出来ると思いますので、両ゴール前の局面に期待をしています。」

―アウェーの清水戦と言うと、あまり良いイメージがありませんが
「“ジンクスは破るためにある”と思ってますし、いつまでもそういうことを気にしてられないので。それを確実に破りに行くと言う気持ちで向かって行きたいと思います。」

―清水戦に向けた意気込みをお願いします
「ホームでナビスコ含めて2つ負けてしまったことは本当に悔しい思いをしましたし、サポーターにも残念な思いをさせてしまったので、まずは次の清水戦でひとつ勝って、サポーターに喜んでもらいたいと思います。その勢いと自信を持って、またホームに帰って来たいと思います。是非みなさんに応援していただきたいと思います。」

関選手インタビュー

<関選手インタビュー>

20140422seki.jpg

―まずは、現在の状況などをお聞きしたいんですが、コンディションの方はいかがですか?
「維持するようにはしていますし、特別疲れているという感じではないですね。」

―関選手が、自身のコンディションをキープするために心がけていることはありますか?
「基本的なことですね。手洗い、うがいとか。風邪を引かないように体調管理だったり。後は練習前ですね。誰よりも早くという訳ではないんですが、なるべく早くクラブハウスに来て、ストレッチだったり、自分の不安なところを補ってます。」

―誰よりも早く?
「誰よりも早く来ようとは思ってないんですけど、結果的に一番早かったりとか、早い方だと思います。1時間半前とか2時間前とか。その日によって違いますけど。」

―練習の時間に合わせて自分のコンディションを調節してその時間にクラブハウスに来るといった感じですか?
「そうですね。練習場来てすぐ練習とか、バタバタした感じも嫌なので、着いて30分後に練習とか、自分の性格上あまりよろしくないのかなと思っているので。2時間前とかに来て、のんびりシャワー浴びたり、体をほぐしてとか、電気当てたりとか、そういう方が自分に合っているので。でも、それは人それぞれで、2時間前に来ようが来まいが、別にその人が良ければいいと思うので。僕は不安だから来てるだけですね。」

―ちなみに、その習慣はプロになってからずっと続けていることですか?
「そうですね。比較的早い方だと思います。」

―現在8節を終えて、1勝2分5敗。順位も17位と低迷していますが関選手はこの成績をどうみてますか?
「いや、全く持って全選手納得いってないと思うし、それこそ自分はピッチに立って任されているので。悔しいですね。」

―厳しい状況ではありますが、現在、チーム内の雰囲気などはどうですか?
「明るい選手が多いと思うので、そんなに下っているというか、落ちてるところを見せない選手が多いので。正直落ちてると思いますけど、そういうところを見せたところで、まだまだ試合は続きますし、みんないつか見返してやるという気持ちでいると思います。自分もそうです。」

―関選手が入団してから、チームがこのような厳しい状況に直面するのは初めてだと思いますが
「そうですね。僕、多分横浜FC(2010年に横浜FCに期限付き移籍)に行ってる時とか、仙台はJ1一年目で結構しんどかったですよね。その時居なかったので、その当時はどんんな雰囲気だったかはわかりませんが、横浜の時も僕も移籍2年目とかも全く勝てず、10何試合か連続勝ちなしだった時があるので、チームは違いますけど、そういう時に何を学んだかというのもそういう経験を無駄にしたくないですね。その当時は、チームは悪い状況でも自分のコンディションは維持していこうということを多々言われました。」

―プレッシャーなど含めて厳しい状況が続いていますが、そんな中、関選手にとってモチベーションとなっていることは何ですか?
「結果は付いて来ていませんけど、J1、J2、J3とあって、日本の一番トップのリーグで戦えていることを日々感じながら、そのチームに所属していて尚且つ試合に出れているという状況でメンタルを維持しています。」

―今季は、正GKということで、ユアスタに来たらぜひ自分のココを見て欲しい!というアピールポイントがあったら教えてください
「俊敏性ですかね。高さはないというのは見てわかるんで、それを補えるような俊敏性を見ていただけたらと思います。」

―コーチングは?スタジアムで響いていますが
「声を出しているのは、味方に伝えるというのもあるし、自分の中で90分通して、集中力を切らさないで、声を出していることによって集中力を低めないというところも自分の中で思ってやっています。味方に伝えるのが第一ですけど、やっぱり上背がない分、存在感が必要だと思うので、声を出していますね。」

―今後順位浮上と勝ち点3を積み重ねていく為に、関選手はどんな点がポイントになってくると感じてますか ?
「やっぱり前半で失点してしまうと、結構ガクンと来てしまうので、最初に失点せずに先制するまで我慢強く守って行けたら良いのかなと思っています。」

―次節はアウェーで清水戦です。今季清水とはナビスコ杯で対戦していますが、関選手にとって鬼門と言われている日本平はどんな場所ですか?
「大学の時の天皇杯で清水と試合して、2-2の引き分けでPKで敗れたんですけど、仙台の選手としては初めてですね。」

―清水は連勝中で現在6位と好調で、攻撃陣もタレントが揃っています。アウェーでの厳しい戦いになると思いますが、清水戦に向けた意気込みをお願いします
「清水はコンビネーションとかも、やっぱり巧いなと思うし、前線でタメを作れる選手もいますから、そこでタメを作らせないように潰しをきかせてセカンドボールも拾って、仙台が支配していけば、チャンスは見えてくると思います。仙台のコンビネーションの部分でも赤嶺さんとかウイルソンとか、後ろから見てても、本当に良くなっていると思うんで、協力して、勝ち点3を取って浮上のきっかけに繋げられたらと思います。」

―最後に、熱い声援を送ってくれるサポーターの皆さんへメッセージをお願いします
「1試合1試合m本当に後押しになっています。1試合でもみなさんが喜んでいる姿を見たいですし、結果の世界で難しいですけど、早く2勝目取って、またみんなで喜びたいです。」

2014年04月22日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【今週のプレゼントのお知らせ】

先週に引き続き、4月29日(火・祝)(16:00キックオフ)にユアスタにて行われる「川崎フロンターレ戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは4月24日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

『ベガパラ』はメディア・ミックスでお届けしています
・「FMいずみ」毎週金曜日20:00~(再放送土曜日9:00~)
・全国リアルタイムでどこからでもインターネットで聴く事が出来る
「サイマルラジオ」(http://www.simulradio.jp/)
・「ベガパラ」がスマートフォンで聴けます♪
スマートフォン無料アプリ FM聴 for fmいずみ
(エフエムテイ フォー エフエムイズミ)
※アンドロイド版/iPhone版
こちらのラジオアプリをダウンロードしてスマートフォンで
『ベガパラ』をお聴き下さい♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

2014年04月14日

【プレゼント当選者発表&今週のプレゼントのお知らせ】

先週のプレゼント、4月19日(土)(14:00キックオフ)にユアスタにて行われる「サガン鳥栖戦」の観戦チケットプレゼントの当選者を発表いたします。

当選者は多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 太白区 メールネーム:デラっちさん
に当選いたしました。おめでとうございます。

「デラっち」さんにはサガン鳥栖戦観戦チケットを発送致しましたのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。


【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は4月29日(火・祝)(16:00キックオフ)にユアスタにて行われる「川崎フロンターレ戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは4月17日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

『ベガパラ』はメディア・ミックスでお届けしています
・「FMいずみ」毎週金曜日20:00~(再放送土曜日9:00~)
・全国リアルタイムでどこからでもインターネットで聴く事が出来る
「サイマルラジオ」(http://www.simulradio.jp/)
・「ベガパラ」がスマートフォンで聴けます♪
スマートフォン無料アプリ FM聴 for fmいずみ
(エフエムテイ フォー エフエムイズミ)
※アンドロイド版/iPhone版
こちらのラジオアプリをダウンロードしてスマートフォンで
『ベガパラ』をお聴き下さい♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

2014年04月11日

4月12日(土)横浜F・マリノス戦に向けて

<角田選手>

―渡邉新監督のもとでまた新たな戦いとなります。今現在の気持ちは?
「正直まだ複雑な思いもあるんですけど、今日の練習の雰囲気も良かったですし、やろうとしているサッカーがよりわかりやすくなったので、良い試合になるかなという思いがあります。」

―今日の練習では一番良かった頃の姿が感じ取れましたが、選手のみなさんが意識したことや今後大事になるポイントはどんなところでしょうか?
「今のJリーグは前から行ったもん勝ちというか、前から入れてるチーム程上位にいるんで、それがJリーグの特長かなと思うし、うちが良かった時もそれがほぼ出来てたんで。まずはそれを取り戻そうと言う話はしてたんで。選手にとっても正直わかりやすいと思うし、やりがいというかやりやすさもあります。」

―今日の紅白戦ではその辺りの手応えは?
「ゲームでうまくいかない状況と言うのは絶対出てくると思うんで、そういう時に如何にチーム力というのを出せるかだと思うし。正直、この間のレッズ戦なんかにしても、二失点目してからほぼチームは終わってた状態なんで。そういうのはなくしていきたいと思うし、例えリードされたとしても自分等の今やっている、前から行くサッカーというのを貫きたいと思います。」

―気持ちの面では今後の戦いに向けてどんな思いでいますか?
「過ぎてしまったことは取り返せないんで。あと28試合やるだけっていう思いはあるんですけど、でも、やっぱり今まで勝てなかったのは選手の責任でもあるし、各個人持っておかないといけないことだと思っていますし、これからは、よりチームの為にプレー出来るようにしたいです。」

―なかなか一勝がない中で、監督が代わって迎えるマリノス戦ですが、今シーズン初勝利に向けて意気込みをお願いします
「選手はもちろん、サポーター含めてクラブに関わる全ての人が勝ちたいと思っているし、こういう時だからこそサポーターとひとつになって、アウェーですけど、厳しいですけど、仙台の一体感というのを出して行ってもらいたいと思います。」

<渡邉監督>

―就任会見からすぐに土曜日にはマリノス戦ですが、今のお気持ちは?
「ゲームに向かうサイクルはコーチだろうが監督だろうが、常に指導者としては準備しているんで、まずは選手が良い準備で臨めるようにということだけを考えてやっていました。」

―練習を振り返って
「トレーニングは昨日と今日だけですけど、100%に近い状況を出してくれているんで、それには満足しています。ただ我々は結果が全てなんで、マリノス戦でどういう結果を掴み取ることが出来るかという時に初めて昨日今日の成果が評価出来るのかなと思います。」

―勝ち点3に向けての狙い、ポイントは?
「選手のメンタルを整えてあげて、ゲームに向かう状態、それから勝利への執念というものをどれだけ強く見せれるかというところが一番大事だと思っているんで、試合の前日は少しリラックスさせて当日爆発出来るように、心理状態にしてあげたいと思っています。」

―メンタルを変える大きな要素として初勝利というのが大きいと思います
「プロというのはやはり勝つことで一体感が生まれると思うので、間違いなく勝利というものが今の我々にとっては最大の薬になるというのは自覚はしています。それに向かって100%の力を発揮させられるようにしてあげたいと思っています。」

2014年04月08日

【プレゼント当選者発表&今週のプレゼントのお知らせ】

先週のプレゼント、4月16日(水)(19:00キックオフ)にユアスタにて行われるヤマザキナビスコカップ「鹿島アントラーズ戦」の観戦チケットプレゼントの当選者を発表いたします。

当選者は多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 青葉区 メールネーム:ちゃおさん
に当選いたしました。おめでとうございます。

「ちゃお」さんにはナビスコカップ、鹿島アントラーズ戦観戦チケットを発送致しましたのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。


【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は4月19日(土)(14:00キックオフ)にユアスタにて行われる「サガン鳥栖戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは4月10日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

『ベガパラ』はメディア・ミックスでお届けしています
・「FMいずみ」毎週金曜日20:00~(再放送土曜日9:00~)
・全国リアルタイムでどこからでもインターネットで聴く事が出来る
「サイマルラジオ」(http://www.simulradio.jp/)
・「ベガパラ」がスマートフォンで聴けます♪
スマートフォン無料アプリ FM聴 for fmいずみ
(エフエムテイ フォー エフエムイズミ)
※アンドロイド版/iPhone版
こちらのラジオアプリをダウンロードしてスマートフォンで
『ベガパラ』をお聴き下さい♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

2014年04月01日

【選手インタビュー】武藤選手・佐々木選手・藤村選手・渡辺選手

<武藤選手>

20140302_muto.jpg

―2014シーズンが開幕しましたが、今年はどんなシーズンにしたいですか?
「監督が代わって、チャンスだと思ってるんで、アーニーの戦術というかサッカーは割と自分は合うかなと思っているんで、自分の良さを出せれば良いかなと思います。」

―改めてユアスタの印象はどうですか?
「やっぱり気持ち良いと言うか、すごい良いスタジアムだと思うし、サポーターも期待しているのが伝わって来たんで。開幕戦の結果は残念でしたけど、まだ試合はあるんで、ここからチームもそうですし、自分も良い活躍を見せられたら良いなと思っています。」

―2014シーズンの個人的な目標を聞かせて下さい
「スタメンで多く試合に出たいと言うのは、今年はすごく思っています。去年はスタメンは数試合だったんで、長くサッカーしたいですし、スタメンで多く出れば、きっと良い結果も出てくるというのは思っているんで、そこを目指して頑張ります。」

―キャンプでは、今年新加入の選手でどの選手と一番親交を深められましたか?
「武井さんですかね。流通経済大学で被っているんで。大学の時はやっぱり1年と4年で、そこまで関わらなかったんですけど、やっぱりプロに入ると少しその上下関係もなくなるというか(笑)」

―“ノリの良い流通経済”って言われてますよね
「そうですね(笑)そこが流経の売りで、うるさいのしかいないんで流経は(笑)みんな絡みやすく、武井さんとは部屋も一緒でしたし、一番交流を深めたんじゃないかなと思っています。」

―今後の戦いに向けて、抱負をお願いします
「早く勝ち点3が欲しいなぁとみんな思っていると思うんで。サポーターの方もそうですし。勝ちにいかないとズルズルいっちゃうと思うんで、みんなで気持ち入れて良い試合をしたいと思っています。」

―2014年も熱い声援を送ってくれるサポーターのみなさんに向けてメッセージをお願いします
「アーニーに代わって、また少し違ったサッカーだと思うんで、ベガルタの良いサッカーだったり、楽しめるように頑張りたいと思います。」

<佐々木勇人選手>

20140302_sasaki.jpg

―長かったキャンプはいかがでしたか?
「いや本当長かったですね(笑)早く仙台に帰って来たかったですね(笑)」

―手倉森前監督から代わって、手応えなど、佐々木選手にとってはどんなキャンプでしたか?
「フィジカルも変わりましたし、サッカーに使う走りとかそういうのが多かったので。去年よりは自分は逆に楽でした(笑)」

―2014シーズンが開幕しましたが、今年はどんなシーズンにしたいですか?
「やっぱりタイトルも取りたいですし、本当に最初から試合に出て、チームの勝利に貢献したいと思います。」

―今年、個人的に対戦を楽しみにしているチームはどのチームですか?
「ガンバとは本当に楽しみにしていますね。そこで試合に出れるようにアピールはしていきたいと思います。」

―キャンプでは、今年新加入の選手でどの選手と一番親交を深められましたか?
「規郎(鈴木選手)とかは、ツイッターとかでいろんなやり取りはしていましたけど。すぐ隣にいるのに、部屋も隣だったんですけど(笑)ピンポンダッシュとかしたり楽しんでました(笑)」

―プライベートの部分でも充実したキャンプだったようですね
「そうですね。一人部屋だったんで。みんなでいろんなゲームをしたり楽しかったですね。」

―2014年も熱い声援を送ってくれるサポーターのみなさんに向けてメッセージをお願いします
「今年こそはタイトル取りたいと思うので。たくさんの声援で僕らを後押ししてもらえればと思いますし、その期待に応えられるように頑張りたいと思います。」

<藤村選手>

20140302_fujimura.jpg

―2014シーズンが開幕しましたが、今年はどんなシーズンにしたいですか?
「自分としても勝負の3年目なんで。ひとつでも試合に絡んで、手倉森ジャパンを目指して頑張りたいです。」

―手倉森前監督は、何度かキャンプにも足を運んでいたようでしたが、“自分を見に来てくれている”という意識はありましたか?
「そうですね。対象となるのがベガルタでは自分だけなので。意識はしてましたけど、でもそんなに意識せず、まずは試合に出るということを目標に。自分のやることをしっかりやってました。」

―手倉森前監督からは何か言われましたか?
「挨拶して、もっと頑張れって言われたぐらいですね。」

―藤村選手は、練習試合などでセンターバックなども務めてますが
「自分がやりたいポジションではないですけど、自分の足りない部分だったりをセンターバックをやることで補えるんで、そこは成長の過程としてプラスに考えて。良い勉強になるんでしっかりやりたいです。」

―キャンプを終えて手応えはどうですか?
「やっぱり3年目の今年が一番手応えがありました。やれる気持ちもあるんで。そこはやっぱり自信を持ってこれからもやっていきたいです。」

―新しいフィジカルコーチのもと、トレーニングはいかがでしたか?
「今年は、怪我人も出なくてキャンプを終えられたんで。そこはフィジカルコーチのおかげだと思うんで、しっかりフィジカルコーチの言うことをしっかりやっていけば、怪我なく一年出来ると思うんで、そこは信頼してやっていきたいです。」

―キャンプでは、今年新加入の選手でどの選手と一番親交を深められましたか?
「大卒3人は結構年も近いんで、ずっと一緒にいたんですけど。武井さんとかも結構おもしろくて、一緒に部屋でUNOしたり、コミュニケーションも取ってくれるんで、みんな結構良い人です。マグリンチーとは英語が喋れないんで(笑)ちょっときついんですけど、これから徐々にコミュニケーション取れればなと思います。」

―武井選手が人気ですね
「武井さん、ふざけてるんで(笑)一見、イケメン風なんですけど、基本ふざけているんで(笑)」

―今年個人的に対戦を楽しみにしているチームは?
「やっぱりセレッソ大阪は、攻撃陣が豪華で。キャンプの練習試合で観たんですけど、やっぱりみんなレベルが代表クラスの選手がたくさんいるんで、観てて楽しかったのでそこは注目したいです。」

―サポーターの皆さんも藤村選手の活躍に期待していると思います
「3年目なんで。今年こそはという思いです。」

―2014年も熱い声援を送ってくれるサポーターのみなさんに向けてメッセージをお願いします
「今年こそは試合に出て、皆さんの前で活躍出来るように、頑張るので応援よろしくお願いします。」

<渡辺広大選手>

20140302_kohdai.jpg

―2014シーズンが開幕しましたが、開幕戦なども振り返って、今年はどんなシーズンにしたいですか?
「毎年恒例の決めれるところで決めてれば…という試合だったんで。そういうところをもっと突き詰めないとなっていうのは。僕、出てないんで偉そうなことは言えないですけど、これから頑張って行きます。」

―長かったキャンプを振り返って
「キャンプは最初はすごいきつかったんですけど、だんだん選手のコンディションを考えた練習を組んでくれたんで、監督の言う戦術も浸透してますし、本当に良いキャンプが送れたと思います。」

―クラークフィジカルコーチはいかがですか?
「クラーキーは、僕の苦手なスピード系を向上してくれるメニューを取り入れてくれているので、僕にとっては、すごく相性が良いというか心待ちにしていたコーチですね。」

―走り込みなどが以前と違うんですか?
「長い距離を走らなくなったので、短い距離のショートダッシュだったり、ターンだったり、そういうところの筋肉に直接刺激が入るようなトレーニングが多いので、あとは走るのに一番大事な下腹部とかを鍛えるトレーニングが多いので、多分みんな、ちょっとは足が速くなっていると思います。」

―今季の個人的な目標を聞かせてください
「やっぱり試合に出て、勝利に貢献したいと言う思いが強いのでまずはそこを。あとは試合に出れなくても、毎年のことですけど、みんなの力がないと一年が戦えないと思うので、去年は怪我人が出たりとかで、なかなかチーム力が上がってなかったので、そういう中で誰が出ても上の順位に行けるように、準備して努力していきたいと思っています。」

―キャンプでは、今年新加入の選手でどの選手と一番親交を深められましたか?
「武井さんは、最初の鹿児島キャンプで同じ部屋で。結構コミュニケーション取ってて、見た目真面目な、誠実そうな男なんですけど、実際喋ってみるとアホーな感じなんで(笑)」

―やはり大阪に居たからですかね?
「そうですね。出身は栃木のド田舎らしいんですけど(笑)富谷で揉まれ、大阪で揉まれ、関西系も入って、結構冗談通じる感じなんで、すごく良くしてもらっています。」

―今年、個人的に対戦を楽しみにしているチームはどのチームですか?
「やっぱりわんちゃん(松下選手)とかタム君(田村選手)とやりたいなぁと思いますけど、どうもリーグが違うので。やっぱり鳥栖は一緒にやりたいですね。義希さんと試合前も連絡取りましたし、敬ちゃん(磯崎選手)も出てないし。そういう選手が気になるし、お互いに切磋琢磨したいですね。あとは徳島ですかね。大介さん(斉藤選手)ですね。大介さーん!ってLINEしたら「あかんわー!インフルエンザやー!」って言ってたんで(笑)初戦うまくいかなかった分、逆に次からが怖いという部分があると思うんで、うちは特に、ここに勝てるという保証はないんで。まずは自分達のサッカーを貫きたいと思います。」

―2014年も熱い声援を送ってくれるサポーターのみなさんに向けてメッセージをお願いします
「昨シーズンは不本意なシーズン、順位で終わってしまったので、今シーズンはもっと良い順位で終われるように、そして良いサッカーを見せれるように、全員で努力して頑張って行きたいと思いますので、熱い応援、そして入場者数が減ってるという話が出てるので、なるべく友達だったり、いろんな方々を連れて来ていただければ本当に嬉しいと思います。今年もよろしくお願いします。」

取材日:3月2日ベガルタ仙台激励会2014