2014年05月

2014年05月23日

【プレゼント当選者発表のお知らせ】

5月28日(水)(19:00キックオフ)にユアスタにて行われるヤマザキナビスコカップ「ガンバ大阪戦」の観戦チケットプレゼントの当選者を発表いたします。

当選者は多数ご応募いただいた方の中から抽選で

当選者 塩釜市 メールネーム:ざわざわ森のガンコさん
に当選いたしました。おめでとうございます。

「ざわざわ森のガンコ」さんにはガンバ大阪戦観戦チケットを発送致しますのでご確認下さい。

たくさんのご応募ありがとうございました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

『ベガパラ』はメディア・ミックスでお届けしています
・「FMいずみ」毎週金曜日20:00~(再放送土曜日9:00~)
・全国リアルタイムでどこからでもインターネットで聴く事が出来る
「サイマルラジオ」(http://www.simulradio.jp/)
・「ベガパラ」がスマートフォンで聴けます♪
スマートフォン無料アプリ FM聴 for fmいずみ
(エフエムテイ フォー エフエムイズミ)
※アンドロイド版/iPhone版
こちらのラジオアプリをダウンロードしてスマートフォンで
『ベガパラ』をお聴き下さい♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

【ヤマザキナビスコカップ】5月24日(土)サガン鳥栖戦に向けて

<二見選手>

―出場が濃厚ですが、もし出場となれば4/19の鳥栖戦以来となります。これまで出場機会がなかった時はどんな思いでいましたか?
「チームが勝てない中、自分のプレーもうまくいかなくて、自分が出なくなってチームが勝ち始めたというのがあるんで、とりあえず鳥栖戦にはしっかり勝って、流れに乗っていけたら良いなと思っています。」

―監督からは何と言われていますか?
「特に言われてません。とりあえず自分のプレーをして、チームに貢献出来たら良いなと思っています。」

―自分のプレーの中でここが出せたらと思っているものは?
「ロングスローとかもそうですし、1本のパスだったり、チームの為にプレーして、体を張って頑張るだけです。」

―鳥栖戦に向けた意気込みをお願いします
「チームがうまくいってる中で自分も乗っかって、自分らしく良いプレーをして、体を張ってサポーターに勝利を届けたいと思っています。」

<赤嶺選手>

―コンディションはどうですか?
「大きな怪我なく、ここまでシーズンを過ごせてますし、出た時に結果を出せるように頑張りたいです。」

―現在好調の要因は自分でどんなところだと思いますか?
「シーズン序盤は出場機会がなかなかなかったですし、その時にモチベーションを維持出来たというのが、後々出場した時に、力を発揮出来たのかなと思います。」

―鳥栖は豊田選手と金 民友選手がW杯予備登録メンバーの為ナビスコ杯には出場しませんが
「その力というのは鳥栖のチームにとっては少しマイナスだと思いますけど、鳥栖は誰が出てもハードワークしますし、今リーグでも上位にいますし、難しい試合になるかなとは思います。」

―鳥栖戦と言えば、前回の対戦からリベンジという思いもありますか?
「リーグ戦とナビスコで大会は違いますけど、前回の対戦ではホームで負けましたし、自分たちも勝ち点を取れるようにしていきたいです。」

―勝つことが最低条件となりますが
「でも逆に言えば割り切って出来るかなと思いますね。」

―連続ゴールを狙いたいところですね
「出ればゴールを求められると思いますし、チャンスをモノに出来たらと思います。3連勝というのが最低条件だと思いますし、その1つ目なので、アウェーで難しい戦いですけど、しぶとく、勝ち点3を取れるように帰って来たいと思います。」

<渡邉監督>

―リーグ戦は5月全勝で終え、迎えるナビスコ杯となります。どんな戦いになりますか?
「5月攻勢を続ける試合になります。リーグ戦を4つ勝ったことで決して満足せずに残りのナビスコ3つもとりに行くという話を選手たちとしました。」

―スタメンが濃厚と思われる二見選手について期待することは?
「全く満足はしてないです。もっともっと彼はやれると思いますし、恐らく本人もそう思っていると思います。少し状態が良くない選手がいる中で、彼に巡ってきたチャンスですので、幸か不幸か前回の鳥栖戦で彼も悔しい思いをしているので、その借りを返すのは次の鳥栖戦だという話は本人に直接しました。」

―鳥栖は豊田選手と金 民友選手がW杯予備登録メンバーの為ナビスコ杯には出場しませんが
「相手の選手が誰が出る出ないというのは当然分析はしますけど、逆を言えば我々にもそういった選手がいることが望ましいですし、相手のことはまず考えずにどう戦うかということ。鳥栖のスタイルといったところは、昨日のゲームを見ましたが、継続している部分があるので、そういったところを如何に防げるか。逆に防いだ後にどのような攻撃を仕掛けられるか。といったところが大きなポイントになるかと思います。」

―鈴木規郎選手のFW起用については?
「元々アタッカーの選手なので、規郎が他のチームで出場しているゲームを何度も見てますし、彼の攻撃の良さと言ったところをまずは理解する中で、実際にFWをやらせた時の守備の献身性が本当に素晴らしいものがあるので。前節の広島戦も森崎浩司選手のシュートブロックにすかさず入ったのは彼でしたし、彼の攻守両面における働きを非常に期待しています。」

―鳥栖戦に向けた意気込みをお願いします
「対鳥栖ということだけを考えれば、前回の悔しい思いを晴らすということしか考えていません。選手もそう思っているでしょうし、アウェーですけど、是非仙台のサポーターの皆さんに、良い結果と良い内容を届けられるように。必ず勝ち点3を取って帰るというところしか考えてませんし、そういう試合が出来るように是非遠いところからだと思いますけど応援して欲しいと思います。」

2014年05月22日

【今月のQ&Aプレゼントのお知らせ】

【今月のQ&Aプレゼントのお知らせ】

現在『イオンタウン仙台泉大沢』1階に展示されています、ベガルタインフォメーションボードより、月替わりでサイン入りグッズをプレゼント!
5月は頼れる守護神『関選手のサイン入りフリーストートバッグ』抽選で1名様にプレゼント!!

20140422seki_pre.jpg

応募締め切り日は
5月31日(土)必着!

まだまだ受け付けております。
どしどしご応募下さいね!

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、fmいずみベガパラ『今月のQ&Aプレゼント係』まで。
どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは5月31日(土)必着。

展示場所は、北側のカルディコーヒーの前あたりになっております。
イオンタウン仙台泉大沢にお立ち寄りの際は、是非チェックしてみて下さい!

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

『ベガパラ』はメディア・ミックスでお届けしています
・「FMいずみ」毎週金曜日20:00~(再放送土曜日9:00~)
・全国リアルタイムでどこからでもインターネットで聴く事が出来る
「サイマルラジオ」(http://www.simulradio.jp/)
・「ベガパラ」がスマートフォンで聴けます♪
スマートフォン無料アプリ FM聴 for fmいずみ
(エフエムテイ フォー エフエムイズミ)
※アンドロイド版/iPhone版
こちらのラジオアプリをダウンロードしてスマートフォンで
『ベガパラ』をお聴き下さい♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

2014年05月18日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は5月28日(水)(19:00キックオフ)にユアスタにて行われるヤマザキナビスコカップ「ガンバ大阪戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは5月22日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

『ベガパラ』はメディア・ミックスでお届けしています
・「FMいずみ」毎週金曜日20:00~(再放送土曜日9:00~)
・全国リアルタイムでどこからでもインターネットで聴く事が出来る
「サイマルラジオ」(http://www.simulradio.jp/)
・「ベガパラ」がスマートフォンで聴けます♪
スマートフォン無料アプリ FM聴 for fmいずみ
(エフエムテイ フォー エフエムイズミ)
※アンドロイド版/iPhone版
こちらのラジオアプリをダウンロードしてスマートフォンで
『ベガパラ』をお聴き下さい♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

2014年05月08日

5月10日(土)セレッソ大阪戦に向けて

<太田選手>

―前節ゴールも決め、良い状態でセレッソ戦に臨めるのでは?
「そうですね。非常にコンディションも良いですし、前にも行けてるんで。チームもようやく複数点取れましたし。ああいった神戸のような攻撃的なチームに攻撃的に行って勝てればチームが勢いに乗ると言ってた言葉通り攻撃的に行ってしっかり勝てたんで。守備陣からしたら3点は要らないというかもしれないですけど、攻撃陣はお互いぶつかりあった中での最後の一点差の勝ちは勢いに乗ると思うので、これで勢いに乗らなければいけないと思いますし、次のセレッソも攻撃的なチームだと思うので前節同様攻撃的に行ってしっかり勝ち切りたいなと思います。」

「コンディションが良くて、得点に絡みたい思いが強かった中、得点が取れたんで、これで絶対乗れると思いますし、乗らなければいけないと思うので、2点3点と、中断期間までに確実に点を取って行きたいなと思います。」

―アウェーでの戦いとなりますが一番警戒しなければいけないポイントはどんなところですか?
「気持ち的に守備から入ったら仙台は駄目だと思うので、まずはアウェーだろうが攻撃的に行くことを忘れないこと。やっぱり世界でずっと戦ってた、僕も大好きなフォルラン選手とかいるんで、見てるだけよりも実際に対戦して経験なり、いろいろ吸収できるところはしっかり吸収して、そういった選手がいる中でも自分自身が活躍して勝てるように。そうなれば更に自信になりますし、コンディションもより良い方向に進んでいくと思うので、良い戦いをしてしっかり勝ち切りたいと思います。」

―3連勝に向けて、意気込みをお願いします
「流れが良い中で勝って行かなければ上にもいけないと思うので、3連勝ですけど、それはあまり意識せず、まずはセレッソ戦、大切に戦って勝ちに行くんだという強い気持ちを持って臨んで行きたいなと思います。」

<渡邉監督>

―連勝中ということで波に乗っていると思いますが、現在のチームのメンタル面はどうですか?
「雰囲気も良い中でトレーニング出来ましたし、選手の顔つきも、ようやくですけど、自信が感じられるような表情に見えているので、本当に良い状態で5月攻勢が続けられると思っています。」

―次節セレッソ戦はどんな位置づけとなりますか?
「5連戦の最後というよりは、5月攻勢の3つ目という話をしているので、この勢いを本物にするために、ひとつの区切りにはなるかもしれませんが、我々にはその先が続いていくといったところを意識して、その中のひとつという風に捉えています。」

―現在のセレッソの印象はどうですか?
「タレントが豊富ですし、その中でシステムも変えてゲームを進めているといって、いろんな変化が見られる中で、間違いなく攻撃陣の質は高いものがあるので、まずはそこをしっかり抑えるといったところがポイントになるかと思っています。」

―具体的な要注意選手を挙げると?
「名前を挙げたらキリがないので。我々はそこに対して組織で対抗するといったところはどの相手に対しても変わらないことなので。本当にそれを抑えられれば逆に自信になりますし、攻撃でも隙を突けるところは十分にあるんで、本当に良い戦いをして勝利を掴みたいと思います。」

―力強い意気込みをお願いします
「5月攻勢の3つ目という位置づけで我々は悔しい思いをした分、今取り返さなければいけない状況なので、この2つ勝ったことに満足せずに進んでいきたいと思います。是非仙台からでもたくさんの応援をしていただけたらと思います。」

2014年05月06日

【今週のプレゼントのお知らせ】

【今週のプレゼントのお知らせ】

今週は5月18日(日)(13:00キックオフ)にユアスタにて行われる「サンフレッチェ広島戦」の観戦チケットを抽選でペアで1組の方にプレゼントいたします。

【応募方法】

メールorFAXのみで
◆住所
◆氏名
◆年齢
◆電話番号
◆メールネームorFAXネーム
◆番組もしくはブログの感想、ベガルタへの思いなど

を明記の上、どしどしご応募下さい。

【宛先】

メールアドレス
vegapara@fm797.co.jp

FAX番号
022-375-7501

締め切りは5月15日(木)必着。

皆さんからのたくさんのご応募お待ちしております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

『ベガパラ』はメディア・ミックスでお届けしています
・「FMいずみ」毎週金曜日20:00~(再放送土曜日9:00~)
・全国リアルタイムでどこからでもインターネットで聴く事が出来る
「サイマルラジオ」(http://www.simulradio.jp/)
・「ベガパラ」がスマートフォンで聴けます♪
スマートフォン無料アプリ FM聴 for fmいずみ
(エフエムテイ フォー エフエムイズミ)
※アンドロイド版/iPhone版
こちらのラジオアプリをダウンロードしてスマートフォンで
『ベガパラ』をお聴き下さい♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆

2014年05月02日

5月3日(土)徳島ヴォルティス戦に向けて

<赤嶺選手>

―攻撃の面が注目される徳島戦ですが
「守備の部分ではゼロで抑えている試合も何試合かありますし、攻撃が得点を取れれば勝てる試合がずっと続いていますので、やっぱり攻撃の選手としてはゴールを決めて、勝利に繋げたいです。」

―チャンスがある中、なかなか決め切れない部分については?
「チャンスはありますし、それをモノに出来れば、勝利がついてくると思うんで、ひとつのチャンスをモノに出来るように、がんばっていきたいです。」

―チャンスをモノにするために攻撃陣に必要なこととは?
「もう割り切って、思いっきりシュートを打つことがまず大切ですし、常にゴールを意識しながらプレーすることが大事かなと思います。」

―攻撃陣の怪我人が多い現状ですが
「シーズン始まれば怪我等はしょうがないと思いますし、誰が出ても同じサッカーで勝利がついてくるように、みんなでがんばっていきたいです。」

―では、徳島戦に向けて意気込みをお願いします
「チャンスをモノにして勝利に繋げていきたいです。」

<富田選手>

―徳島と言えば斉藤大介選手がいますが思い出などは?
「自由にやらせてもらったので、そういう時期があったから、ここまでやってこれてると思っているので、今までやってきた同じポジションの人には感謝している選手の一人です。」

―徳島は前節初勝利をあげましたが
「相手云々じゃなくて、自分たちのこの状況というのは自分たちでしか変えられないと思うので、まずは勝ち点3というのは、毎試合毎試合目標にして戦いたいです。」

―相手の順位は意識せず?
「試合になったら意識はしないと思いますけど、順位が一個下のチームなので、こういうところで自分たちが勝って差を広げて上に追いついていかないと厳しくなってくると思うので。つまづいた分を取り返さないといけないので、勝ち点3を取って帰って来たいです。」

<渡辺広大選手>

―連戦ですが現在のコンディションはいかがですか?
「疲れはゼロではないですけど、やっぱり試合があることによって、コンディションもあがってくる感じもあるんで、これで勝ちが一個出来れば、疲れも吹っ飛ぶだろうし、そういう思いで試合に臨んでいるんで、まずは勝ちたいですね。」

―徳島と言えば斉藤大介選手がいますね
「大介さんとは一緒にずっとやっていましたね。サブ組で一緒にボランチとセンターバックを組んでることが多かったんで、ワーワーギャーギャー言いながらっていう思い出がありますね。」

―徳島は前節初勝利をあげ、チーム的には波に乗って、次はホームで勝とうという勢いもあると思いますが
「それもあるだろうけど、負けてた中で我々を迎えたホームの方が怖かったかなというのがあるんで。そこで勝ってくれた分、隙が出来ちゃったりするのかな?という思いもあるし、相手も公式記録シュート2本で1点取っているんで、そういうところの決定率というかチャンスを与えちゃいけないと思いますし。我々も決定機を決め切れてないので、そういった今年の力が試される一戦だと思っているんで重要な一戦だと思っています。」

―徳島は楽しみな一戦でもありますか?
「楽しみですね。大介さんもいますし、やっぱりJ2の時から一緒にやってきたチームですし、フィジカルコーチに、大変お世話になった高木昭次さんがいらっしゃるんで。J2の時に僕をしごいてくれたのがあの人なんで、そういう思いも僕は個人的にありますね。」

―GW中ということで、サポーターもたくさん徳島に駆け付けてくれると思います。徳島戦に向けた意気込みとサポーターのみなさんへ向けたメッセージをお願いします
「最近勝てなくて、我々もそうですけど、サポーターのみなさんも歯がゆいというか、しっくり来ない日々を送っていると思うんで、やっぱりここから勝って、浮上していくんだという思いで、我々は臨んでやっていくので、これからもじっくりと焦れずに熱い応援を送ってくれたらと思います。」

<渡邉監督>

―本日の練習は雨の影響もあったと思いますが
「いや、予定通りです。恵みの雨というか、少しグラウンドが硬いところもあったので、雨が降って球も走りましたし、本当に良いタイミングで雨が降ってくれました。」

―得点が一番欲しいところですが
「もちろん得点をあげて勝ち点3をあげるということに関しては、毎試合狙っていることですし、本当に今最も必要なことだという認識でいますし、選手もそう感じていると思います。アウェーで徳島相手というところで、それでもやっぱり自分たちの戦い方というのは、ぶらさずに、まずはしっかり焦れずに戦って、勝ち点3を拾えるような状況を作り出したいと思います。」

―では、徳島戦へ向けた意気込みをお願いします
「常にどの相手に対しても、勝ち点3を取りに行くという姿勢は、これまでも変わりませんし、これからも変わりません。ただ、アウェーという戦いを考えれば、自分たちの戦い方というところを認識しながら、ゲームを進めていく必要があると思うので、しっかりゲームをコントロールしながら、その中でも点を取りに行く積極性を見せることが大事になるかと思います。」