« 【今後の戦いに向けて】選手インタビュー | メイン | 【プレゼント当選者発表&今月のQ&Aプレゼントのお知らせのお知らせ】 »

9月27日(土)川崎フロンターレ戦に向けて

<上本選手>

―5連敗を受けて、現在の心境は?
「心境としては自分の中でもチームの中でもダメージが大きいとは感じますね。でもすごく選手みんなが前向きにやっていこうと逆に一致団結出来ているなとすごく感じます。だから、この山を乗り越えればすごくいつもの仙台らしいプレーが出来て、前以上に良いチームになると思っています。」

―次節はアウェーでの川崎戦ですが川崎の印象はどうですか?
「相手の攻撃陣にはすごく良い選手がいるので、相手の攻撃の選手にスペースを与えないように、うまくスペースを消しながら守っていきたいなと思っています。」

―特に警戒する選手は?
「やっぱりレナト選手と大久保選手と中村憲剛選手、あと小林選手。前の選手プラス、中盤から上がってくる憲剛選手には気をつけなければいけないと思うのでそのスペースをうまく消しながら切り替えというところを意識して仙台も攻撃していきたいと思います。」

―前節ハットトリックの大久保選手については?
「彼は二試合出れなかったことを重く受け止めながらピッチの中で、倍返しじゃないですけど、そういう思いでやってくると思うので、そこに関しては当たり負けというのをしないように、相手の長所というのをうまく消しながらやっていこうと思います。相手の長所というところは、隙あらば短所になると思うので、そこをうまくチームみんなでカバーしながらやっていきたいと思っています。」

―川崎戦へ向けて意気込みをお願いします
「ここまで来て、下とも勝ち点差も全然ないし、上に上がるのみなんで、ここからみんなで力を合わせて一丸となって勝ち点3を取りに行きたいと思っています。今、状況が悪いって訳ではないので、そこをみんながメンタル的にもコントロールして戦って行きたいと思います。」

<太田選手>

―連敗が続いてる中、次節はアウェー川崎との戦いとなりますが
「すごく攻撃力のあるチームなんで、先に取られてしまうと相手のホームなんで、難しくなると思います。チームとしてまずは先に点をやらないこと、そこを意識しつつ、攻撃力がある分、前に前に出てくるので、そこを確実に突かなければ勝てないんで、そこに全神経集中させて常に一発狙っていけるようにしていかなければいけないと思っています。そこを出来るか出来ないかで勝敗はだいぶ変わってくると思うので、チームとして全員で守ること、相手が上がってきたところをしっかり突くこと、そこのところを意識してやっていきたいなと思いますし、あとチャンスは確実に決めていかなければいけないのでしっかりやりたいと思います。」

<渡邉監督>

―5連敗を受けて、選手達にはどのようなことを伝えていますか?
「もう一度、厳しさ、激しさ、強さを取り戻そうというところです。仙台の強みとして球際、切り替え、走力(総力)という話はずっとしてきたんですけども、やはりもう一度取り戻さないといけないところですし、厳しさ、激しさ、強さというものは仙台のストロングということではなくて、戦う土俵に立つ上では最低限必要なことですので、まずはそれをしっかり示すこと、残り9戦で一番大事なことだと言う話はしました。」」

―現在の川崎の印象については?
「攻撃陣にはタレントも揃っていますし、本当に多彩な仕掛けを繰り出すチームだなと言う風には認識しています。前節の大宮戦を見る限りでは川崎さんもしっかり守って、カウンターも狙うという策も講じているので我々が攻めて行ってる時のバランスにも注意しなければいけないですし、何より相手の攻撃をしっかり抑える作業が一番大事になってくると思いますが、だからと言って川崎の攻撃を恐れることなく堂々と立ち向かって行きたいと思います。」

―勝ち点3に向けて意気込みをお願いします
「これだけ苦しい状況でいれば誰もが勝利を期待していますし、何とかして欲しいという思いでいるのは私も選手も感じているところです。ただ、だからと言って下を向いて弱気で戦うつもりは全くないので是非そのあたりはサポーターにも我々が前を向いている姿を見て欲しいし、本当にもう一度激しさ、厳しさ、強さを持って戦う覚悟でいるので、是非その背中を後押しして欲しいと、それはもう本当に心からそう思います。」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://izumiku.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/791